文書番号 : S1110278029189 / 最終更新日 : 2019/03/19

「ダビング10」とは何ですか?

    Q

    「ダビング10」とは何ですか?



    A

    「ダビング10」とは、デジタル放送のコピー制御方式の名称です。


    説明

    ダビング10とは、おもにデジタルテレビ放送(NHKと無料民放)で2008年7月4日(金)以降新たに運用されているコピー制御の名称です。

    デジタル信号で録画するようになると、ダビングを繰り返しても画質・音質が劣化することがないので、高品質な不正コピーが流通し、著作権の侵害が起こることが懸念されます。
    著作権者、製作会社、放送事業者などへの正当な価値還元ができなくなり、番組の量的・質的低下を招き、結果的に魅力的な番組が放送されなくなることのないよう、デジタル放送にコピー制御信号が加えられています。

    ご注意

    本機で録画・録音したものは、個人として楽しむなどのほかは、著作権上、著作者に無断では使用できません。
    私的目的で録画したものでも、著作権者などに無断で販売したり、インターネットで公衆に送信すると、著作権侵害となります。

    参考) 一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)ホームページ:
    http://www.apab.or.jp/

    内容

    詳細

    録画制限の種類
    ダビング10
    • 録画
      本機の内蔵HDD、外付けUSB HDD、またはBD-R/BD-REに録画できます。

    • ダビング
      HDDに録画した映像をBD-R/BD-REやDVD(CPRM対応)に10回ダビングできます。
      9回ダビング (コピー) をおこなったあとに、もう1度ダビングを実行すると、録画した映像はHDDからBD-R/BD-REまたはDVD (CPRM対応) に移動 (ムーブ) します。
      詳しくは、以下の関連Q&Aをご覧ください。

      ▼関連Q&A:
      内蔵HDDに録画したデジタル放送の番組をBDやDVDにダビングする方法を教えてください。

    目次に戻る

    コピーワンス
    • 録画
      本機の内蔵HDD、外付けUSB HDD、またはBD-R/BD-REに録画できます。

    • ダビング
      HDDに録画した映像をHDDからBD-R/BD-REまたはDVD (CPRM対応) に移動 (ムーブ) できます。

      参考

      「ダビング10」対応のタイトルは、PSPやウォークマンの一部機種などの「おでかけ転送」対応の機種に、おでかけ転送・おかえり転送することができます。
      おでかけ転送をすると、ダビングを1回おこなったとみなされ、残りのダビング回数が1回分減りますが、おかえり転送すると元の数字に戻ります。
      詳しくは、以下の関連Q&Aをご覧ください。

      ▼関連Q&A:
      「ダビング10」 のタイトルは、おでかけ転送・おかえり転送できますか?

    目次に戻る

    録画禁止
    • 録画
      できません。

    • ダビング
      できません。

    目次に戻る

    録画制限なし
    • 録画
      2011年7月に地上アナログ放送は終了したため、録画はできません。

    • ダビング
      HDDに録画した映像をBD-R/BD-REやDVD に何回でもダビング (コピー) できます。

    目次に戻る

    ご注意
    • BD-R/BD-RE、DVD (CPRM対応) に録画した録画制限ありのタイトルは、本機のHDDにはダビング (コピー) / 移動 (ムーブ) することはできません。

    • 「ダビング10」で録画するには、以下の2つが必要です。

      1. 録画する番組が「ダビング10」番組として放送されている。

        • 番組によっては、「ダビング10」 対応放送でない場合もあります。
      2. 本機が「ダビング10」に対応している。

        • 一部、本機のソフトウェアアップデートが必要な機種があります。

        下記の機種で、ソフトウェアバージョンの下3桁が以下のものは、ソフトウェアアップデートにより「ダビング10」に対応します。

        • BDZ-X90/A70/L70/T90/T70/T50 ・・・ 014 以下
        • BDZ-V9/V7 ・・・ 025 以下
        • RDZ-D900A/D800/D700・・・ 014 以下

        本機ソフトウェアバージョンの確認方法は以下の関連Q&Aをご確認ください。

        ▼関連Q&A:
        本体ソフトウェアバージョンを確認する

    • 「ダビング10」の運用開始前からHDDに録り貯めてある「1回だけ録画可能」なタイトル (デジタル放送など) は、「ダビング10」にはなりません。
      また、アップデートが完了する前に「ダビング10」番組を録画した場合、その後アップデートが完了しても、「ダビング10」にはなりません。
      (BDZ-X90/A70/L70/T90/T70/T50、BDZ-V9/V7、RDZ-D900A/D800/D700 のみ)

    • BDZ-S77の場合(HDD非搭載)は、「ダビング10」に対応しておりません。
      「ダビング10」の番組をBDに録画した場合、従来通りの「コピーワンス」方式と同じく、ダビング (コピー) や移動 (ムーブ) はできません。

    • 以下のスゴ録 (デジタル放送を受信できる機種に限る) は、「ダビング10」に対応しておりません。

      • RDZ-D97A/D87/D77A
      • RDZ-D90/D70/D50
      • RDZ-D60V
      • RDZ-D5

      これらの機種につきましては、「ダビング10」運用開始後も、従来通りの「コピーワンス」方式でお使いいただけます。

    目次に戻る

    編集した場合の録画制限
    [タイトル分割]をした場合

    残りのダビング回数が 8回 のタイトルを分割した場合、それぞれ 8回 になります。
    例えば一方をダビング (コピー) すると残り 7回 になり、もう一方は何も操作していないので 8回 のままです。

    目次に戻る

    [タイトル結合]をした場合

    [タイトル結合] の機能で、2つの「ダビング10」のタイトルを1つに結合した場合、残りのダビング回数は少ないほうに合わされます。
    例えば残りのダビング回数が 9回 と 4回 のタイトルを結合した場合、4回 になります。

    目次に戻る

    本機HDDに録画したタイトルを、他のレコーダにダビングする場合の制限事項
    残りのダビング回数が2回~10回の場合

    本機からアナログ出力することで、他のレコーダーにダビング (コピー) できます。
    アナログ出力でダビングするとき、本機HDDにあるタイトルの残りのダビング回数は減りません。

    目次に戻る

    残りのダビング回数が1回の場合

    タイトルの残りのダビング回数が、最後の1回(コピーワンス)になっているとき、本機から出力される映像は「録画禁止」の信号になります。
    そのため、他のレコーダー側で録画ができず、ダビングはできません。

    ▼関連Q&A:
    本機HDDに録画した「ダビング10」のタイトルを、他のレコーダにダビング (コピー) したいのですが?

    ご注意

    2012年以降発売モデルにはアナログ出力端子はありません。

    AACS規格の規定により、2010年12月31日以降に製造される機器は、アナログビデオ出力を480iに制限され、続いて、2013年12月31日以降に製造される機器は、アナログビデオ出力を禁止と規定されました。

    ▼関連Q&A:
    今までに発売されたブルーレイディスクレコーダーの機種名/発売時期を教えてください。

    目次に戻る