文書番号 : S1203219003715 / 最終更新日 : 2018/09/04

テレビ お引越し前の準備と手順

    Q

    テレビ お引越し前の準備と手順

    お引越し前の準備イメージ

     
    A

    お引越し後に、配線を元通りに接続できるよう、あらかじめ準備しておきましょう。以下をご覧ください

    説明

    作業の前に準備しておくもの

    • 荷造り札、汎用シール、サインペン

      荷造り札、汎用シール、サインペン

      • はずしたケーブルを、引っ越し後にもとの配線に戻すときに迷わないようにするために必要です。
    • 結束バンド

      結束バンド

      • はずしたケーブルを束ねておくために必要です。

    目次に戻る

    引越し前の準備をする

    1. テレビ本体、録画機器などの電源スイッチで電源を切ります。
      確実に電源が切れていることを確認してから、コンセントから電源コードを抜きます。

    2. 引っ越し後にもとの配線に戻すときに迷わないように、デジタルカメラや、携帯電話などで機器のうしろの写真をあらかじめ撮影しておきましょう。

      機器のうしろをあらかじめ撮影しましょう

    3. 汎用シールと荷造り札に、目印として通し番号を記載しておきます。

      汎用シールに番号を記載します

    4. 接続されているケーブルに荷造り札を、本体の端子にシールを、「 番号が同じになるように 」 つけます。

      汎用シールを端子に取り付けます

      • 分波器 (または分配器) とつながっている配線は、外す必要が無いので、配線は外さずにまとめておきましょう。
      • テレビにつないでいる機器側も、ケーブル先端および機器の端子部分に、同じ番号の荷造り札とシールをつけてください。
    5. 配線をはずします。
      はずした配線は、結束バンドでひとまとめにしておくと、よいでしょう。

      配線をはずす

    6. 転倒防止ベルトをはずしましょう。

      転倒防止ベルトをはずす

    7. これで引っ越し前の準備は完了です。
      ( 転倒防止ベルトも忘れずに )

      引っ越し前の準備は完了です

    目次に戻る

     

    関連Q&A

    目次に戻る

    よくあるご質問

    Q.1
    テレビは箱に入れるの?

    a
    引越し業者によっては、ご購入された時の箱 (カートン) を使用せず、薄型テレビ引越し専用の運搬道具を使用します。
    引越し業者の下見の時に、事前確認しておきましょう。


    Q.2
    B-CASカードは抜いておくの?

    a
    必ずしも抜く必要はありませんが、お引越しの振動による接触不良を避けるために、B-CASカードは抜いておいたほうがよいでしょう。

    厚紙を入れた封筒や説明書など、なるべく曲がりにくい物と一緒に送ります。
    カードに 「 リビングのテレビのB-CASカード 」 など、メモを忘れずに。


    Q.3
    リモコンの電池はどうするの?

    a
    つけたままにしておくと、他の荷物に押されボタンが押されっぱなしになって、電池が消耗する場合があります。
    リモコンの電池は抜いておきましょう。


     

    ご覧いただき、ありがとうございました。

    そのほかにもブラビアをお使いの際に、気になることや困ったことがありましたら、是非サポートページをご活用ください。

    目次に戻る