文書番号 : S1210240043255 / 最終更新日 : 2019/03/19

[VAIO Care Ver.8.*] ハードウェアを診断する方法

対象製品カテゴリー・製品

Q

[VAIO Care Ver.8.*]
ハードウェアを診断する方法


  • 「VAIO Care」を使用して、ハードウェアを診断する方法について教えてください。
  • ハードウェアを診断する際の注意事項を教えてください。

A

使用方法を誤ると、正しくない結果が検出される可能性があります。診断を行う前に、以下の注意事項をご確認の上、診断を行ってください


対象製品

アプリケーションソフトウェア
VAIO Care Ver.8.*(デスクトップ版)

説明

PCに発生する不具合には、ハードウェアが故障している場合と、アプリやPCの設定などが原因となっている場合があります。
「VAIO Care」のハードウェア診断機能を使用して、VAIOに不具合が発生した際に、ハードウェアに故障があるかどうかを診断できます。

[診断]画面

  • 画像は一例です。

内容

事前確認

「VAIOハードウェア診断ツール」のバージョンにより、診断機能が異なることがあります。
バージョンの確認方法については、下記をご参照ください。

  • 64ビットOSの場合

    C:\Program□Files□(x86)\Sony\VAIO□Recovery\plugins\vhdversion.txt
    • 上記の□は半角スペースです。
  • 32ビットOSの場合

    C:\Program□Files\Sony\VAIO□Recovery\plugins\vhdversion.txt
    • 上記の□は半角スペースです。

▼関連Q&A:
[Windows 7] インストールされているWindows 7が32bit版か64bit版のどちらか

目次に戻る

操作方法

診断を行う際の注意事項
  • 「VAIO Care」は、最新のバージョンにアップデートしてご使用ください。

  • 通常起動で実行してください。
    セーフモードで診断を行うと、正しい結果を得られません。

  • 常駐しているプログラムで終了可能なものは、すべて終了してから診断を行います。
    システムを常時監視しているアプリ(ウイルス除去アプリなど)や、アプリが常駐している環境では、正しい診断結果が得られない、実行にかかる時間が非常に遅くなる、途中で停止するなどの可能性があります。

  • 「VAIO Care」のハードウェア診断は、VAIO本体各部のハードウェアをテストするための機能です。
    ネットワーク、USBなどの一部の項目を除き、周辺機器を診断したり、周辺機器が接続された状態を診断する機能はありません。

目次に戻る

ハードウェアを診断する方法

操作手順

  • ご使用のモデルにより表示される画面が異なる場合があります。
  1. Windowsが起動した状態で、本体の[ASSIST]ボタンを押します。

    参考

    アプリ一覧からも「VAIO Care(Desktop)」を起動できます。

    • デスクトップ版の「VAIO Care」は、[アプリ]画面に表示されています。
  2. [VAIO Care]画面が表示されるので、[その他の機能]を選択し、[診断]を選択します。

    [VAIO Care]画面

  3. 診断できる項目の一覧が表示されるので、診断したい項目を選択します。

    [診断]画面

  4. 手順3.で選択した項目の診断が始まるので、表示される画面に沿って操作を行います。

    [CPUテスト]画面

    • 上記はCPUテストの場合の画面です。

目次に戻る

診断できる項目

「VAIO Care」の[その他の機能]-[診断]を選択すると、以下の項目について個別に診断ができます。
高度な診断をする場合は、[VAIO Care の設定]画面で設定を変更する必要があります。
操作手順については、参考情報をご参照ください。

  • 診断できる項目は、ご使用のモデルにより異なります。
  • ネットワークとワイヤレス

    インターネットへの接続を自動的に診断し、修復します。

  • CPU

    CPUの状態(パフォーマンスなど)を診断します。

  • メモリー

    「Windows メモリ診断ツール」でメモリーにエラーがあるかを診断します。
    すぐに再起動して問題を診断するか、次回PCを起動する際に診断するかを選べます。

    ご注意
    • すぐに再起動して診断を行う場合は、必ず作業中のファイルを保存し、起動中のプログラムをすべて終了してください。
    • メモリーの診断は、止まっているように見えても続いています。診断が終わるまで、PCを使い始めないでください。
    • PCを再起動して診断が始まってから数分かかる場合があります。メモリーの診断が終わると、PCは自動的に再起動します。
  • ハードディスク

    ハードディスクのパフォーマンスを評価します。
    診断したいドライブを選んで[OK]を選択します。

    ご注意
    • 上級者向けの高度な診断を表示している場合は、この項目は表示されません。
    • 搭載されているハードディスクのサイズによって、診断にかかる時間が変わります。目安は100GBで1時間です。
    • 暗号化されたハードディスクは診断できません。
  • ディスプレイ

    PCのビデオカード(ディスプレイアダプター)とビデオドライバーのパフォーマンスを診断します。
    ビデオカードとビデオドライバーは、液晶ディスプレイに画像などを表示する際に使用されます。

    ご注意

    ビデオの診断を始めると、液晶ディスプレイでは色とパターンが次々に表示されます。
    パターンは高速で点滅する場合がありますので、近くで液晶ディスプレイを見ないようにご注意ください。

