文書番号 : S0708221034549 / 最終更新日 : 2019/03/19

[VAIOリカバリーセンター] リカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法

     
    Q

    [VAIOリカバリーセンター]
    リカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法

    リカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法について。

     
    A

    「VAIOリカバリーセンター」を使用して作成します

    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    VAIOリカバリーセンター Ver.1.8
    VAIOリカバリーセンター Ver.1.7
    VAIOリカバリセンター Ver.1.*

    内容

    事前確認

    • 下記では「VAIOリカバリセンター Ver.1.1」の画像を使用しています。
      ご使用のモデルにより、表示される画面が異なる場合があります。

    • ご使用のモデルによって、必要なメディアの枚数は異なります。

    • ご使用のバージョンによっては、CD-RメディアやCD-RWメディアではリカバリーメディアを作成できない場合があります。
      その場合は、DVDメディアをお使いください。

    • DVD+RWメディア、DVD-RWメディア、およびCD-RWメディアも使用できますが、推奨いたしません。

    • 作成したリカバリーメディアは、作成の際に使用したVAIOでしか使うことができません。

    • ハードディスク上の空き容量が少ない場合は、リカバリーメディアの作成はできません。

    • 操作中に[ユーザー アカウント制御]画面が表示された場合は、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックしてから、次の操作を行ってください。
      標準ユーザーでご利用の場合や、およびユーザーアカウント制御の概要については、下記をご参照ください。

    • 外付けドライブをご使用の場合は、「VAIOリカバリーセンター」を起動する前にPCに外付けドライブを接続する必要があります。

    目次に戻る

    操作方法

    操作手順

    • 例として、DVD-Rメディアを2枚使用した場合の手順を説明します。
    参考
    • Windows Vista 64ビット版をインストールしたモデルをご使用の場合は、64ビット版、32ビット版のどちらに対応したリカバリーメディアであるかを記載してください。

      • 「VAIOリカバリセンター Ver.1.6」では、以下のメッセージが表示されます。

        メッセージ内容:
        「リカバリディスクの作成に成功しました。
        ディスクを取り出し、表面(印刷面)に「リカバリディスク 1/3(Windows Vista 64ビット)」と書いてください。」

        [リカバリディスクの作成に成功しました。]メッセージ画面

        • 上記の画面は一例です。
    • メディアの記録面に触れたり、汚したりしないでください。

    • メディアの表面(印刷面)に文字を書くときは、油性のフェルトペンなどをお使いください。
      ボールペンなど鋭利なもので書くと、記録面を傷つける原因になります。

    • 複数枚に渡るリカバリーメディアの作成を中断し、リカバリー領域からリカバリーを実施した場合であれば、リカバリーメディア作成の作業途中である情報が残るようになっています。

      例)
      リカバリーメディアが全部で3枚作成が必要なモデルの場合、1枚目だけ作成し、2枚目と3枚目を作成せずに作業を終了します。
      その後にリカバリー領域からリカバリーを行い、リカバリー後に「VAIOリカバリセンター」より「状態」を確認すると、1枚目のみ「作成済」の状態になっています。

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIO リカバリセンター]-[VAIO リカバリセンター]をクリックします。

      • 「VAIOリカバリーセンター Ver.1.7」以降の場合は、[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIO リカバリーセンター]をクリックします。
      参考

      「VAIO Care」プリインストールモデルの場合は、以下の操作で起動することもできます。

      1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIO Care]-[VAIO Care]をクリックします。

        • [ASSIST]ボタンが搭載されているモデルの場合は、[ASSIST]ボタンを押します。
      2. [VAIO Care]画面が表示されるので、[リカバリーと復元]をクリックし、[VAIOリカバリツールの起動]をクリックします。

        [VAIO Care]画面

    2. [リカバリディスクの作成]をクリックし、[開始]ボタンをクリックします。

      [リカバリディスクの作成]画面

    3. 内容をよく読み、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリディスクとは]画面

    4. [2 枚のDVDを使ってリカバリディスクを作成する。]にチェックをつけ、[次へ]ボタンをクリックします。

      • ご使用のモデルによって、必要なメディアの枚数は異なります。

      [ディスクの種類を選択してください]画面

      参考
      • DVD-R DLメディア、またはDVD+R DLメディアを使用してリカバリーメディアを作成する場合は、[**枚のDVD-DLを使ってリカバリディスクを作成する。]にチェックをつけます。

