文書番号 : S0708301034967 / 最終更新日 : 2019/03/19

[VAIO リカバリセンター Ver.1.1 - Ver.1.3] リカバリーメディア(リカバリーディスク)を使用してリカバリー(再セットアップ・初期化)する方法

     
    Q

    [VAIO リカバリセンター Ver.1.1 - Ver.1.3]
    リカバリーメディア(リカバリーディスク)を使用してリカバリー(再セットアップ・初期化)する方法

    リカバリーメディア(リカバリーディスク)を使用して、リカバリー(再セットアップ・初期化)を行う方法について。

     
    A

    システム回復オプションから「VAIO リカバリセンター」を選択してリカバリーを行います

    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    VAIO リカバリセンター Ver.1.1,VAIO リカバリセンター Ver.1.2,VAIO リカバリセンター Ver.1.3

    説明

    リカバリーメディアを使用するリカバリーは、以下のような場合に行います。

    • Windowsが起動しない
    • ハードディスクのリカバリー領域を削除してしまった
    • お買い上げ時の状態にリカバリーしたい(VAIO リカバリセンター Ver.1.1、VAIO リカバリセンター Ver.1.2)
    • パーティションサイズを変更してリカバリーしたい

    内容

    事前確認

     

    ご注意

    ソニーでは、工場出荷時状態のハードディスクイメージ、または「リカバリーメディア」、「VAIO リカバリセンター」で工場出荷時状態と同等にした場合をサポートの前提としています。
    工場出荷時状態からパーティションを変更してインストールしたり、ソフトウェアを削除したり、一部のソフトウェアのみのインストール状態での使用など、特定の状態のみで発生する現象、または不具合については、回避方法などをご案内できない場合がございます。
    あらかじめご了承ください。

    • リカバリーメディアからリカバリーするには、あらかじめリカバリーメディアを作成しておく必要があります。
      作成方法については、下記をご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOリカバリーセンター] リカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法

    • 本手順(リカバリーメディアを使用してリカバリー)は、Windowsが正常に起動しなかったり、ハードディスクのリカバリー領域を削除してしまった場合の手順になります。

    • 以下は「VAIO リカバリセンター Ver.1.1」の画面を使用しています。
      ご使用のモデルにより、表示される画面が異なる場合があります。

    目次に戻る

    操作方法

    step_a_1Cドライブのリカバリー

    操作手順

    1. VAIOの電源が入っている状態で、リカバリーメディアをドライブに挿入します。

    2. VAIO本体の電源を切ります。
      Windowsが正常に起動しない状態の場合は、電源ボタン(電源スイッチ)を4秒以上押して(引いて)、電源を切ります。

    3. VAIO本体の電源を入れます。

      参考

      VGN-Gシリーズ、VGN-TZシリーズで内蔵ドライブが搭載されていないモデルの場合は、電源ボタンを押した後、「VAIO」ロゴが表示されるので[F11]キーを押してください。
      VGN-UXシリーズの場合は、電源ボタンを押した後、「VAIO」ロゴが表示されるので[Fn]キーを押しながら[F11]キーを押してください。

    4. [システム回復オプション]画面が表示されるので、[キーボード レイアウトを選択してください:]の[▼]をクリックし、[日本語]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。

      [システム回復オプション]画面

    5. [オペレーティング システム]に[Microsoft Windows Vista]が表示されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [システム回復オプション]画面

      参考

      「VAIO データ消去ツール」を使用し、ハードディスクにOSがインストールされていない場合は、[オペレーティング システム]に[Microsoft Windows Vista]が表示されません。

      [システム回復オプション]画面

      その場合、画面上には[ドライバの読み込み]ボタンをクリックして操作を行うように表示されていますが、このボタンはクリックせずに[次へ]ボタンをクリックして、リカバリー作業を進められます。

    6. [VAIO リカバリセンター]をクリックします。

      [回復ツールを選択してください]画面

    7. 以下の画面が表示されるので、[C ドライブのリカバリ]をクリックして[開始]ボタンをクリックします。

      [C ドライブのリカバリ]画面

      参考

      データをバックアップしていない場合は、[VAIO データレスキューツール]をクリックしてデータをバックアップできる可能性があります。
      操作手順については、下記関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOデータレスキューツール Ver.1.*] かんたんデータレスキューでデータをバックアップする方法
      [VAIOデータレスキューツール Ver.1.*] カスタムデータレスキューでデータをバックアップする方法

    8. [「C ドライブのリカバリ」をする前に]画面が表示されるので、[スキップ]にチェックをつけて[次へ]ボタンをクリックします。

      [「C ドライブのリカバリ」をする前に]画面

      参考

      ハードディスクから異音がするなど、正常に動作していない場合は、[VAIO ハードウェア診断ツール]にチェックをつけて、ハードウェアを診断できます。
      「VAIO ハードウェア診断ツール」については、下記関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOハードウェア診断ツール] 診断できる項目

