文書番号 : S0701221024436 / 最終更新日 : 2019/03/19

[VAIOデータレスキューツール Ver.1.*-Ver.2.*] VAIOデータレスキューツールの制限事項・注意事項

     
    Q

    [VAIOデータレスキューツール Ver.1.*-Ver.2.*]
    VAIOデータレスキューツールの制限事項・注意事項

    「VAIOデータレスキューツール」を使用時の注意事項と制限事項について教えてください。

     
    A

    「VAIOデータレスキューツール」を使用時の注意事項、および制限事項については各項目をご参照ください

    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    VAIOデータレスキューツール Ver.2.*
    VAIOデータレスキューツール Ver.1.*

    内容

    説明

    注意事項
    • VAIO本体、またはハードディスクから異音(正常作動時には発生しない音)がしたり、VAIO本体に振動や放熱などの異常が認められた場合は、「VAIOデータレスキューツール」を使用しないでください。
      異音や異常が発生した状態で使用すると、ハードディスクを破損させる場合があります。

    • レスキューデータの保管、および管理については充分注意してください。

    • 「VAIOデータレスキューツール」は、ハードディスク、またはSSD上のすべてのデータのバックアップを保証するものではありません。
      データの損失については一切責任をおいかねますのであらかじめご了承ください。

    • ご使用のハードディスクの状態によっては、お客様が必要とされるファイルをレスキューできない場合があります。
      また、レスキューされたファイルの内容が正しくない場合があります(ファイル情報やファイル自体が破損している場合など)。

    • ハードディスク、またはSSDの暗号化機能を使用している場合は、暗号化機能を解除して使用してください。
      ただし、暗号化されていないデータは、リカバリーメディア(リカバリーディスク)や「VAIOリカバリーセンター」、または「VAIO Careレスキュー」を使って第三者から読み取られる可能性があります。
      バックアップ後は、大切なデータを守るために、BIOSのパスワードを設定したり、再度暗号化機能を有効にしたりしてください。
      また、リカバリーメディアは安全な場所に保管してください。

    • 「VAIOデータレスキューツール」を使用する場合には、必ず電源に接続して使用してください。

    • 著作権保護されている音楽ファイルやワンセグ放送、または地上デジタル放送のデータなどは、データを取り込んだときに使用したソフトウェアの専用バックアップツールをお使いください。
      専用バックアップツールでバックアップを行っていない場合は、著作権保護されているデータの動作保証はいたしません。

    • 各種著作権保護技術によって複製が制限されている音楽データなどの素材については、「VAIOデータレスキューツール」によってレスキューできない場合があり、またレスキューされたとしても、データが使用できない場合があります。

    • 外付けハードディスクやCD/DVD/BDドライブを接続して、データをレスキューする場合は、「VAIOデータレスキューツール」を起動する前にドライブを接続してください。

    • 外付けハードディスクやCD/DVD/BDドライブは、データのレスキューが完了するまで取りはずさないでください。

    • 外付けハードディスクやCD/DVD/BDドライブはUSB、またはi.LINKで接続してください。

    • USB接続以外の外付けハードディスクやCD/DVD/BDドライブなどの場合は、ドライバーのインストールが必要になることがあります。

    • レスキューデータをCD/DVD/BDメディアに保存する場合は、あらかじめフォーマットされているメディアをご使用ください。

    • データをレスキューした場合、選択されたデータの保存先によって、ファイルが分割されたりリネームされている場合がありますので、「VAIOデータレスキューツール」を使ってバックアップしたデータは、「VAIOデータリストアツール」を使って復元してください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIOデータリストアツール Ver.1.*] レスキューデータを復元する方法

    • バックアップしたデータが不正に使用されないよう、注意して管理してください。

    • 「VAIOリカバリーセンター」、「VAIO Careレスキュー」は、リカバリーメディアがあると起動できてしまいます。
      内蔵ハードディスク、またはSSD内のデータが不正に使用されないよう、リカバリーメディアを安全な場所に保管してください。

    目次に戻る

    制限事項
    • 「VAIOデータレスキューツール」で使用できるメディアは以下になります。

      • VAIOに搭載されているドライブによって使用できるメディアが異なります。
      メディア備考
      USBフラッシュメモリー 
      SDカード/マルチメディアカード(MMC) 
      コンパクトフラッシュ 
      スマートメディア/xD-ピクチャーカード 
      CD-R/RW「VAIOデータレスキューツール Ver.2.0」まで対応。
      DVD+R/RW(Single Layer) 
      DVD-R/RW(Single Layer、およびDual Layer)DVD-RのDual Layerは「VAIOデータレスキューツール Ver.2.1」から対応。
      DVD+R(Double Layer) 
      DVD-RAM「VAIOデータレスキューツール Ver.2.0」まで対応。
      BD-R/RE(Single Layer) 
      BD-R/RE(Double Layer) 
      BD-R XL/BD-RE XL(BDXL)「VAIOデータレスキュー Ver.2.5」から対応。
      ご注意

      VPCLシリーズ、およびVGC-JSシリーズの一部のモデルでは、CDメディア以外のメディアにデータを書き込むことができない問題が確認されています。

    • CD-R/RWメディアの場合、作成できるメディアの上限は20枚です。

    • ファイルシステムは、UDF2.01(ブルーレイディスク以外の場合)、またはUDF2.5(ブルーレイディスクの場合)です。

    • 「VAIOデータレスキューツール」を使用中に64時間、または72時間が経過すると、自動的に書き込みが中断され、PCが再起動します。
      「VAIOデータレスキューツール Ver.2.*」をご使用の場合は、中断したところから作業を再開することはできませんのでご注意ください。

      • ご使用のモデルにより時間が異なります。
    • 以下のファイルはレスキューすることができません。

      • TPM機能などで暗号化されたファイルや「SonicStage」で取り込んだ音楽データなどの著作権保護データが付加されたファイル
      • ごみ箱に入っているファイル

    目次に戻る

    目次に戻る