        • 表示される枚数は、モデルにより異なる場合があります。
      • CD-Rメディアを使用してリカバリーメディアを作成する場合は、[**枚のCDを使ってリカバリディスクを作成する。]にチェックをつけます。

        • 表示される枚数は、モデルにより異なる場合があります。
      • 「VAIOリカバリセンター Ver.1.3」以降では、CD-Rメディア、またはCD-RWメディアでリカバリーメディアを作成できない場合があります。
        その場合は、DVDメディアをご使用ください。

      • 「VAIOリカバリセンター Ver.1.4」以降の場合は、正常にリカバリーメディアが作成されたか確認することができます。
        画面左下の[リカバリディスクの作成後、ディスクが正しく作成できたか確認を行う。]にチェックをつけてください。

        「VAIOリカバリセンター Ver.1.4」の場合

    5. 未使用のDVD-Rメディアをドライブに挿入し、[OK]ボタンをクリックします。

      [未使用のディスクを入れてください。]メッセージ画面

      参考
      • 未使用のメディアを挿入しているにもかかわらず、「未使用のディスクを入れてください」と表示されてドライブが開く場合があります。
        その場合は、メディアを入れた状態で再度ドライブを閉め、しばらく待ってから[OK]ボタンをクリックします。

      • メディアが対応していない場合、または使用済みのメディアを挿入した場合は、以下のようなメッセージが表示されます。

        • 下記のメッセージは一例です。
          お使いの「VAIOリカバリーセンター」のバージョン、および使用するメディアにより、メッセージが異なる場合があります。
        • メディアが対応していない場合

          メッセージ内容:
          「ディスクの種類が違います。
          未使用のDVDを入れてください。」

          メッセージ画面

        • 使用済みのメディアを挿入した場合

          メッセージ内容:
          「未使用のDVDを入れてください。
          異なる種類、または使用済みのディスクが挿入されました。
          正しいディスクを入れて、[OK]をクリックしてください。」

          メッセージ画面

    6. リカバリーメディアの作成が開始されるので、しばらく待ちます。

      • 画面上のパーセント表示がしばらく進まないことがありますが、ハードディスクのアクセスランプが点滅している場合は、リカバリーメディアを作成中です。
        しばらくそのままでお待ちください。

      [リカバリディスク作成中]画面

    7. 以下のメッセージが表示されるので、DVD-Rメディアを取り出して、DVD-Rメディアに「リカバリディスク 1/2」と記載します。
      [OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「リカバリディスクの作成に成功しました。
      ディスクを取り出し、表面(印刷面)に「リカバリディスク 1/2」と書いてください。」

      [リカバリディスクの作成に成功しました。]メッセージ画面

    8. 未使用のDVD-Rメディアをドライブに挿入して、[OK]ボタンをクリックします。
      リカバリーメディアの作成が続行されます。

      • 画面上のパーセント表示がしばらく進まないことがありますが、ハードディスクのアクセスランプが点滅している場合は、リカバリーメディアを作成中です。
        しばらくそのままでお待ちください。

      [未使用のディスクを入れてください。]メッセージ画面

    9. 以下のメッセージが表示されるので、DVD-Rメディアを取り出して、DVD-Rメディアに「リカバリディスク 2/2」と記載します。
      [OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「リカバリディスクの作成に成功しました。
      ディスクを取り出し、表面(印刷面)に「リカバリディスク 2/2」と書いてください。」

      [リカバリディスクの作成に成功しました。]メッセージ画面

    10. [完了]ボタンをクリックします。

      [リカバリディスクの作成が完了しました]画面

    以上でリカバリーメディアの作成は完了です。

    目次に戻る

     
     

    参考情報

    • 一部のモデルでは、リカバリーメディアを作成していない場合、リカバリーメディアの作成を案内するバルーンが画面の右下に表示されます。

      メッセージ内容:
      「お知らせ:必ずリカバリディスクを作成してください。」

      バルーンメッセージ

    • リカバリーメディアの作成中に、以下のエラーメッセージが表示される場合があります。

      エラーメッセージ:
      「ディスクが作成できませんでした。:アプリケーションの再起動中」

      エラーメッセージ画面

      上記エラーメッセージが表示された場合は[OK]ボタンをクリックし、「VAIOリカバリーセンター」を再起動して、再度リカバリーメディアの作成を行ってください。

      あわせて下記の関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOリカバリーセンター] リカバリーディスクが作成できない場合の確認事項

    目次に戻る