文書番号 : S1210030042503 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] Windows 8.1、およびWindows 8の概要

対象製品カテゴリー・製品

 
Q

[Windows 8]
Windows 8.1、およびWindows 8の概要

Windows 8.1、およびWindows 8の概要・新機能について。

 
A

Windows 8.1、およびWindows 8の概要や新機能について、項目ごとに説明します

対象製品

Windows 8.1
Windows 8

内容

はじめにご確認ください

Windows 8.1、およびWindows 8はタッチパネルを用いた操作に最適化されています。
そのため、Windows 7以前のOSとは大幅にユーザーインターフェイスが異なります。
VAIOサポートページでは、Windows 8.1、およびWindows 8をはじめて使う方に向けて、概要や基本的な使いかたをご紹介しています。
下記のWebページをあわせてご参照ください。

はじめてのWindows 8 / 8.1:
https://www.sony.jp/support/vaio/windows//8/begin/index.html

目次に戻る

説明

主なエディション

PC向けのエディションには下記の種類があり、エディションによって使用できる機能が異なります。

  • Windows 8.1
  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise
  • Windows 8
  • Windows 8 Pro
  • Windows 8 Enterprise

VAIOには、Windows 8.1、Windows 8.1 Pro、Windows 8、およびWindows 8 Proのいずれかがプリインストールされています。

目次に戻る

Windows 7から削除された機能
  • スタートボタンとスタートメニュー
    従来のスタートボタンとスタートメニューはなくなり、「スタート画面」になりました。
    詳細については[●[スタート]画面]をご参照ください。

  • Windows DVDメーカー
    「Windows DVDメーカー」はインストールされなくなりました。
    DVDビデオを作成する場合は、「Power2Go」や「DVD Architect Studio 5.0」などのVAIOにプリインストールされているアプリ、またはご自身で追加したアプリを使用してください。

  • Windows Media Center
    「Windows Media Center」は、OS標準ではインストールされなくなりました。
    マイクロソフト社より有償で購入できます。

  • 標準VGAドライバー
    標準のVGAディスプレイドライバーが非搭載となり、「Microsoft基本ディスプレイアダプター」になりました。

  • Windows XP Driver Model(XPDM)ドライバーのサポート
    Windows XPで使用されているXPDMドライバーは、Windows 8からサポート外となりました。

  • 詳細ブートオプションメニュー
    Windows起動時の処理の高速化などに伴い、PCの電源を入れた後にキーボードの[F8]キーを押しても、「詳細ブートオプション」画面は表示されなくなりました。
    起動時に問題が発生した場合は、自動的にオプションメニューが表示されます。

  • 以前のバージョンの復元
    ファイルやフォルダーの「以前のバージョンの復元」機能がなくなり、ファイル履歴という新しいバックアップ機能が追加されました。
    詳細については[●ファイル履歴]をご参照ください。

  • ネットワークマップ
    コントロールパネルの[ネットワークと共有センター]画面に表示されていたネットワークマップはなくなりました。

  • ワイヤレスネットワークの管理
    コントロールパネルの[ネットワークと共有センター]画面に表示されていた[ワイヤレスネットワークの管理]の項目はなくなりました。
    設定チャームの[ネットワーク]から操作します。

  • Windows XPモード
    Windows XPモードとWindows Virtual PCの機能はなくなり、Hyper-Vという仮想化技術が搭載されました。

目次に戻る

新しいユーザーインターフェイス
[スタート]画面

[スタート]画面には、タイルと呼ばれる四角いアイコンの一覧が表示されます。
従来のデスクトップ画面と、この[スタート]画面を切り替えて使用します。

サインイン時に[スタート]画面が表示されるか、デスクトップ画面が表示されるかは、OSのエディションや設定によって異なります。

[スタート]画面

  • 上記はWindows 8の画像です。

目次に戻る

タイル

[スタート]画面上に表示される四角形のアイコンをタイルと呼びます。
タイルを選択するとアプリが起動します。
ライブタイルに対応しているWindowsストアアプリの場合は、自動的に更新情報などを受信して、タイル上に表示できます。

また、[スタート]画面は使いやすい状態にカスタマイズできます。
[スタート]画面をカスタマイズする方法については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8] [スタート]画面をカスタマイズする方法

目次に戻る

チャーム

画面の右側に表示される「チャームバー」が、さまざまな操作の起点となります。
チャームバーの表示方法、およびチャームの詳細については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8] チャームを表示する方法、および概要

