文書番号 : S1206290039433 / 最終更新日 : 2016/12/26

[Windows 8] 操作をしない時間が続いたときに自動的に画面をロックする方法

    Q

    [Windows 8]
    操作をしない時間が続いたときに自動的に画面をロックする方法


    スクリーンセーバーの再開時にPCをロックする方法について。


    A

    [スクリーン セーバーの設定]画面で設定します


    対象製品

    Windows 8

    説明

    PCの電源が入った状態で一定時間操作を行わない状態が続くと、スクリーンセーバーが起動するように設定できます。
    また、PCから離れたときにほかの人が操作するのを防ぐため、スクリーンセーバーから再びPCの操作に戻る際に、画面をロックするように設定できます。

    画面をロックする設定を行うには、使用しているユーザーアカウントにパスワードが設定されている必要があります。
    下記の関連Q&Aを参照し、事前にパスワードを設定してください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] ユーザーアカウントのパスワードを作成する方法

    内容

    操作方法

    設定方法

    操作手順

    1. デスクトップ上の何もないところで右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから、[個人設定]を選択します。

      ▼関連Q&A:
      [Windows 8] デスクトップ画面を表示する方法

      右クリックメニュー

    2. [個人設定]画面が表示されるので、[スクリーン セーバー]を選択します。

      [個人設定]画面

    3. [スクリーン セーバーの設定]画面が表示されるので、[スクリーン セーバー]の下向き三角のボタンを選択して、設定したいスクリーンセーバーを選択し、スクリーンセーバーが開始されるまでの待ち時間を設定します。

      [スクリーン セーバーの設定]画面が

    4. [再開時にログオン画面に戻る]にチェックをつけて、[OK]ボタンを選択します。

      [スクリーン セーバーの設定]画面

    以上で操作は完了です。

    手順3で設定した時間を経過すると、スクリーンセーバーが起動します。
    再びPCの操作を行うためにキーボードやマウスなどを操作すると、ロック画面が表示されます。

    目次に戻る

    ロックを解除する方法

    操作手順

    1. スクリーンセーバー起動中に、キーボードの任意のキーを押します(タッチパネルの場合は画面をタップします)。

    2. スクリーンセーバーが終了し、ロック画面が表示されるので、下記のいずれかの操作を行います。

      • 任意の場所をクリックする。
      • 任意のキーを押す。
      • 画面の下端からスワイプする(タッチパネルの場合)。

      [ロック]画面

      • 画像は一例です。
    3. サインイン画面が表示されるので、設定している方法でサインインします。
      パスワードの入力画面が表示されている場合は、表示されているユーザー名を確認して、パスワードを入力します。

    以上で操作は完了です。

    参考

    目次に戻る