文書番号 : S0709201036000 / 最終更新日 : 2019/03/19

[VAIO リカバリセンター Ver.1.1,VAIO リカバリセンター Ver.1.2] Windows が起動しない状態でリカバリ(再セットアップ・初期化)する方法

     
    Q

    [VAIO リカバリセンター Ver.1.1,VAIO リカバリセンター Ver.1.2]
    Windowsが起動しない状態でリカバリー(再セットアップ・初期化)する方法

    Windows Vistaが起動しない状態でリカバリー(再セットアップ・初期化)する方法を教えてください。

     
    A

    リカバリー領域からリカバリー(再セットアップ・初期化)を行います

    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    VAIO リカバリセンター Ver.1.1,VAIO リカバリセンター Ver.1.2

    説明

    リカバリー領域から起動した「VAIO リカバリセンター」では、「C ドライブのリカバリ」のみ行えます。

    内容

    事前確認

    ご注意

    VAIO カスタマーリンクのサポートポリシーについて

    VAIOカスタマーリンクでのサポートは、工場出荷時のハードディスクイメージ、または「リカバリ ディスク」で工場出荷時状態と同等にした場合をサポートの前提としています。
    工場出荷時状態からパーティションを変更してインストールしたり、ソフトウェアを削除したり、一部のソフトウェアのみのインストール状態での使用など、特定の状態のみで発生する現象、または不具合については、回避方法などをご案内できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

    目次に戻る

    操作方法

    step_a_1[F10]キーを押してリカバリーする方法

    操作手順

    • 下記では、「VAIO リカバリセンター Ver.1.1」の画像を使用しています。
      ご使用のモデルにより、表示される画面が異なる場合があります。
    1. PCの電源を入れて、「VAIO」ロゴが表示されたらキーボードの[F10]キーを押します。
      VGN-UXシリーズの場合は、[Fn]+[F10]キーを押します。
      「VAIO リカバリセンター」が起動します。

      • [F10]キーを押したままの状態で「VAIO リカバリセンター」を起動できない場合は、間をおきながら押す(連続して押す)操作をお試しください。
      ご注意

      [F10]キーを連打して[Edit Boot Options]画面、または[ブートオプションの編集]画面が表示される場合は、[Enter]キーを押すと「VAIO リカバリセンター」が起動します。

      • [Edit Boot Options]画面

        [Edit Boot Options]画面

        • 上記画面上部中央に「Edit Boot Options」と記載があり、画面左下には「ENTER = Submit」、画面右下には「ESC = Cancel」と記載されています。
      • [ブートオプションの編集]画面

        [ブートオプションの編集]画面

        • 上記画面上部中央に「Edit Boot Options」、または「ブートオプションの編集」と記載があり、画面左下には「ENTER」、画面右下には「ESC」と記載されています。
    2. [C ドライブのリカバリ]をクリックし、[開始]ボタンをクリックします。

      [C ドライブのリカバリ]画面

      参考
       
    3. [「C ドライブのリカバリ」をする前に]画面が表示されるので、[スキップ]にチェックがついていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [「C ドライブのリカバリ」をする前に]画面

    4. [リカバリの開始]画面が表示されるので、[同意します]にチェックをつけて、[開始]ボタンをクリックします。

      [リカバリの開始]画面

    5. 以下のメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「[C ドライブのリカバリ]
      リカバリを開始してもよろしいですか ?
      ご注意:必ずAC アダプタを接続してください。」

    6. リカバリー作業が自動的に開始されます。

      ご注意

      リカバリーが完了するまでに、ご使用のモデルによっては数時間かかります。
      電源を切らずにそのままお待ちください。

    7. 以下のメッセージが表示されるので、[完了]ボタンをクリックしてください。

      メッセージ内容:
      「[完了]をクリックして、このプログラムは終了してください」

    8. 自動的にWindowsが再起動します。
      数回Windowsが再起動した後、[Windows のセットアップ]画面が表示されるので、セットアップ作業を行います。

    9. 「Microsoft Office」プリインストールモデルをご使用の場合は、下記を参照して「Microsoft Office 2007」をインストールします。

      ▼関連Q&A:
      [Microsoft Office 2007] リカバリー(再セットアップ・初期化)時のインストール手順

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    step_a_1[F8]キーを押してリカバリーする方法

    操作手順

    • 下記では、「VAIO リカバリセンター Ver.1.1」の画像を使用しています。
      ご使用のモデルにより、表示される画面が異なる場合があります。
    1. PCの電源を入れて、「VAIO」ロゴが表示されたらキーボードの[F8]キーを押します。
      VGN-UXシリーズの場合は、[Fn]+[F8]キーを押します。
      [詳細ブート オプション]画面が表示されます。

      • [F8]キーを押したままの状態で[詳細ブート オプション]画面が表示されない場合は、間をおきながら押す(連続して押す)操作をお試しください。
    2. [詳細ブート オプション]画面で[コンピュータの修復]を選択し、[Enter]キーを押します。

      [詳細ブート オプション]画面

    3. 以下の画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      [システム回復オプション]画面

    4. 以下の画面が表示されるので、[ユーザー名]の[▼]をクリックして作成した管理者ユーザーを選択し、[OK]ボタンをクリックします。

      • 管理者ユーザーにパスワードを設定している場合は、パスワードを入力してから[OK]ボタンをクリックします。
        [ユーザー名]をAdministratorにしてパスワードを入力せずに[OK]ボタンをクリックしても、次の操作は行えません。

      [システム回復オプション]画面

    5. [システム回復オプション]画面が表示されるので、[VAIO リカバリセンター]をクリックします。

      [システム回復オプション]画面

    6. [C ドライブのリカバリ]をクリックし、[開始]ボタンをクリックします。

      [C ドライブのリカバリ]画面

      参考
    7. [「C ドライブのリカバリ」をする前に]画面が表示されるので、[スキップ]にチェックがついていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [「C ドライブのリカバリ」をする前に]画面

    8. [リカバリの開始]画面が表示されるので、[同意します]にチェックをつけて、[開始]ボタンをクリックします。

      [リカバリの開始]画面

    9. 以下のメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「[C ドライブのリカバリ]
      リカバリを開始してもよろしいですか ?
      ご注意:必ず AC アダプタを接続してください。」

    10. リカバリー作業が自動的に開始されます。

      ご注意

      リカバリーが完了するまでに、ご使用のモデルによっては数時間かかります。
      電源を切らずにそのままお待ちください。

    11. 以下のメッセージが表示されるので、[完了]ボタンをクリックしてください。

      メッセージ内容:
      「[完了]をクリックして、このプログラムは終了してください」

    12. 自動的にWindowsが再起動します。
      数回Windowsが再起動した後、[Windows のセットアップ]画面が表示されるので、セットアップ作業を行います。

    13. 「Microsoft Office」プリインストールモデルをご使用の場合は、下記を参照して「Microsoft Office 2007」をインストールします。

      ▼関連Q&A:
      [Microsoft Office 2007] リカバリー(再セットアップ・初期化)時のインストール手順

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

     

    参考情報

    目次に戻る