文書番号 : S1411110068095 / 最終更新日 : 2018/02/28

本体前面のLEDが「一箇所のみ点灯/それ以外すべて点滅」、または「センターLEDのみ点滅」し、操作ができない。

    Q

    本体前面のLEDが「一箇所のみ点灯/それ以外すべて点滅」、または「センターLEDのみ点滅」し、操作ができない。

     
    A

    ご不便をおかけしております。以下の対処方法をお試し頂いても症状が改善しなかった場合は、故障の可能性があります。

    内容

    事前確認

    本体前面のLEDが点灯、点滅して操作できない場合は、修理を必要とする故障の可能性があります。
    ※BDZ-ET2200/ET1200では、「録画3」ランプも点滅します。
    ※BDZ-E520では、「録画」ランプが点滅します。

    • “ネットワーク”のみ点灯、その他のLEDは点滅。

      ネットワークのみ点灯、それ以外は点滅

    • “HDD”のみ点灯、その他のLEDは点滅。

      HDDが点灯、それ以外は点滅

    • “ディスク”のみ点灯(赤)、その他のLEDは点滅。

      ディスクのみ点灯、それ以外は点滅

    • “録画予約”のみ点灯、その他のLEDは点滅。

      録画予約のみ点灯、それ以外は点滅

    • “センターLED”のみ点滅。

      起動の準備や電源が切れる準備をしているときの動作です。起動完了や電源「切」まで数十秒かかることがありますので、通常はそのままお待ちください。
      点滅したまま長時間経過している場合に、STEP1へ進んでください。

      センターLEDのみ点滅

    ご注意

    上記の上から4つの状態と似ていますが、前面扉内の「番組おでかけ」や「カメラ取込み」などが消灯している場合は、本体のソフトウェアアップデート中です。
    その間は操作がおこなえないため、アップデートが終了するまでしばらくお待ちください。

    ▼詳細Q&A:
    本機前面のランプ「録画1」「録画予約」「ディスク」「ネットワーク」「センターLED」が点滅し操作することができません。

    また、本体前面のすべてのLEDが点滅している場合は、本機の内部温度が上昇している恐れがあります。
    下記Q&Aの対処方法をご確認ください。

    ▼詳細Q&A:
    本体前面のLEDが全部点滅して、操作できない

    目次に戻る

    対処方法

    リセット(再起動)します
    開閉ボタンを押してディスクを取り出します。(ディスクが入っている場合のみ)

    開閉ボタンを押しても取り出しができない場合は、強制的にディスクを取り出します。

    操作手順

    1. 本体の電源を切ります。

    2. 何も表示されない状態(機種によっては、時計が表示されている状態)になったら電源コードを抜きます。

    3. 本体の開閉ボタンを押しながら、電源コードをつなぎ直します。

    4. トレイが開いたら、開閉ボタンから指をはなします。

    5. ディスクをトレイから取り出します。

    改善しない場合は、STEP3 をご覧ください。

    目次に戻る

    リセット(再起動)します。

    ディスクを取り出したら、本機をリセット(再起動)します。

    操作手順

    1. テレビの電源をスタンバイ(リモコンで電源を切った状態)にします。

    2. 本体の前扉を開けて、つまようじなどの先の尖ったものでリセットボタンを押します。

      リセットボタンを押します。

    3. 完全に電源が切れるまで、3~4分程度お待ちください。

    4. 本体の電源ボタンを押して、本機を起動してください。

    改善しない場合は、STEP2 をご覧ください。

    目次に戻る

    電源コードを抜き差しします

    電源コードを抜き差しし、静電気を排出します。

    操作手順

    1. 電源コードを抜きます。

    2. 数分~数十分経ってから、電源コードをつなぎ直します。

    3. 本体の電源ボタンを押し、本機を起動させます。

    目次に戻る

    それでも改善しない場合は

    上記の内容をお試しいただいても改善しない場合は、
    ブルーレイディスクレコーダーの故障が考えられるため、修理のお申し込みをおすすめします。
    修理料金やお申し込み方法については、以下のページをご参照ください。

    修理のご相談
    https://www.sony.jp/support/repair.html

     

    目次に戻る

    参考

    BDレコーダーの「エラー」や「故障」と「熱」の関係

    「エラー」や「故障」の原因の一つは、BDレコーダー内部の温度の上昇です。 それを防ぐために、BDレコーダーには「冷却用のファン」や「通気口」が付いていますが、空気の循環によってほこりが内部に蓄積すると、温度が上昇しやすくなります。 場合によっては、設置する場所が温度の上昇につながることもあります。トラブルを未然に防ぐために、定期的なお手入れや設置する場所の見直しをしてみませんか?

    BDレコーダーのお手入れについて~定期的にお手入れをしてBDレコーダーを快適に使おう!~

    目次に戻る