文書番号 : S1206250039292 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] ファイル履歴を使用してバックアップする方法

    Q

    [Windows 8]
    ファイル履歴を使用してバックアップする方法


    • ファイル履歴の使用方法を教えてください。
    • データを自動的にバックアップしたいです。
    • ファイルを定期的にバックアップできますか。

    A

    ファイル履歴を有効にすると自動でバックアップできます


    対象製品

    Windows 8

    説明

    ファイル履歴とは、ライブラリー、Windowsアドレス帳、「Internet Explorer」のお気に入り、およびデスクトップに保存されているファイルを、自動でバックアップできる機能です。

    ファイル履歴を有効にすると、定期的にフォルダーがスキャンされ、ファイルの変更を検知した際にバックアップされます。
    バックアップデータは上書きされず、個別に保存されるため、希望の時点の状態に復元できます。

    • 設定により、バックアップの頻度や保存期間は異なります。

    内容

    事前確認

    • 複数のユーザーアカウントを設定している場合は、それぞれのユーザーアカウントでファイル履歴を有効にする必要があります。

    • デジタル放送や音楽データなどの著作権保護されたコンテンツは、本Q&Aの操作では正常にバックアップできません。
      アプリ上で個別にバックアップを行う必要があります。
      詳細については、各アプリのヘルプファイルなどをご参照ください。

    • バックアップデータの保存先には、以下のドライブが使用できます。

    • ファイル履歴でバックアップできるデータは、ライブラリー、Windowsアドレス帳、「Internet Explorer」のお気に入り、およびデスクトップに保存されているファイルのみです。
      そのほかの場所に保存されているファイルをバックアップしたい場合は、フォルダーをライブラリーに追加する必要があります。
      ライブラリーに追加するには、フォルダーを右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューの[ライブラリに追加]から追加したいライブラリーを選択します。

      右クリックメニュー画面

    目次に戻る

    操作方法

    ファイル履歴を有効にする方法

    操作手順

    • 以下は、初めてファイル履歴を有効にする場合の手順です。
    1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]の[ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存]を選択します。

      [コントロール パネル]画面

    3. [ファイル履歴]画面が表示されるので、[ドライブの選択]を選択します。

      • 保存先に外付けハードディスクやUSBフラッシュメモリーを使用する場合は、機器を接続してから[ドライブの選択]を選択します。

    4. [ドライブの選択]画面が表示されるので、保存先に設定したいドライブを一覧から選択し、[OK]ボタンを選択します。

      [ドライブの選択]画面

      参考

      保存先にネットワーク上のフォルダーを使用する場合は、[ネットワークの場所の追加]を選択します。

    5. [ファイル履歴]画面に戻るので、[オンにする]ボタンを選択します

      [ファイル履歴]画面

    6. 自動的に初回のバックアップが開始されます。

      ファイルのコピー

    以上で操作は完了です。
    初回のバックアップが完了した後は、定期的にフォルダーがスキャンされます。

    目次に戻る

    ファイル履歴の設定を変更する方法
    ファイル履歴の対象から特定のフォルダーを除外する方法

    操作手順

    1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]の[ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存]を選択します。

      [コントロール パネル]画面

    3. [ファイル履歴]画面が表示されるので、[除外するフォルダー]を選択します。

      [ファイル履歴]画面

    4. [除外するフォルダー]画面が表示されるので、[追加]ボタンを選択します。

      [除外するフォルダー]画面

    5. [フォルダーの選択]画面が表示されるので、任意のフォルダーを選択し、[フォルダーの選択]ボタンを選択します。

      [フォルダーの選択]画面

    6. [除外するフォルダー]画面に戻るので、選択したフォルダーが表示されていることを確認し、[変更の保存]ボタンを選択します。

      [除外するフォルダー]画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    バックアップする頻度や保存期間を設定する方法

    操作手順

    1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]の[ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存]を選択します。

      [コントロール パネル]画面

    3. [ファイル履歴]画面が表示されるので、[詳細設定]を選択します

      [ファイル履歴]画面

    4. [詳細設定]画面が表示されるので、各項目の下向き三角のボタンを選択して設定を変更し、[変更の保存]ボタンを選択します。

      [詳細設定]画面

      • ファイルのコピーを保存する頻度
        フォルダーをスキャンする頻度を、10分~1日の間で選択できます。
        初期状態では[1時間ごと]が選択されています。

        詳細設定メニュー画面

      • オフラインキャッシュのサイズ
        保存先ドライブが接続されていない場合、保存先ドライブが接続されるまでの間は内蔵ハードディスク(SSD)に一時的にバックアップされます。
        内蔵ハードディスクに保存する上限を、ディスク領域の2~20%の間で選択できます。
        初期状態では[ディスク領域の 5%]が選択されています。

        詳細設定メニュー画面

      • 保存されたバージョンを保持する期間
        バックアップデータの保存期間を設定します。
        領域が足りなくなるまで、または1か月~無期限の間で選択できます。
        初期状態では[無期限]が選択されています。

        詳細設定メニュー画面

      • 参考

        古い日時のバックアップデータを削除するには、[古いバージョンのクリーンアップ]を選択します。
        [ファイル履歴のクリーンアップ]画面が表示されるので、下向き三角のボタンを選択して削除する期間を変更し、[クリーンアップ]ボタンを選択するとバックアップデータが削除されます。

        [ファイル履歴のクリーンアップ]画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。