  • CDドライブ

    CDドライブのパフォーマンスを分析します。
    データを記録しているCDメディアをドライブに入れてください。

    • 「VAIOハードウェア診断ツール Ver.4.4」以降をご使用の場合は、音楽CDでの診断が可能です。
  • DVDドライブ

    DVDドライブのパフォーマンスを分析します。
    データを記録しているDVDメディアをドライブに入れてください。

    • 「VAIOハードウェア診断ツール Ver.4.4」以降をご使用の場合は、DVDビデオでの診断が可能です。
      なお、ブルーレイレコーダーやDVDレコーダーで作成したDVDビデオは、ファイナライズ処理されている場合のみ診断できます。
  • メモリースティックコントローラー

    メモリースティックスロットとドライバーが正常に動作するかを診断します。
    メモリースティックをメモリースティックスロットに入れてください。
    この診断では、メディア自体のチェックは行いません。

  • SDスロットコントローラー

    SDメモリーカードスロットとドライバーが正常に動作するかを診断します。

    ご注意

    [SDスロットコントローラー]項目は「VAIOハードウェア診断ツール Ver.4.4」以降から表示されます。
    また、診断に使用するSDカードには、1KB以上の空き領域が必要です。

  • USB

    USBポートの動作を診断します。
    USBの診断は、USBのインターフェイスとドライバーの診断のみで、取り付けられたUSB機器の診断は行いません。

    ご注意

    USB接続のキーボード、マウスが付属しているモデルの場合は、接続しているままの状態で診断を行います。
    上記以外のUSB機器を接続している場合は、取りはずしてから診断を行います。

  • LAN

    ネットワークアダプターの機能を診断します。
    この診断では、インターネットの接続テストは行いません。

  • バッテリー

    バッテリーの充電の能力を計測します。
    バッテリーの状態として、バッテリーの状態として、[良好]、[正常]、[注意]、[警告]のいずれかがバッテリー診断の画面に表示されます。
    バッテリーの状態が[注意]、または[警告]の場合には、できるだけ早くバッテリーを交換してください。

    [バッテリーの充電能力]画面

  • ブルーレイドライブ

    ブルーレイディスクドライブのパフォーマンスを分析します。
    データを記録しているブルーレイディスクをドライブに入れてください。
    また、下記の条件を満たしている場合は、BDXLメディアでの診断が行えます。

    • 「VAIOハードウェア診断ツール Ver.4.4」以降がインストールされている
    • BDXL対応のブルーレイディスクドライブを搭載している
  • メディアチェック

    CD/DVD/BDドライブに入っているメディアの種類を調べます。
    種類を調べたいメディアをドライブに入れてください。
    また、下記の条件を満たしている場合は、BDXLメディアの種類を調べられます。

    • 「VAIOハードウェア診断ツール Ver.4.4」以降がインストールされている
    • BDXL対応のブルーレイディスクドライブを搭載している
  • ハードディスク(簡易診断)

    • 高度な診断
    ご注意
    • RAIDやSSDは診断できません。
    • 「VAIO Care Ver.8.1」以降で表示されます。

    外部スキャン、内部スキャン、ランダム読み出しのテストを行います。
    ハードディスクのサイズや保存しているデータ量、テストで確認する問題の数や複雑さにもよりますが、このテストには1分から5分かかります。
    進行状況は、[VAIO Care]画面の右下に表示されます。

    ハードディスク(簡易診断)

  • ハードディスク(詳細診断)

    • 高度な診断
    ご注意
    • RAIDやSSDは診断できません。
    • 「VAIO Care Ver.8.1」以降で表示されます。

    この診断では、ハードディスクの各領域を読み出すテストを行います。
    ハードディスクのサイズや保存しているデータ量、テストで確認する問題の数や複雑さにもよりますが、このテストには4時間以上かかる場合があります。
    進行状況は、[VAIO Care]画面の右下に表示されます。

    ハードディスク(詳細診断)

  • 光学ドライブ

    • 高度な診断

    CD/DVD/BDドライブに使用されているレーザー、モーター、およびチップをチェックします。

  • 冷却ファン

    • 高度な診断

    冷却ファンのパフォーマンスを診断します。
    加熱による故障を防ぐために、冷却ファンでPCを冷却しています。

目次に戻る

参考情報

高度な診断をする場合は、上級者向けの機能を表示する必要があります。
操作手順については、下記をご参照ください。

操作手順

  1. [VAIO Care]画面の右上にある[VAIO Care の設定]ボタンを選択します。

  2. [VAIO Care の設定]画面が表示されるので、[高度な設定]を選択し、[上級者向けの診断ツールとリカバリーツールを表示する]にチェックをつけます。

    [VAIO Care の設定]画面

  3. [OK]ボタンを選択し、[VAIO Care の設定]画面を閉じます。

  4. [診断]画面と[復元とリカバリー]画面に、上級者向けの機能が表示されます。

    [診断]画面
    [高度な診断]が表示され、より詳細な診断ができます。

    [高度な診断]

    [復元とリカバリー]画面
    [スタートアップ]が表示され、[BIOS 設定]と[VAIO スタートアップ設定ツール]が使用できます。

    [復元とリカバリー]画面

目次に戻る

■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。