文書番号 : S1206219004308 / 最終更新日 : 2018/02/28

「C:13:01」など、「C:13」で始まる自己診断表示(エラーコード)が表示される。(ハンディカム)

対象製品カテゴリー・製品

Q

「C:13:01」など、「C:13」で始まる自己診断表示(エラーコード)が表示される。(ハンディカム)



A

自己診断機能が働いた時のエラーコードです。


内容

映像の記録に関係する部品の故障が考えられます。

対処方法

本体の電源を切った後、バッテリーとACアダプター/チャージャー(充電器)の電源コードを取り外し、約1分後に再び取り付けて電源を入れてください。

メモリーカードやDVDを挿入している場合は以下もご確認ください。

メモリーカード挿入時にエラーが表示される場合

本体のメモリーカードスロットとメモリーカードの接触不良の可能性があります。
乾いた布または綿棒などでメモリーカードの端子部分の汚れを拭き取り、メモリーカードを入れ直してください。

  • 端子部には、手や金属で触れないようにご注意ください。

また、複数のメモリーカードをお持ちの場合は、別のメモリーカードを挿入して、エラーの有無をご確認ください。

DVD挿入時にエラーが表示される場合
  1. カメラに対応したDVDが入っているかどうかをご確認ください。

    <対応DVD>
    DCR-DVD101/DVD201/DVD301:DVD-R/-RW
    DCR-DVD203/DVD403:DVD-R/-RW/+RW
    DCR-DVD405/DVD505:DVD-R/-RW/+RW
    DCR-DVD308/DVD508/DVD810:DVD-R/-RW/+RW/+R DL

  2. DVDにキズや汚れがないかご確認ください。

    ディスクの汚れ(ほこりや指紋など)を、クリーニングクロスでディスクの中心から外側へ向かって軽くふき取ってください。
    または、キズや汚れのない別のDVDをご使用ください。

  3. DVDディスクの品質が悪い可能性があります。
    頻繁にこのエラーが生じる場合は以下をご確認ください。

    ソニー製ディスク、または「for Handycam」表記やforVIDEOCAMERAアイコン(for VIDEO CAMERA)マークのある記録面に高性能保護膜を採用し表面保護処理を施したディスクのご使用をおすすめします。
    未処理のディスクよりも傷がつきにくくなっており、傷による記録/再生時のエラー発生が抑えられます。

    • 市販されているディスクの中には、DVD規格で規定された品質・性能を満たさない製品が存在します。
      そのようなディスクを使用した場合、ディスクに汚れ(ほこりや指紋など)が付着した場合と同様の現象が発生する可能性があります。
      必ずしも全てのディスクに対する書き込み性能や、読み出し互換性を保証するものではありません。

上記をおこなっても改善されない場合

上記をおこなっても改善しない場合は、故障と思われますので修理をお申し込みください。
修理料金の目安や修理のお申し込み方法については、以下のページをご覧ください。