文書番号 : S1012161084145 / 最終更新日 : 2016/09/27

[Windows Liveメール 2011-2012] メールにファイルを添付して送信する方法

    Q

    [Windows Liveメール 2011-2012]
    メールにファイルを添付して送信する方法


    • 「Microsoft Word」で作成した文書などのファイルをメールで送りたいです。
    • 写真をメールに添付して送る方法を教えてください。

    A

    [メッセージの作成]画面でファイルを添付します。画像をサイズ変更したい場合は、変更後、メールに添付します


    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    Windows Liveメール 2012
    Windows Liveメール 2011

    説明

    メールには、写真や「Microsoft Word」文書などさまざまな種類のファイルを添付して送信できます。
    一度に複数のファイルを添付したり、「Windows Live フォトギャラリー」を使用し、写真のサイズを変更した写真を添付することもできます。

    内容

    事前確認

    目次に戻る

    操作方法

    [メッセージの作成]画面からファイルを添付する方法

    操作手順

    • 下記の手順で使用している画像は一例です。
      ご使用のOSやアプリのバージョンにより、表示される画面が異なる場合があります。
    1. 「Windows Liveメール」を起動します。

    2. [Windows Liveメール]画面が表示されるので、[電子メールメッセージ]を選択します。

      [Windows Live メール]画面

    3. [メッセージの作成]画面が表示されるので、[ファイルの添付]を選択します。

      [メッセージの作成]画面

    4. [開く]画面が表示されるので、添付したいファイルを選択し、[開く]ボタンを選択します。

      [開く]画面

      参考

      一度に複数のファイルを添付する場合は、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら選択します。
      添付したいファイルをすべて選択したら、[開く]ボタンを選択します。

    5. 選択したファイルが添付されていることを確認します。

      • 添付するファイルを追加したい場合は、手順3~手順4の操作を繰り返します。

      [メッセージの作成]画面

    6. 宛先、件名など必要な項目を入力し、[送信]ボタンをクリックしてメールを送信します。

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    「Windows Live フォトギャラリー」から写真のサイズを変更して添付する方法
    ご注意

    この操作を行うには、あらかじめ「Windows Live フォトギャラリー」をインストールしておく必要があります。

    操作手順

    • 下記の手順で使用している画像は一例です。
      ご使用のOSやアプリのバージョンにより、表示される画面が異なる場合があります。
    1. [Windows Live フォトギャラリー]、または[フォト ギャラリー]を起動します。

    2. 添付したい画像ファイルが保存されているフォルダーを開いて画像を選択します。

      [Windows Live フォトギャラリー]画面

      参考

      一度に複数のファイルを添付する場合は、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら画像を選択します。

    3. [フォトメール]の[▼]を選択して、[写真を添付ファイルとして送信]を選択します。

      [Windows Live フォトギャラリー]画面

    4. [ファイルを準備しています]画面が表示されるので、[写真のサイズ]欄の下向き三角のボタンを選択して、一覧から任意のサイズを選択し、[添付]ボタンを選択します。

      [ファイルを準備しています]画面

    5. 「Windows Liveメール」の[メッセージの作成]画面が表示されるので、選択したファイルが添付されていることを確認します。

      [メッセージの作成]画面

    6. 宛先、件名など必要な項目を入力し、[送信]ボタンを選択してメールを送信します。

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    参考情報

    添付ファイルつきのメールを送信した先(受信側)のメールアプリが「Windows Liveメール」の場合、「禁止されているファイルの種類です。」と表示されて添付ファイルが開けないことがあります。
    「Windows Liveメール」には、ウイルスやスパイウェアなどの危険が含まれている可能性のある添付ファイルを検知するセキュリティー機能があり、添付ファイルをブロックするためです。
    添付ファイルを開くには、このセキュリティー機能を無効にする必要があります。
    添付ファイルつきのメールを送信した先(受信側)で、下記の操作を行ってください。

    ご注意

    下記の操作を行うと、ウイルスに感染している可能性がある添付ファイルつきのメールも受信されます。
    添付ファイルを確認した後は、設定を戻してご使用ください。

    操作手順

    • 下記の手順で使用している画像は一例です。
      ご使用のOSやアプリのバージョンにより、表示される画面が異なる場合があります。
    1. 「Windows Liveメール」を起動します。

    2. [迷惑メール]の[▼]を選択し、[セキュリティのオプション]を選択します。

      [Windows Liveメール]画面

    3. [セキュリティのオプション]画面が表示されるので、[セキュリティ]タブを選択し、[ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない]のチェックをはずします。

      [セキュリティのオプション]画面

    4. [OK]ボタンを選択して[セキュリティのオプション]画面を閉じます。

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る