文書番号 : S1110278033274 / 最終更新日 : 2019/03/19

「 ERROR 」「 SYSTEM ERROR 」「 PLEASE WAIT 」「 INFO WRITE 」と本体表示窓に表示されたまま、操作ができない

対象製品カテゴリー・製品

Q

「 ERROR 」「 SYSTEM ERROR 」「 PLEASE WAIT 」「 INFO WRITE 」と本体表示窓に表示されたまま、操作ができない

 
A

ご不便をおかけしております。以下の対処方法をお試し頂いても症状が改善しなかった場合は、故障の可能性があります。

内容

事前確認

ご注意

レコーダーが2010年秋~2011年秋発売モデルの場合は、以下に合致しないかの確認をお願いします。

▼関連Q&A:
ホーム画面を選択すると動作しなくなる(フリーズする)

 

目次に戻る

対処方法

リセット(再起動)します

 

本体をリセット(再起動)して改善するかお試しください。
リセットに関する注意点や方法については以下の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
本体をリセット(再起動)したい

目次に戻る

本体ソフトウェアを最新のバージョンにアップデートします

リセット(再起動)をして起動できるようになったら、本体ソフトウェアのバージョンが最新になっているかご確認ください。
本体のソフトウェアバージョンが最新でない場合は、最新のバージョンにアップデートしてください。

▼関連Q&A:
本体ソフトウェアバージョンを確認する

目次に戻る

修理の申し込みをします

上記の内容をお試しいただいても改善しない場合は、
ブルーレイディスクレコーダーの故障が考えられるため、修理のお申し込みをおすすめします。
修理料金やお申し込み方法については、以下のページをご参照ください。

修理のご相談
https://www.sony.jp/support/repair.html

目次に戻る

参考

BDレコーダーの「エラー」や「故障」と「熱」の関係

「エラー」や「故障」の原因の一つは、BDレコーダー内部の温度の上昇です。 それを防ぐために、BDレコーダーには「冷却用のファン」や「通気口」が付いていますが、空気の循環によってほこりが内部に蓄積すると、温度が上昇しやすくなります。 場合によっては、設置する場所が温度の上昇につながることもあります。トラブルを未然に防ぐために、定期的なお手入れや設置する場所の見直しをしてみませんか?

BDレコーダーのお手入れについて~定期的にお手入れをしてBDレコーダーを快適に使おう!~

目次に戻る