文書番号 : S1110278026816 / 最終更新日 : 2019/03/19

ダビングに関するご注意

対象製品カテゴリー・製品

Q

ダビングに関するご注意

 
A

以下をご覧ください

内容

説明

HDDとBD/DVD間のダビング中にできること、できないこと

以下の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
ダビング中の制限 (できること・できないこと) を教えてください。

目次に戻る

HDDとBD/DVD間のダビング時のその他の制限
ダビングするBD/DVDディスクについて
  • HDD (ハードディスク) に録画した 「 ダビング10 」 または 「 1回だけ録画可能 」 なデジタル放送をDVDにダビングするときは、必ずパッケージに 「 CPRM対応 」 と記載されたDVD-RWまたはDVD-Rをお使いください。
  • BDのディスク1枚に保存 (ダビング) できるチャプターマークは、最大1000個です。

目次に戻る

HDDからBD/DVDへのダビング
  • 「 ダビング10 」 のタイトルをダビングすると、残りのダビング回数が1回分減ります。 「 ダビング10 」 について詳しくは、こちらのQ&A をご覧ください。
  • BDやDVD、HDDなどへダビングする場合は、元タイトルのチャプターマークが引き継がれます。
    ただし、DVD (ビデオモード) へダビングすると、チャプターマークが書きこまれない場合があります。
  • HDDとBD間のダビングで、録画モードを変えてダビングする場合、複数のタイトルを選択して合計12時間を超える場合はダビングできません。
  • 1回のダビングで選べるタイトルの数は、30までです。
  • 1タイトルに入れることができるチャプターマークは、HDDとBD-RE/BD-Rで最大98個です。
  • コピー制御信号を含むシーンがある場合、録画一時停止になり、ダビングされません。
  • HDDとBD間のダビングで、複数のタイトルを選択して合計12時間を超える場合はダビングできません。
  • ホームサーバー機能に対応したブルーレイディスクレコーダーの場合、クライアント機器で再生中にダビングをしようとすると、再生が停止します。

目次に戻る

BDやDVDからHDDへのダビング
  • BDやDVDの市販ソフト (映画など) は、HDDにダビングできません。
  • ホームサーバー機能に対応したブルーレイディスクレコーダーの場合、クライアント機器で再生中にダビングをしようとすると、再生が停止します。

目次に戻る

2か国語放送について
  • 2か国語放送の番組を録画したい場合は、こちらのQ&A をご覧ください。
  • 2か国語放送の番組をBDやDVDなどにダビングしたい場合は、こちらのQ&A をご覧ください。

目次に戻る

外部機器 (ビデオカメラ や ビデオデッキなど) の映像のダビングについて
USBケーブルでの接続
  • ビデオカメラに記録された映像が、スタンダード(SD)画質の場合、USBケーブルではダビングできません。
    映像/音声ケーブルまたはS映像ケーブルを使ってダビングしてください。
  • ビデオカメラで記録したDVテープや8cm DVDの映像は、USBケーブルではダビングできません。
  • USB接続でダビングできる映像形式はAVCHD形式の映像のみです。
    対象機種一覧は、こちらのページ をご覧ください。
  • USBケーブルで取りこむ場合、表示される録画モードが元の録画モードと異なる場合がありますが、録画モードの変更はできません。
    詳しくは、こちらのQ&A をご覧ください。
  • 3Dに対応したブルーレイディスクレコーダーでは、3D映像や1080/60p映像もダビングできます。

目次に戻る

i.LINK (DV) ケーブルでの接続
  • i.LINK端子が付いているビデオカメラであっても、ダビングできない場合があります (例 : i.LINK端子が、MICROMV方式のビデオカメラなど)。
    映像/音声ケーブルまたはS映像ケーブルを使ってダビングしてください。

目次に戻る

映像/音声ケーブルまたはS映像ケーブルでの接続
  • ハイビジョン (HD) 画質の映像を、映像/音声ケーブルまたはS映像ケーブルでダビングすると、スタンダード (SD) 画質になります。
  • ビデオカメラに記録された映像が、スタンダード (SD) 画質の場合は、映像/音声ケーブルまたはS映像ケーブルを使ってダビングしてください。

目次に戻る