文書番号 : S1307010051888 / 最終更新日 : 2016/09/27

[SVD1321*] スリープ後、パスワードや顔認証が求められるまでの時間を設定する方法

    Q

    [SVD1321*]
    スリープ後、パスワードや顔認証が求められるまでの時間を設定する方法


    • スリープ復帰時にパスワード、または顔認証(FastAccess)を求められる時間を設定する方法を教えてください。
    • スリープ後、画面ロックがかかるまでの時間を設定できますか。

    A

    [PC 設定]画面の[ユーザー]から設定します


    対象製品

    ノートブックPC
    SVD1321シリーズ
    アプリケーションソフトウェア
    FastAccess

    内容

    事前確認

    スリープから復帰時のパスワード保護が無効になっている場合は、本Q&Aの設定が行えません。
    事前にパスワード保護を有効にしてください。
    設定する方法については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    • 工場出荷時状態では、有効になっています。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] スリープから復帰時のパスワード保護を有効/無効にする方法

    目次に戻る

    操作方法

    操作手順

    1. [PC 設定]画面を表示します。

      ▼関連Q&A:
      (リンク集) [Windows 8] [PC 設定]画面の概要

    2. [PC 設定]画面が表示されるので、[ユーザー]を選択します。

      [PC 設定]画面

    3. [サインイン オプション]の[ディスプレイがオフになっていた時間が次の時間を超えた場合はパスワードの入力を求める]の下向き三角のボタンを選択し、任意の項目を選択します。

      • 常にパスワードの入力を求める
      • 1分
      • 2分
      • 3分
      • 5分
      • 10分
      • 15分
      • パスワードの入力を常に求めない

      [PC 設定]画面

      参考

      [常にパスワードの入力を求める]、および[パスワードの入力を常に求めない]以外を選択した場合、スリープ開始から選択した時間になるまでに復帰した際は、パスワードの入力画面が表示されません。

    目次に戻る