文書番号 : S0309220014755 / 最終更新日 : 2019/03/19

[VAIOリカバリユーティリティVer.1.5] リカバリー(再セットアップ・初期化)する方法

    Q

    [VAIOリカバリユーティリティVer.1.5]
    リカバリー(再セットアップ・初期化)する方法


    「VAIOリカバリユーティリティ」を使用して、リカバリー(再セットアップ・初期化)する方法について教えてください。


    A

    「VAIOリカバリユーティリティ」では、3種類のリカバリー(再セットアップ・初期化)方法を選択できます


    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    VAIOリカバリユーティリティVer.1.5

    説明

    通常は、「Cドライブのリカバリー」を推奨しています。

    内容

    事前確認

    ご注意
    • ソニーでは、工場出荷時のハードディスクイメージ、または「リカバリディスク」、「VAIOリカバリユーティリティ」で工場出荷時状態と同等にした場合をサポートの前提としています。
      工場出荷時状態からパーティションを変更してインストールしたり、ソフトウェアを削除したり、一部のソフトウェアのみのインストール状態での使用など、特定の状態のみで発生する現象、または不具合については、回避方法などをご案内できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

    • パーティションサイズを工場出荷時の状態で使用している場合には、「Cドライブのリカバリー」を推奨しています。
      このリカバリー方法では、Dドライブのデータは保持されるので、バックアップデータを保存しておくことが可能です。
      以下のように、問題の原因がDドライブにあると思われる場合には、「出荷時状態へリカバリー」を行い、問題の解決を試みてください。
      ただし、このリカバリー方法ではすべてのデータが削除されます。

      • Dドライブにソフトウェア・別OSなどをインストールしている。
      • Dドライブを使用するソフトウェアで問題が発生している。
      • ウイルスに感染している可能性があり、感染範囲を特定できない。
    • その他、リカバリー時の注意事項については、下記をご参照ください。

    • 下記のような操作を行った場合などに、ハードディスクのリカバリー領域の情報が書き換わってしまい、ハードディスクのリカバリー領域からリカバリーができなくなることがあります。

      • パーティションを操作するソフトウェアを使用する
      • 出荷時以外のOSをインストールする
      • VAIOリカバリユーティリティを使用せずにハードディスクドライブをフォーマットする

      このような場合は、お客様が作成したリカバリーディスクによりリカバリーが必要となります。
      そのため、事前にリカバリーディスクを作成することをおすすめします。

    目次に戻る

    操作方法

    Cドライブをリカバリーする方法
    ご注意

    下記の操作を行うと、それ以前にあったCドライブのデータは失われてしまいます。
    必要なデータがある場合は、事前に必ずデータのバックアップを行ってください。
    また、Dドライブに必要なデータがある場合は、念のためバックアップを行うことをおすすめいたします。

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIOリカバリツール]-[VAIOリカバリユーティリティ]をクリックします。

      ご注意

      Windowsが起動しない場合は、PC本体の電源投入直後「Sony」ロゴ(または「VAIO」ロゴ)が表示されたときに[F10]キーを何度も押すと、「VAIOリカバリユーティリティ」が起動します。
      起動後は、手順4へお進みください。

    2. [VAIO リカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      [VAIOリカバリユーティリティ]画面

    3. Windowsを再起動する旨のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ表示画面

    4. 再起動後、[VAIOシステムリカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      [VAIOシステムリカバリユーティリティ]画面

    5. [リカバリについてのご注意]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリについてのご注意]画面

    6. [C:ドライブのリカバリ]にチェックをつけ、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリ メニュー]画面

    7. [実行確認]画面が表示されるので、内容を確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [実行確認]画面

    8. 下記メッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「リカバリを開始して本当によろしいですか?
      よろしければ[はい]をクリックしてください。」

      メッセージ表示画面

    9. 自動的にリカバリーが開始されます。

    10. システムリカバリー完了後、下記メッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「「システムリカバリ」の処理が完了しました。
      [OK]をクリックすると次へ進みます。」

