文書番号 : S1208069004908 / 最終更新日 : 2016/09/27

カメラのフォーカスモードをC(コンティニュアスAF)に設定するとピント位置が表示されない(DSC-RX***)

    Q

    カメラのフォーカスモードをC(コンティニュアスAF)に設定するとピント位置が表示されない(DSC-RX***)



    A

    コンティニュアスAF(AF-C)に設定すると被写体に追従しピントを合わせ続けているためです


    内容

    説明

    フォーカスモードをC(コンティニュアスAF、AF-C)に設定すると、シャッターボタンを半押ししている間は被写体に追従しピントを合わせ続けます。
    そのため、動いている被写体を撮影する場合に適しています。
    撮影時にレンズの焦点や液晶画面の画角が自動的に変化するのは、被写体のピント位置を探るための動作であり、ピントが合っても電子音は鳴りません。

    参考情報

    動かない被写体や、比較的動きの少ない被写体を撮影するときは、フォーカスモードをS(シングルAF)に設定してください。
    また、ピントを手動で合わせたい場合は、フォーカスモードをMF(マニュアルフォーカス)あるいはDMFに設定してください。
    フォーカスモードの詳細は、カメラ本体の取扱説明書をご覧ください。

    ほかのフォーカスモードに変えてもピントが合わない場合は、以下の関連Q&Aをご覧ください。

    ▼関連Q&A:
    ピントが合わない/被写体がぼやける(サイバーショット)