文書番号 : S1111229002273 / 最終更新日 : 2016/09/27

音声ファイルに、トラックを指定したい。

    Q

    音声ファイルに、トラックを指定したい。

    A

    対象ソフトウェア

    • Sound Forge Audio Studio 9 LE

    詳細

    以下の手順をご覧ください。

    1. 画面上部のツールバーから、[ (開く)] をクリックします。
    2. [ファイルを開く] ウィンドウで、トラックを指定したい音声ファイルを開きます。
    3. 音声ファイルのデータウィンドウが開きます。
    4. 画面上部の [ (編集ツール)] をクリックし、ひとつのトラックとして指定したい部分をドラッグします。

      ※ ドラッグした範囲が選択された状態になり、選択された部分がハイライト表示されます。


    5. 選択範囲の位置を調節します。
      選択範囲の左右両端にマウスを移動させると、カーソルが のように変わります。 この状態で左右にマウスをドラッグすると、選択範囲の開始位置と終了位置を調節することができます。

      ※ 音声データが選択されている状態でキーボードの 「 Space (スペース)」 を押すと、選択範囲のみ再生させることができます。
      音声を再生中に、もう1度 「 Space (スペース)」 を押すと、停止することができます。 再生と停止を繰り返し、実際に音声を聞きながら調節することができます。

    6. トラックとして指定したい部分が選択されている状態で、上部のコマンドから [特殊] - [リージョンの挿入] を選択します。
    7. 「 マーカー/リージョンの挿入 」 画面が表示されます。
      [名前] にトラックの名前を入力して、[OK] をクリックします。
    8. [ (リージョンマーカー)] が選択範囲の先頭と最後に配置され、リージョンマーカーの間に 手順 7 で入力したトラックの名前が記載されます。
    9. 手順 4 から 手順 8 を繰り返し、トラックに指定したい部分にリージョンマーカーとトラックの名前を指定します。

      音声データ同士の間隔を調整したい場合、無音部分を挿入したり、不要な部分を削除したりして調整することができます。
      無音部分を挿入する方法については、こちらのQ&A をご覧ください。
      不要な部分を削除する方法については、こちらのQ&A をご覧ください。
    10. トラックを指定した音声ファイルを保存します。

      • 上書きする場合
        元の音声ファイル (トラックを指定する前) を上書きする場合は、コマンドの [ファイル] から、[保存] を選択し、[保存] します。
      • 新規で保存する場合
        元の音声ファイル (トラックを指定する前) を残し、新規で保存する場合は、コマンドの [ファイル] から [名前を付けて保存] を選択し、[保存] します。

    以上で手順は完了です。

    トラックを指定した音声ファイルから、CDを作成する方法については、こちらのQ&A をご覧ください。