文書番号 : S1206270039323 / 最終更新日 : 2016/12/26

[Windows 8] スクリーンセーバーを設定する方法

    Q

    [Windows 8]
    スクリーンセーバーを設定する方法


    • スクリーンセーバーを変更、または解除する方法について教えてください。
    • スクリーンセーバーが起動するまでの待ち時間を変更したいです。

    A

    [スクリーン セーバーの設定]画面で設定します


    対象製品

    Windows 8.1
    Windows 8

    説明

    スクリーンセーバーを設定すると、指定した時間が経過しても操作が行われない場合、画面上に文字や模様などを表示できます。

    PCに保存されている静止画をスクリーンセーバーに使用したい場合は、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] 静止画をスクリーンセーバーにする方法

    内容

    操作方法

    操作手順

    1. デスクトップ上の何もないところで右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから、[個人設定]を選択します。

      ▼関連Q&A:
      [Windows 8] デスクトップ画面を表示する方法

      デスクトップ画面

    2. [個人設定]画面が表示されるので、[スクリーン セーバー]を選択します。

      [個人設定]画面

    3. [スクリーン セーバーの設定]画面が表示されるので、下向き三角のボタンを選択し、設定したいスクリーンセーバーを選択します。
      スクリーンセーバーを使用しない場合には、[(なし)]を選択します。

      [スクリーン セーバーの設定]画面

      参考
      • [プレビュー]ボタンを選択すると、選択したスクリーンセーバーの動きや模様を確認できます。

      • 「3Dテキスト」「写真」などのいくつかのスクリーンセーバーを選択した場合、[設定]ボタンを選択することで、スクリーンセーバーの詳細を設定する画面が表示されます。
        表示される画面は、選択したスクリーンセーバーによって異なります。
        設定を変更できないスクリーンセーバーの場合は、「オプションなし」というメッセージが表示されます。

        【例】
        スクリーンセーバーに[3D テキスト]を選択した場合は、[設定]ボタンを選択すると[3D テキスト設定]画面が表示されます。
        スクリーンセーバーに表示する文字、文字のサイズや色などを任意で設定できます。

        [3D テキスト設定]画面

    4. [待ち時間]欄の上下を選択し、スクリーンセーバーが起動するまでの待ち時間を設定して、[OK]ボタンを選択します。

      [スクリーン セーバーの設定]画面

    以上で操作は完了です。

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。