      メッセージ表示画面

    11. 「「システムリカバリ」が完了しました。」と表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

      メッセージ表示画面

    12. Windowsが自動的に再起動するので、PCの画面に沿って、Windowsをセットアップします。

      ご注意

      Windowsのロゴの画面が表示されてから、[Microsoft Windowsへようこそ]画面が表示されるまでにしばらく時間がかかります。
      途中、マウスポインターだけがしばらく表示されていますが、[Microsoft Windowsへようこそ]画面が表示されるまで、そのままお待ちください。
      途中で電源を切るなどの操作を行うと、本体の故障の原因となります。
      必ず画面の指示にしたがって操作してください。

    13. Windowsの起動後、[VAIOアプリケーションリカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      [VAIOアプリケーションリカバリユーティリティ]画面

    14. 「Adobe Premiere 6.5」をプリインストールしたVAIOをご使用の場合は、付属のCD-ROMから「Adobe Premiere 6.5」をインストールします。
      それ以外のVAIOをご使用の場合は、手順16に進んでください。

    15. [Adobe(R) Premiere(R) 6.5日本語版を本機にインストールします。]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。
      引き続き、自動的に残りのソフトウェアのリカバリーが開始されます。

    16. 「Microsoft Office Personal Edition」がプリインストールされていないVAIOをお使いの場合は、しばらくすると「「アプリケーションリカバリ」が完了しました。」とメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックし、Windowsを再起動します。

      完了メッセージ表示画面

      「Microsoft Office Personal Edition」がプリインストールされたVAIOをお使いの場合は、引き続き「Microsoft Office Personal Edition」のインストールを行ってください。

    以上で、リカバリーは完了です。

    目次に戻る

    パーティションサイズを変更してリカバリーする方法
    ご注意

    本操作を行うと、それ以前にあったデータは、Cドライブ、Dドライブともに失われてしまいます。

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIOリカバリツール]-[VAIOリカバリユーティリティ]をクリックします。

      ご注意

      Windowsが起動しない場合は、PC本体の電源投入直後「Sony」ロゴ(または「VAIO」ロゴ)が表示されたときに[F10]キーを何度も押すと、「VAIOリカバリユーティリティ」が起動します。
      起動後は、手順4へお進みください。

    2. [VAIOリカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      [VAIO リカバリユーティリティ]画面

    3. Windowsを再起動する旨のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ表示画面

    4. 再起動後、[VAIOシステムリカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      [VAIOシステムリカバリユーティリティ]画面

    5. [リカバリについてのご注意]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリについてのご注意]画面

    6. [パーティションサイズを変更してリカバリ]にチェックをつけ、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリ メニュー]画面

    7. [パーティション メニュー]画面が表示されるので、[▼]ボタンをクリックして任意のパーティションサイズを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [パーティション メニュー]画面

    8. [実行確認]画面が表示されるので、内容を確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [実行確認]画面

    9. 下記メッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「リカバリを開始して本当によろしいですか?
      よろしければ[はい]をクリックしてください。」

      メッセージ表示画面

    10. 自動的にリカバリーが開始されます。

    11. システムリカバリー完了後、下記メッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「「システムリカバリ」の処理が完了しました。
      [OK]をクリックすると次へ進みます。」

      メッセージ表示画面

    12. 「「システムリカバリ」が完了しました。」と表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

      メッセージ表示画面

    13. Windowsが自動的に再起動されるので、PCの画面に沿って、Windowsをセットアップします。

      ご注意

      Windowsのロゴの画面が表示されてから、[Microsoft Windowsへようこそ」]面が表示されるまでにしばらく時間がかかります。
      途中、マウスポインターだけがしばらく表示されていますが、[Microsoft Windowsへようこそ]画面が表示されるまで、そのままお待ちください。
      途中で電源を切るなどの操作を行うと、本体の故障の原因となります。
      必ず画面の指示にしたがって操作してください。

    14. Windowsの起動後、[VAIO アプリケーションリカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      [VAIOアプリケーションリカバリユーティリティ]画面

    15. 「Adobe Premiere 6.5」をプリインストールしたVAIOをご使用の場合は、付属のCD-ROMから「Adobe Premiere 6.5」をインストールします。
      それ以外のVAIOをご使用の場合は、手順17に進んでください。

    16. [Adobe(R) Premiere(R) 6.5日本語版を本機にインストールします。]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。
      引き続き、自動的に残りのソフトウェアのリカバリーが開始されます。

