文書番号 : S0904271061746 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Internet Explorer] 「Internet Explorer は動作を停止しました」と表示され、Internet Explorerが起動できない・強制終了する

     
    Q

    [Internet Explorer]
    「Internet Explorer は動作を停止しました」と表示され、Internet Explorerが起動できない・強制終了する

    以下のエラーメッセージが表示され、「Internet Explorer」が起動しなかったり、強制終了します。

    エラーメッセージ:
    「Internet Explorer は動作を停止しました」

    エラーメッセージ画像

     
    A

    SVL241シリーズをご使用の場合はSTEP1から、そのほかのモデルをご使用の場合はSTEP2から順番に確認します

    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    Internet Explorer

    内容

    事前確認

    • シマンテック社製のセキュリティーアプリをご利用の環境で、2015年2月21日より問題が発生している場合には、ライブアップデートを実施することで改善します。
      詳細についてはシマンテック社にお問い合わせください。

      ノートン公式サポート
      [文章番号]
      v108623038_EndUserProfile_ja_jp
      [最終更新日]
      2015/02/21
      [タイトル]
      ノートン製品がインストールされたコンピュータで Internet Explorer が頻繁にクラッシュする
    • 複数のアプリを起動していると、一時的に現象が発生することがあります。
      使用していないアプリは終了してください。

    • スクリーンセーバーなどの定期的に表示を更新するアプリを起動していると、現象が発生することがあります。

    目次に戻る

    対処方法

    アップデートプログラムをインストールします(SVL241シリーズで3D対応モデルのみ)

    SVL2414シリーズ、SVL2413シリーズ、またはSVL2412シリーズで3D対応ディスプレイを搭載しているモデルをご使用の場合は、本現象を改善するためのアップデートプログラムが公開されています。
    下記のアップデートプログラムをお試しください。

    • クリックするとアップデートプログラムのダウンロードページが開きます。
    参考

    SVL241シリーズは下記の外観のVAIOです。

    SVL241シリーズの外観

    目次に戻る

    「Internet Explorer」の設定を変更します
    「Internet Explorer」を起動できる場合

    操作手順

    1. 「Internet Explorer」を起動します。

    2. 画面右上の[ツール]ボタンを選択し、表示されたメニューから[インターネット オプション]を選択します。

      [Internet Explorer]画面

    3. [インターネット オプション]画面が表示されるので、[詳細設定]タブを選択し、[アクセラレータによるグラフィック]欄の[GPU レンダリングでなく、ソフトウェア レンダリングを使用する]にチェックをつけます。

      [インターネット オプション]画面

    4. [ブラウズ]欄の[サード パーティ製のブラウザー拡張を有効にする]のチェックをはずします。

      [インターネット オプション]画面

    5. [OK]ボタンを選択し、[インターネット オプション]画面を閉じます。

    6. 「Internet Explorer」を終了し、Windowsを再起動します。

    Windowsの再起動後、現象が改善するかをご確認ください。
    現象が改善しない場合は、STEP3に進んでください。

    目次に戻る

    「Internet Explorer」を起動できない場合

    操作手順

    1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[ネットワークとインターネット]を選択します。

      [コントロール パネル]画面

    3. [ネットワークとインターネット]画面が表示されるので、[インターネット オプション]を選択します。

      [ネットワークとインターネット]画面

    4. [インターネットのプロパティ]画面が表示されるので、[詳細設定]タブを選択し、[アクセラレータによるグラフィック]欄の[GPU レンダリングでなく、ソフトウェア レンダリングを使用する]にチェックをつけます。

      [インターネットのプロパティ]画面

    5. [ブラウズ]欄の[サード パーティ製のブラウザー拡張を有効にする]のチェックをはずします。

      [インターネットのプロパティ]画面

    6. [OK]ボタンを選択して、[インターネットのプロパティ]画面を閉じます。

    7. Windowsを再起動します。

    Windowsの再起動後、現象が改善するかをご確認ください。
    現象が改善しない場合は、STEP3に進んでください。

    目次に戻る

    アドオンを無効にします

    アドオンは、追加のツールバー、アニメーションのマウスポインター、株価表示、ポップアップ広告のブロックなど、ブラウザーの機能を拡張するプログラムです。
    古いバージョンの「Internet Explorer」向けにアドオンが作成されていたり、プログラムエラーが存在する場合、予期せず「Internet Explorer」を強制終了することがあります。
    アドオンを無効にして改善するかをお試しください。

    参考
    • 「ATLAS 翻訳パーソナル 2007 LE」の[ATLASツールバー]を表示した状態で「Internet Explorer 8.0」の複数のタブ、および画面を表示すると、「Internet Explorer」が正常に動作しないことがあります。
      [ATLASツールバー]のアドオンを無効にすると回避できますが、そのほかの対処方法、および本現象の詳細についてはATLASサポートセンターへお問い合わせください。

    • 「Java Plug-In 2 SSV Helper」というアドオンを無効にして本現象が改善する場合があります。

    アドオンを無効にする方法は、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Internet Explorer 11.0] アドオンを無効/有効にする方法
    [Internet Explorer 9.0-10.0] アドオンを無効/有効にする方法

    目次に戻る

    常駐アプリを終了します

    常駐しているプログラムが影響している場合があります。
    常駐アプリを終了して改善するかをご確認ください。

    目次に戻る

    セキュリティーアプリを無効にします

    セキュリティーアプリを無効にし、改善するかをご確認ください。
    プリインストール以外のセキュリティーアプリをお使いの場合は、ご利用のセキュリティーアプリのヘルプやお問い合わせ先にご確認ください。

    目次に戻る

    「Internet Explorer」の設定をリセットします

    「Internet Explorer」の設定をリセットし、改善するかをご確認ください。
    操作手順については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Internet Explorer 11.0] Internet Explorerの設定をリセットする方法
    [Internet Explorer 9.0-10.0] Internet Explorerの設定をリセットする方法 【動画あり】

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。