チャームバー

  • 上記はWindows 8の画像です。

目次に戻る

エクスプローラーとリボン

従来のメニューバーやツールバーは、新しいリボンインターフェイスに変更されました。
初期設定では、リボンメニューは非表示になっています。
画面右上にある矢印を選択すると表示されます。

リボンを表示した場合

リボンインターフェイスの詳細については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8] リボンインターフェイスの概要

目次に戻る

新しい機能
Microsoftアカウント

Microsoftアカウントを使用して、Windowsにサインインできます。
Microsoftアカウントを使用してサインインすると、HotmailやWindowsストアなどにも自動的にサインインできます。
ユーザーアカウントの詳細については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8] ユーザーアカウントの種類とその権限の違いを知りたい

参考

Microsoftアカウントについては、下記のマイクロソフト社Webページもご参照ください。

Microsoftアカウント:
http://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/account/default.aspx

目次に戻る

Windowsストアアプリ

新しいユーザーインターフェイスで使用できるアプリです。
プリインストールされているアプリのほかに、Windowsストアからダウンロードすることもできます。
OS標準では、下記のようなアプリがインストールされています。

  • メール
  • People
  • メッセージング
  • フォト
  • Internet Explorer
  • OneDrive(SkyDrive)
  • ミュージック
  • カメラ
  • ビデオ
参考

「Internet Explorer」や「VAIO Care」には、Windowsストアアプリとデスクトップアプリの両方があり、それぞれ機能が異なります。

目次に戻る

スナップ

画面に複数のアプリを分割して表示できます。
この機能は「スナップ機能」と呼ばれ、Windows 7から搭載されている「Aeroスナップ機能」とは異なります。
スナップ機能を使用する方法については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8] スナップ機能を使用する方法

スナップ機能で分割表示した場合

  • 上記の画像は一例です。

目次に戻る

ファイル履歴

個人用ファイルをバックアップするための機能です。
ライブラリー、Windowsアドレス帳、「Internet Explorer」のお気に入り、およびデスクトップに保存されているファイルを、自動でバックアップできます。
ファイルが変更されるたびに、指定したドライブにファイルのコピーを保存します。
詳細については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8] ファイル履歴を使用してバックアップする方法
[Windows 8] ファイル履歴を使用してバックアップしたファイルを復元する方法

目次に戻る

リフレッシュと初期化

目次に戻る

セキュリティー
  • Windows Defender
    ウイルス対策機能が追加されました。

  • Windows SmartScreen
    「Internet Explorer」のSmartScreenフィルター機能が、「Windows SmartScreen機能」というOSの機能に統合されました。
    問題を引き起こすことが確認されているアプリや、Windows 8が初めて認識するアプリを実行しようとすると、Windows SmartScreen機能によりメッセージが表示されます。
    詳細については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] Windows SmartScreenを有効/無効にする方法

目次に戻る

ネットワーク
  • 機内モード
    すべてのワイヤレス通信のオン/オフの切り替えができる、機内モード機能が追加されました。
    [PC 設定]画面やネットワークチャームから設定を変更できます。

  • 従量制課金接続の設定
    MB単位・GB単位で課金されるネットワーク、またはデータ使用量に上限が設定されているネットワークを使用する際に、データ量を最小限に抑えることができる機能が追加されました。
    ネットワークチャームに表示されたネットワークの一覧から、任意のネットワークを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、[従量制課金接続として設定する]を選択します。

目次に戻る

デスクトップの読み込み

[スタート]画面やWindowsストアアプリの操作を行っているときは、デスクトップはリソースの消費や読み込みを行いません。
デスクトップ画面を表示すると、デスクトップがメモリーに読み込まれリソースの消費が開始します。

目次に戻る

複数のディスプレイ
  • ディスプレイごとに異なる壁紙を設定できます。

  • 複数のディスプレイを使って、1つの画像を壁紙として表示できます。

  • すべてのディスプレイにタスクバーが表示されます。

  • Windowsストアアプリを別のディスプレイにドラッグして移動できます。
    ただし、Windowsストアアプリは、複数のディスプレイには表示できません。

目次に戻る

タスクマネージャー

機能とデザインを簡潔化した「簡易表示」と、従来のような詳しい情報が確認できる「詳細表示」の2つの表示を切り替えて使用します。

  • 簡易表示
    実行中のアプリの一覧が表示されます。
    ここからタスクを終了することもできます。

    簡易表示

  • 詳細表示
    複数のタブがあり、プロセスなどの詳細を確認できます。
    また、新たに追加された[スタートアップ]タブには、Windowsを起動する際に、同時に起動するアプリの一覧が表示されます。

    詳細表示

目次に戻る