    17. 「Microsoft Office Personal Edition」がプリインストールされていないVAIOをお使いの場合は、しばらくすると「「アプリケーションリカバリ」が完了しました。」とメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックし、Windowsを再起動します。

      完了メッセージ表示画面

      「Microsoft Office Personal Edition」がプリインストールされたVAIOをお使いの場合は、引き続き「Microsoft Office Personal Edition」のインストールを行ってください。

    以上で、リカバリーは完了です。

    目次に戻る

    工場出荷時状態へリカバリーする方法
    ご注意

    本操作を行うと、それ以前にあったデータは、Cドライブ、Dドライブともに失われてしまいます。

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIOリカバリツール]-[VAIOリカバリユーティリティ]をクリックします。

      ご注意

      Windowsが起動しない場合は、PC本体の電源投入直後「Sony」ロゴ(または「VAIO」ロゴ)が表示されたときに[F10]キーを何度も押すと、「VAIOリカバリユーティリティ」が起動します。
      起動後は、手順4へお進みください。

    2. [VAIOリカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      [VAIOリカバリユーティリティ]画面

    3. Windowsを再起動する旨のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ表示画面

    4. 再起動後、[VAIO システムリカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      [VAIO システムリカバリユーティリティ]画面

    5. [リカバリについてのご注意]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリについてのご注意]画面

    6. [出荷時状態へリカバリ]にチェックをつけ、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリ メニュー]画面

    7. [実行確認]画面が表示されるので、内容を確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [実行確認]画面

    8. 下記メッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「リカバリを開始して本当によろしいですか?
      よろしければ[はい]をクリックしてください。」

      メッセージ表示画面

    9. 自動的にリカバリーが開始されます。

    10. システムリカバリー完了後、下記メッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ内容:
      「「システムリカバリ」の処理が完了しました。
      [OK]をクリックすると次へ進みます。」

      メッセージ表示画面

    11. 「「システムリカバリ」が完了しました。」と表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

      メッセージ表示画面

    12. Windowsが自動的に再起動するので、PCの画面に沿って、Windowsをセットアップします。

      ご注意

      Windowsのロゴの画面が表示されてから、[Microsoft Windowsへようこそ]画面が表示されるまでにしばらく時間がかかります。
      途中、マウスポインターだけがしばらく表示されていますが、[Microsoft Windowsへようこそ]画面が表示されるまで、そのままお待ちください。
      途中で電源を切るなどの操作を行うと、本体の故障の原因となります。
      必ず画面の指示にしたがって操作してください。

    13. Windows起動後に[VAIO アプリケーションリカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      [VAIO アプリケーションリカバリユーティリティ]画面

    14. 「Adobe Premiere 6.5」をプリインストールしたVAIOをご使用の場合は、付属のCD-ROMから「Adobe Premiere 6.5」をインストールします。
      それ以外のVAIOをご使用の場合は、手順16に進んでください。

    15. [Adobe(R) Premiere(R) 6.5日本語版を本機にインストールします。]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。
      引き続き、自動的に残りのソフトウェアのリカバリーが開始されます。

    16. 「Microsoft Office Personal Edition」がプリインストールされていないVAIOをお使いの場合は、しばらくすると「「アプリケーションリカバリ」が完了しました。」とメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックし、Windowsを再起動します。

      完了メッセージ表示画面

      「Microsoft Office Personal Edition」がプリインストールされたVAIOをお使いの場合は、引き続き「Microsoft Office Personal Edition」のインストールを行ってください。

    以上で、リカバリーは完了です。

    目次に戻る

    参考情報

    リカバリーメディアを使用して再セットアップする方法、およびリカバリーメディアの差異については、下記の関連Q&Aをご参照ください。
    また、ハードディスク内にリカバリー領域がない場合は、下記メッセージが表示され「VAIOリカバリユーティリティ」を使用できません。
    その場合も、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    メッセージ内容:
    「リカバリ領域が削除されています。
    リカバリーディスクで本機を工場出荷時状態に戻した後、もう一度「VAIO リカバリユーティリティ」を起動してください。」

    メッセージ表示画面

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。