    9. [リカバリの開始]画面が表示されるので、[同意します]にチェックをつけて[開始]ボタンをクリックします。

      [リカバリの開始]画面

    10. [リカバリを開始してもよろしいですか ?]と表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    11. 自動的にリカバリーが開始されます。

      ご注意

      リカバリーが完了するまでに、ご使用のモデルによっては数時間かかります。
      電源を切らずにそのままお待ちください。

    12. [[完了]をクリックして、このプログラムは終了してください]と表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

    13. 数回再起動後に画面の指示にしたがって、Windowsのセットアップ作業を行います。

      ご注意

      再起動後に、下記メッセージとWindowsが起動したような画面が表示される場合がありますが、Windowsのセットアップ画面が表示されるまでは、操作は行わずにしばらくお待ちください。

      メッセージ内容:
      「Sysprep を実行しています...
      クリーンアップ フェーズ Sysprepプラグインを処理しています」

      現象が発生している画面

    以上でリカバリーは終了です。

    目次に戻る

    step_a_1パーティションサイズを変更してリカバリー

    操作手順

    1. VAIOの電源が入っている状態で、リカバリーメディアをドライブに挿入します。

    2. VAIO本体の電源を切ります。
      Windowsが正常に起動しない状態の場合は、電源ボタン(電源スイッチ)を4秒以上押して(引いて)、電源を切ります。

    3. VAIO本体の電源を入れます。

      参考

      VGN-Gシリーズ、VGN-TZシリーズで内蔵ドライブが搭載されていないモデルの場合は、電源ボタンを押した後、「VAIO」ロゴが表示されるので[F11]キーを押してください。
      VGN-UXシリーズの場合は、電源ボタンを押した後、「VAIO」ロゴが表示されるので[Fn]キーを押しながら[F11]キーを押してください。

    4. [システム回復オプション]画面が表示されるので、[キーボード レイアウトを選択してください:]の[▼]をクリックし、[日本語]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。

      [システム回復オプション]画面

    5. [オペレーティング システム]に[Microsoft Windows Vista]が表示されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [システム回復オプション]画面

      参考

      「VAIO データ消去ツール」を使用し、ハードディスクにOSがインストールされていない場合は、[オペレーティング システム]に[Microsoft Windows Vista]が表示されません。

      [システム回復オプション]画面

      その場合、画面上には[ドライバの読み込み]ボタンをクリックして操作を行うように表示されていますが、このボタンはクリックせずに[次へ]ボタンをクリックして、リカバリー作業を進められます。

    6. [VAIO リカバリセンター]をクリックします。

      [回復ツールを選択してください]画面

    7. 以下の画面が表示されるので、[お買い上げ時の状態にリカバリ]をクリックして[開始]ボタンをクリックします。

      [お買い上げ時の状態にリカバリ]画面

      参考

      データをバックアップしていない場合は、[VAIO データレスキューツール]をクリックしてデータをバックアップできる可能性があります。
      操作手順については、下記関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOデータレスキューツール Ver.1.*]かんたんデータレスキューでデータをバックアップする方法
      [VAIOデータレスキューツール Ver.1.*]カスタムデータレスキューでデータをバックアップする方法

    8. [「お買い上げ時の状態にリカバリ」をする前に]画面が表示されるので、[スキップ]にチェックをつけて[次へ]ボタンをクリックします。

      [「お買い上げ時の状態にリカバリ」をする前に]画面

      参考

      ハードディスクから異音がするなど、正常に動作していない場合は、[VAIO ハードウェア診断ツール]にチェックをつけて、ハードウェアを診断できます。
      「VAIO ハードウェア診断ツール」については、下記関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOハードウェア診断ツール] 診断できる項目

    9. [リカバリ領域の変更]画面が表示されるので、リカバリー領域の「VAIO リカバリデータ」を残すか、削除するかを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリ領域の変更]画面

    10. [パーティション設定の変更]画面が表示されるので、[パーティション設定を変更]にチェックをつけて、[次へ]ボタンをクリックします。

      [パーティション設定の変更]画面

    11. 以下の画面が表示されるので、プルダウンをクリックして一覧から任意のパーティションサイズを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [パーティション設定の変更]画面

      選択可能な一覧:

      • お買い上げ時のパーティション設定に戻す(推奨)

      • すべてCドライブにする

      • 数値入力(CドライブとDドライブに分割する)

        • Cドライブに設定するサイズを入力し、残りのサイズがすべてDドライブになります。
    12. [リカバリの開始]画面が表示されるので、[同意します]にチェックをつけて[開始]ボタンをクリックします。

      [リカバリの開始]画面

    13. [リカバリを開始してもよろしいですか ?]と表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    14. 自動的にリカバリーが開始されます。

