文書番号 : S1310280056227 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] 輝度調整ができない場合の確認事項

対象製品カテゴリー・製品

Q

[Windows 8]
輝度調整ができない場合の確認事項


  • 画面が暗いまま明るくできません。
  • キーボードの[Fn]キーと[F5]キー、または[F6]キーで輝度調整ができません。
  • [設定]チャームから明るさを調整できません。

A

STEPの順に操作をお試しください


対象製品

Windows 8.1
Windows 8

内容

事前確認

目次に戻る

対処方法

個別のQ&Aに該当しないかを確認します

SVP1321シリーズ、SVP1121シリーズ、およびSVT2121シリーズをご使用の場合は、下記の関連Q&Aに該当しているかを確認します。

▼関連Q&A:
[SVP1321*,SVP1121*,SVT2121*] スリープ復帰後、輝度調整ができない

上記に該当しない場合は、STEP2へ進んでください。

目次に戻る

「VAIOの設定」で自動的に輝度を調整する機能を無効にします(照度センサー搭載モデルのみ)

操作手順

  1. 「VAIOの設定」を起動します。

  2. [VAIOの設定]画面が表示されるので、画面左側のメニューから[画質]を選択し、[ディスプレイの輝度]を[Off]にします。

    [VAIOの設定]画面

  3. Windowsを再起動します。

改善しない場合は、STEP3へ進んでください。

目次に戻る

[電源オプション]画面で自動輝度調整を無効にします(Windows 8.1の場合のみ)

操作手順

  1. [コントロール パネル]画面を表示します。

  2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[ハードウェアとサウンド]を選択します。

    [コントロール パネル]画面

  3. [ハードウェアとサウンド]画面が表示されるので、[電源オプション]を選択します。

    [ハードウェアとサウンド]画面

  4. [電源オプション]画面が表示されるので、[プラン設定の変更]を選択します。

    [電源オプション]画面

  5. [プラン設定の編集]画面が表示されるので、[詳細な電源設定の変更]を選択します。

    [プラン設定の編集]画面

  6. [電源オプション]画面が表示されるので、[ディスプレイ]をダブルクリック(タッチパネルの場合はダブルタップ)し、[自動輝度調整を有効にする]をダブルクリックします。

  7. [バッテリー駆動]を選択し、下向き三角のボタンを選択して、[オフ]を選択します。
    同様の手順で[電源に接続]も[オフ]にしてください。

    [電源オプション]画面

  8. [OK]ボタンを選択します。

  9. Windowsを再起動します。

改善しない場合は、STEP4へ進んでください。

目次に戻る

Windowsを完全にシャットダウンし、再度、起動します

Windowsを完全にシャットダウンし(電源を切り)、再度、起動して改善するかをご確認ください。

[設定]チャームを表示し、[電源]を選択し、キーボードの[Shift]キーを押しながら、[シャットダウン]を選択します。
シャットダウンしたことを確認し、再度、電源ボタンを押して、電源を入れます。

▼関連Q&A:
[Windows 8] PCをシャットダウンする(電源を切る)方法

改善しない場合は、STEP5へ進んでください。

目次に戻る

グラフィックスドライバーを再インストールします

グラフィックスドライバーを再インストールし改善するかをご確認ください。
再インストールする方法については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8] グラフィックスドライバーを再インストールする方法

改善しない場合は、STEP6へ進んでください。

目次に戻る

BIOSの設定値を初期化します

ハードウェアを管理しているBIOSの設定値を初期化して、現象が改善するかをご確認ください。
操作方法については、下記をご参照ください。

目次に戻る

■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。