文書番号 : S1307310052902 / 最終更新日 : 2019/03/19

雷が発生した際の対処方法

    Q

    雷が発生した際の対処方法

     
    A

    落雷による高電圧で感電などの事故、およびBDレコーダーが故障する恐れがあります。 また、雷が鳴っているときは、直接落雷していない送電線や電話線にも「誘導雷」という異常電圧が発生することがあります。 この異常電圧がAC電源経由や電話線経由で伝わり、レコーダーやPCなどの機器を壊してしまうことがあります。

    内容

    事前確認

    ご注意

    感電のおそれがありますので、雷が鳴り出したらBDレコーダー本体や電源コードに触れないでください。

    対処方法

    落雷が予測されるときは

    以下の項目を参考に対策をおこないます。

    操作手順

    1. [スタンバイモード]を[低消費待機]に切り替えます。

      スタンバイモードの設定をする:
      ブルーレイディスク/DVDレコーダーを節電して使用する方法

    2. BDレコーダーの電源を切り、電源コードをコンセントから抜きます。

      • 録画中の場合は、録画を停止してからおこなってください。
      • 電源コードを抜いている間は、録画や番組表の更新はできません。
    3. アンテナやLANケーブルなど、外部回線に接続しているケーブルも抜きます。

    4. 雷がおさまったら、電源コード・アンテナケーブル・LANケーブルを元通り接続してください。
      必要に応じて、手順 1 でおこなった[スタンバイモード]の設定を元に戻してください。

    雷のあと、電源が入らなくなったときは

    異常な電圧を検出した際、回路を遮断する機能がBDレコーダーには備わっています。
    この機能が働いた場合は、コンセントを抜いた状態でしばらくお待ちいただく必要があります。

    操作手順

    以下の詳細Q&Aをご覧いただき、電源コードの抜き差しの実施をお願いします。

    ▼詳細Q&A:
    本体をリセット(再起動)したい

     

    それでも改善しない場合は

    上記の内容をお試しいただいても改善しない場合は、
    ブルーレイディスクレコーダーの故障が考えられるため、修理のお申し込みをおすすめします。
    修理料金やお申し込み方法については、以下のページをご参照ください。

    修理のご相談
    https://www.sony.jp/support/repair.html