文書番号 : S1207259004835 / 最終更新日 : 2019/03/19

内蔵HDDに録画した番組をBDやDVDにダビングする方法

    内蔵HDDに録画した番組をBDやDVDにダビングする方法

    以下の内容を参考にダビング操作を行ってください。

    目次

    2016年以降発売モデルの場合

    2015年以前発売モデルの場合

    操作方法

    2016年以降発売モデルの場合


    操作手順
    1. レコーダーにディスクを入れます。

      参考
    2. リモコンの[ホーム]ボタンを押し、[ダビング]-[タイトルダビング]を選択して、[決定]ボタンを押します。

    3. ダビングしたいタイトルがある[内蔵HDD・後面USB HDD]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。

    4. [ディスク]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。

      参考

      DVDにダビングする際にデータを[追記]、または[初期化]を選択する画面が表示された場合があります。
      「追記」はDVDにあるタイトルは残したまま、新たなタイトルを追加できます。
      「初期化」はDVDにあるタイトル、写真、データなどをすべて削除してVRモードで初期化し、新たなタイトルのみダビングできます。

    5. ダビングしたいタイトルを選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。
      ※ダビングしたい順番に選択すると、番号がつきます。

    6. ダビングモードを変更する場合は、右側のオプションメニューから[ダビングモード設定]-[設定]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。

      参考
      • 元の画質より高画質のダビングモードを選択してダビングしても、画質は向上しません。
      • AC3 5.1chの音声が含まれているタイトルのダビングモードを変更してダビングすると、2chの音声になります。
      • ダビングするタイトルの合計が48時間を超える場合、ダビングモードは変更できません。
      • ダビングモードを変更すると、高速ダビングはできません。
    7. [ダビング実行]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。
      ※1度にダビングできるタイトル数は99個までです。

    8. 確認画面が表示されたら「はい」を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。

      参考
      • ディスクに入りきらない容量のタイトルを選んだ場合は、ダビングを開始できません。
        ダビングモードを変えるとダビングできる場合は、自動調整の画面が表示れます。
      • ​DVDには、高速ダビング(録画した画質のままダビング)できません。
    9. ダビングが開始されます。

      参考
      • ダビング中に本機の電源を切っても、ダビングは継続されます。
      • ダビングしたDVD-Rを他の機器で再生する場合は、ダビング後に[ホーム]画面から[削除/編集]-[ディスク管理]-[DVDファイナライズ]を選択し、ファイナライズをおこなってください。
         ※DVD-Rはファイナライズをおこなうと追記ができません。
         ※DVD-RWはダビング後に自動的にファイナライズされます。
      • 再生する機器によって、DVD-R(VRモード)の再生に対応していない場合があります。
        詳しくは機器の取扱説明書をご確認ください。

    2015年以前発売発売モデルの場合


    操作手順
    1. レコーダーにディスクを入れます。

      参考
    2. リモコンの[ホーム]ボタンを押し、[ビデオ]-[ディスクダビング]を選択して、[決定]ボタンを押します。

    3. [HDD→BD/DVDダビング]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。

      参考

      DVDの場合、VRモードとビデオモードのどちらで初期化するかを選択する画面が表示されます。
      他のVRモード対応のDVD機器で再生する場合は、「VRモード」を選んでください。

       関連Q&A
      「 VRモード 」と「 ビデオモード 」の違いや特長を教えてください。

    4. ダビングしたいタイトルを選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。
      ※1度に選択できるタイトル数は30個までです。

    5. 画面右側にある[実行]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。

      参考

      ディスクの容量が不足していると、ダビングモード自動調整の確認画面が表示されます。
      [はい] を選択すると、ディスクの残量に応じてダビングモードの設定を自動で変更してダビングします。
      ダビングモードを変更しても残量が足りない場合や管理情報が不足している場合は、ダビング実行時に「残量が足りないためにダビングできません」と表示されます。

      ※ダビングモード自動調整を利用する際や編集したタイトルをダビングする際は、高速ダビングはできません。

    6. DVDの場合、ファイナライズ選択画面が表示されるので、[ファイナライズする]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。
      ※BDの場合は、手順8に進んでください。

      参考
      • 他のDVD機器で再生する場合は、ファイナライズをおこなってください。
      • DVD-Rは、ファイナライズをおこなうと追記ができません。
        DVD-RWは、ファイナライズを解除することで追記ができます。
      • ソニー製のレコーダーで作成したファイナライズ済みのDVD-RW(ビデオモード)に追記する場合、ファイナライズ解除作業が自動的におこなわれます。
    7. [ダビング実行]、または[名前変更]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。
       ※[名前変更]を選択すると、ディスクの名前を変更することができます。

    8. ダビングが開始されます。
      ダビングが終了すると、ホームメニュー(XMB/クロスメディアバー)画面に戻ります。


    ▼関連Q&A: