文書番号 : S1208010040402 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] タッチパネル機能が正常に動作しない場合の確認事項

     
    Q

    [Windows 8]
    タッチパネル機能が正常に動作しない場合の確認事項

    • タッチパネル機能が正常に動作しません。
    • 画面をタッチしても反応がありません。
     
    A

    ディスプレイに何も貼られていないかなど、STEPの順番に確認します

    対象製品

    Windows 8.1
    Windows 8

    • タッチパネル機能が搭載されたモデルのみ対象です。

    内容

    事前確認

    • 使用するアプリによっては、タッチパネル機能が使用できないことがあります。

      • SVL241シリーズで、「スグつくTV」、または[HDMI/VIDEO入力]機能を使用しているときはタッチパネル機能は使用できません。
    • SVF15Nシリーズ、SVF14Nシリーズをご使用でWindows 8.1の場合は、本Q&Aではなく、下記の関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [SVF15N**,SVF14N**] タッチパネルで操作ができなくなる

    目次に戻る

    対処方法

    液晶保護フィルムを貼ってからの現象ではないか確認します

    液晶保護フィルムの種類によっては、貼ることでタッチパネルの反応が悪い、タッチパネルが反応しなくなる場合があるようです。
    もし、液晶保護フィルムを貼ってからタッチパネルが正常に動作しなくなってしまった場合は、液晶保護フィルムをはがして解決できるかお試しください。

    液晶保護フィルムを貼られた状態で今までは問題なく使えていたという場合は、液晶保護フィルムによる影響の可能性は低いため、液晶保護フィルムをはがさずに次のステップへお進みください。

    なお、付せんやシールなどをタッチパネルに貼っている場合は、タッチパネルの付せんやシールを貼られている箇所に対しては、タッチパネルが正常に動作できない可能性があります。
    付せんやシールをはがしてご使用ください。

    目次に戻る

    Windowsを再起動して確認します

    Windowsを再起動し、タッチパネル機能が正常に動作するかをご確認ください。

    目次に戻る

    デバイスマネージャーで無効になっているUSB入力デバイスを有効にします

    市販の外付けキーボード、または外付けのマウスなどの入力デバイスをPCに接続すると、デバイスによっては、誤動作を防止するために、ほかの入力デバイスを無効にする場合があります。
    デバイスマネージャーでUSB入力デバイスの状態を確認し、無効になっている場合は有効にしてタッチパネル機能が正常に動作するかをご確認ください。

    操作手順

    1. [デバイス マネージャー]画面を表示します。

    2. [デバイス マネージャー]画面が表示されるので、[ヒューマン インターフェイス デバイス]をダブルクリックします。

    3. 表示された項目から[USB 入力デバイス]を確認し、無効になっているかを確認します。

      • 無効になっている場合は、[USB 入力デバイス]のアイコンに下向きの矢印(USBデバイスアイコン)が表示されます。
    4. 無効になっている場合は、[USB 入力デバイス]を右クリックして、[有効]を選択します。

      [デバイス マネージャー]画面

    5. 無効になっている[USB 入力デバイス]が複数ある場合は、手順4の操作を繰り返し、すべての[USB 入力デバイス]を有効にします。

      タッチパネルが正常に動作するかを確認してください。
      改善しない場合は、次のSTEPに進みます。

    目次に戻る

    周辺機器を取りはずします

    接続されている周辺機器がある場合は、すべて取りはずした状態でタッチパネル機能が動作するかをご確認ください。
    機器をすべてはずした状態でタッチパネル機能が動作する場合は、接続されている周辺機器のドライバーが影響している可能性があります。
    適合したドライバーをインストールするか、周辺機器の発売元にお問い合わせください。

    目次に戻る

    BIOSの設定値を初期化します

    ハードウェアを管理しているBIOSの設定値を初期化して、タッチパネル機能が動作するかをご確認ください。
    操作方法は下記をご参照ください。

    目次に戻る

    セーフモードで正常に動作できるかを確認します

    セーフモードで起動して、正常にタッチパネル機能が動作するかをご確認ください。

    セーフモードで正常に動作する場合は、常駐しているアプリが影響している可能性があります。
    インストールしたアプリが常駐している場合は、常駐アプリを工場出荷時状態に戻して動作するかをご確認ください。

    目次に戻る

    ドライバーをアップデートします

    タッチパネル機能用のアップデートプログラムが公開されている場合はドライバーをアップデートしてください。
    ドライバーをアップデートした後は、Windowsを再起動してからタッチパネル機能が動作するかをご確認ください。

    アップデートプログラムが提供されていない場合は、次のSTEPに進みます。

    目次に戻る

    システムの復元を行います

    以前は正常に使用できていた場合は、システムの復元を行い、正常に動作するかをご確認ください。
    システムの復元を行う際は、正常に使用できていた復元ポイントを選択します。

    目次に戻る

    リカバリー(再セットアップ・初期化)を行います

    すべての項目を確認しても現象が改善しない場合は、リカバリーをお試しください。
    リカバリーの詳細については、取扱説明書をご覧ください。

    リカバリーを行っても現象が改善しない場合は、ハードウェアの問題である可能性があります。
    お手数ですが、VAIOカスタマーリンク修理相談窓口までご連絡いただき、詳細をご確認ください。
    また、その際には担当者に以下の内容をお伝えください。

    • 現在ご覧いただいているQ&A ID「S1208010040402」
    • Q&Aの手順でご確認いただいた内容

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。