      ご注意

      リカバリーが完了するまでに、ご使用のモデルによっては数時間かかります。
      電源を切らずにそのままお待ちください。

    15. [[完了]をクリックして、このプログラムは終了してください]と表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

    16. 数回再起動後に画面の指示にしたがって、Windowsのセットアップ作業を行います。

      ご注意

      再起動後に、下記メッセージとWindowsが起動したような画面が表示される場合がありますが、Windowsのセットアップ画面が表示されるまでは、操作は行わずにしばらくお待ちください。

      メッセージ内容:
      「Sysprep を実行しています...
      クリーンアップ フェーズ Sysprep プラグインを処理しています」

      現象が発生している画面

    以上でリカバリーは終了です。

    目次に戻る

    step_a_1お買い上げ時の状態にリカバリー

    操作手順

    1. VAIOの電源が入っている状態で、リカバリーメディアをドライブに挿入します。

    2. VAIO本体の電源を切ります。
      Windowsが正常に起動しない状態の場合は、電源ボタン(電源スイッチ)を4秒以上押して(引いて)、電源を切ります。

    3. VAIO本体の電源を入れます。

      参考

      VGN-Gシリーズ、VGN-TZシリーズで内蔵ドライブが搭載されていないモデルの場合は、電源ボタンを押した後、「VAIO」ロゴが表示されるので[F11]キーを押してください。
      VGN-UXシリーズの場合は、電源ボタンを押した後、「VAIO」ロゴが表示されるので[Fn]キーを押しながら[F11]キーを押してください。

    4. [システム回復オプション]画面が表示されるので、[キーボード レイアウトを選択してください:]の[▼]をクリックし、[日本語]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。

      [システム回復オプション]画面

    5. [オペレーティング システム]に[Microsoft Windows Vista]が表示されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [システム回復オプション]画面

      参考

      「VAIO データ消去ツール」を使用し、ハードディスクにOSがインストールされていない場合は、[オペレーティング システム]に[Microsoft Windows Vista]が表示されません。

      [システム回復オプション]画面

      その場合、画面上には[ドライバの読み込み]ボタンをクリックして操作を行うように表示されていますが、このボタンはクリックせずに[次へ]ボタンをクリックして、リカバリー作業を進められます。

    6. [VAIO リカバリセンター]をクリックします。

      [回復ツールを選択してください]画面

    7. 以下の画面が表示されるので、[お買い上げ時の状態にリカバリ]をクリックして[開始]ボタンをクリックします。

      [お買い上げ時の状態にリカバリ]画面

      参考

      データをバックアップしていない場合は、[VAIO データレスキューツール]をクリックしてデータをバックアップできる可能性があります。
      操作手順については、下記関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOデータレスキューツール Ver.1.*]かんたんデータレスキューでデータをバックアップする方法
      [VAIOデータレスキューツール Ver.1.*]カスタムデータレスキューでデータをバックアップする方法

    8. [「お買い上げ時の状態にリカバリ」をする前に]画面が表示されるので、[スキップ]にチェックをつけて[次へ]ボタンをクリックします。

      [「お買い上げ時の状態にリカバリ」をする前に]画面

      参考

      ハードディスクから異音がするなど、正常に動作していない場合は、[VAIO ハードウェア診断ツール]にチェックをつけて、ハードウェアを診断できます。
      「VAIO ハードウェア診断ツール」については、下記関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOハードウェア診断ツール] 診断できる項目

    9. [リカバリ領域の変更]画面が表示されるので、リカバリー領域の「VAIO リカバリデータ」を残すか、削除するかを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリ領域の変更]画面

    10. [パーティション設定の変更]画面が表示されるので、[お買い上げ時のパーティション設定]にチェックをつけて、[次へ]ボタンをクリックします。

      [パーティション設定の変更]画面

    11. [リカバリの開始]画面が表示されるので、[同意します]にチェックをつけて[開始]ボタンをクリックします。

      [リカバリの開始]画面

    12. [リカバリを開始してもよろしいですか ?]と表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    13. 自動的にリカバリーが開始されます。

      ご注意

      リカバリーが完了するまでに、ご使用のモデルによっては数時間かかります。
      電源を切らずにそのままお待ちください。

    14. [[完了]をクリックして、このプログラムは終了してください]と表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

    15. 数回再起動後に画面の指示にしたがって、Windowsのセットアップ作業を行います。

      ご注意

      再起動後に、下記メッセージとWindowsが起動したような画面が表示される場合がありますが、Windowsのセットアップ画面が表示されるまでは、操作は行わずにしばらくお待ちください。

      メッセージ内容:
      「Sysprep を実行しています...
      クリーンアップ フェーズ Sysprep プラグインを処理しています」

      メッセージ画面

    以上でリカバリーは終了です。

    目次に戻る

     

    参考情報

     

    目次に戻る