文書番号 : SH000157380 / 最終更新日 : 2018/10/18

microSDカードを使用する際の注意事項。(ウォークマン A30/A40/A50/WM1/ZX300シリーズ)

    microSDカードを使用する際の注意事項。(ウォークマン A30/A40/A50/WM1/ZX300シリーズ)

    以下の項目をご参照ください。

    対象製品

    NW-A35、NW-A35HN、NW-A36HN、NW-A37HN、NW-A45、NW-A45HN、NW-A46HN、NW-A47、NW-A55/NW-A55HN/NW-A55WI/NW-A56HN/NW-A57
    NW-WM1A、NW-WM1Z、NW-ZX300、NW-ZX300G

    目次

    内容

    ■ microSDカード利用時の共通の注意事項

    • microSDカードには、著作権保護されたコンテンツを転送できません。

    • microSDカードを初期化(フォーマット)する際は、必ずウォークマン上で操作をおこなってください。
      パソコンなど、ウォークマン以外の機器で初期化した場合は、ウォークマンでの動作を保証しておりません。
      microSDカードをウォークマンに接続して、設定アイコン –[設定]– [基本設定]の[本体設定]–[各種初期化]– [SDカード初期化]をタップします。
      表示されるメッセージを確認し、画面の指示に従って操作してください。

    参考

    A30/A40/A50シリーズをご使用で、ダイレクト録音するデータの保存先を変更したい場合は、ウォークマンのライブラリ画面で 音楽設定アイコン をタップして録音モードにし設定アイコン – [録音設定] – [共通] – [録音先メモリー]を選択して、[本体メモリー]、または[SDカード]を選択してください。

    目次に戻る

    ■ microSDカードの取り外しに関する注意事項

    • microSDカードを取り外す際は、必ず[SDカードのマウント/解除]をご利用ください。
      1. ライブラリ画面で –[設定]–[基本設定]の[本体設定]をタップする。
      2. [SDカードのマウント/解除]–[OK]をタップする。
      3. microSDカードスロットの蓋を開け、アクセスランプが消えていることを確認する。
      4. microSDカードを一度奥に押す。microSDカードが手前に出てきます。
      5. microSDカードをカードスロットから取り出し、蓋を閉める。
      参考

      miroSDカードが未挿入の場合は、項目を選択することができません。

      miroSDカードが未挿入の場合
           挿入している場合      挿入していない場合
    • microSDカードを取り出すと以下の情報がリセットされます。

      • 現在再生していたコンテンツ情報
      • 再生位置情報
      • 再生リスト情報
      • ブックマークリスト登録情報
    • 本体メモリーとmicroSDカードに、同じコンテンツを転送しないようご注意ください。
      例えば、本体メモリーとmicroSDカードに同じ楽曲が保存されている場合は、ウォークマン本体で[全曲]、[アルバム]、[アーティスト]などから楽曲の一覧を確認すると、楽曲が重複して表示されます。

    目次に戻る

    ■ Music Center for PC使用時の注意事項

    microSDカードを接続してお使いいただく場合も、従来のウォークマンと同様の方法でMusic Center for PCから楽曲を転送できます。
    ただし、以下の注意事項があります。

    • Music Center for PCでは、ウォークマンが参照しているメモリー(本体メモリー・microSDカード)を、画面上のプルダウンで確認できます。
      microSDカードは、[メモリーカード]と表示されています。

      転送先選択

    • プレイリストを転送する場合は、プレイリストに登録した楽曲と同じメモリーに転送してください。
      プレイリスト内の楽曲が同じメモリー(本体メモリー・microSDカード)内に存在しない場合は、プレイリストと一緒に楽曲データも転送されます。
      例えば、プレイリストをmicroSDカードに転送すると、本体メモリー内に転送済みの楽曲のデータもmicroSDカードに転送されるため、「全曲」などで楽曲を表示すると、同プレイリストと楽曲データを別のメモリーで管理することはできませんのでご注意ください。

    目次に戻る

    ■ Media Go使用時の注意事項(※A30・WM1シリーズのみ)

    microSDカードを接続してお使いいただく場合も、従来のウォークマンと同様の方法でMedia Goから楽曲を転送できます。
    ただし、以下の注意事項があります。

    • Media Goでは、ウォークマンが参照しているメモリー(本体メモリー・microSDカード)を、画面上のアイコンで確認できます。
      参照先メモリーのアイコンの下には[▲]が表示されています。
      (アイコンが表示されない場合などは、Media Goを最新バージョンにアップデートしてからご使用ください。)

      【例】microSDカードを選択している場合:
      microSDカードを選択している場合

    • プレイリストを転送する場合は、プレイリストに登録した楽曲と同じメモリーに転送してください。
      プレイリスト内の楽曲が同じメモリー(本体メモリー、またはmicroSDカード)内に存在しない場合は、プレイリストと一緒に楽曲データも転送されます。
      例えば、プレイリストをmicroSDカードに転送すると、本体メモリー内に転送済みの楽曲のデータもmicroSDカードに転送されるため、「全曲」などで楽曲を表示すると、同プレイリストと楽曲データを別のメモリーで管理することはできませんのでご注意ください。

    目次に戻る

    ■ Content Transfer for Macの使用時の注意事項

    microSDカードを接続してお使いいただく場合も、従来のウォークマンと同様の方法で楽曲を転送できます。
    ただし、以下の注意事項があります。

    • Content Transfer for Macの画面の設定内容により、認識されている機器表記の容量が異なります。(表示されるアイコンは同じです。)

      • 転送先のメモリーを「本体メモリー」に選択している場合は、本体メモリーの空き容量が表示されます。
      • 転送先のメモリーを「ストレージカード」に選択している場合は、microSDカードの空き容量が表示されます。
    • プレイリストを転送する場合は、プレイリストに登録した楽曲と同じメモリーに転送してください。
      プレイリスト内の楽曲が同じメモリー(本体メモリー、またはmicroSDカード)内に存在しない場合は、プレイリストと一緒に楽曲データも転送されます。
      例えば、プレイリストをmicroSDカードに転送すると、本体メモリー内に転送済みの楽曲のデータもmicroSDカードに転送されるため、「全曲」などで楽曲を表示すると、同プレイリストと楽曲データを別のメモリーで管理することはできませんのでご注意ください。

    目次に戻る

    ■ ドラッグアンドドロップ転送時の注意事項

    microSDカードを接続してお使いいただく場合も、従来のウォークマンと同様に、ドラッグアンドドロップで楽曲を転送できます。

    ※「microSDカード」にコンテンツを転送する場合は、お使いのmicroSDカード内の[MUSIC]フォルダにドラッグアンドドロップしてください。
     

    関連Q&A
    microSDカードを使用する際の注意事項。(ウォークマン A10/A20シリーズ、ZX100)
    microSDカードを使用する際の注意事項。(ウォークマン ZX2)

    目次に戻る