文書番号 : S0305220001040 / 最終更新日 : 2018/02/28

[クリエ全般] クリエに対応するメモリースティックについて


    Q[クリエ全般] クリエに対応するメモリースティックについて
    • クリエに対応するメモリースティックはどれですか。
    • メモリースティック使用時の注意点はありますか。


    [対象製品]
    クリエ全般
    PEG-***

    A 下記を参照してください
    下記 Web ページにて、クリエのメモリースティック対応状況を確認することができます。
    他社製のメモリースティックの対応については、発売元にご確認ください。

    [メモリースティック対応表]
    https://www.sony.jp/products/ms/compatible/index.html


    ■ メモリースティック PRO について
    ■ マジックゲート機能について
    ■ 形状について
    ■ High speed・高速データ転送について
    ■ メモリースティック全般における注意事項





    メモリースティック PRO について

    詳細は、以下の関連項目を参照してください。

    ▼関連項目:
    [クリエ全般] メモリースティック PRO の対応について
    [クリエ全般] ATRAC3 ファイルをメモリースティック PRO に転送できない






    マジックゲート機能について

      • 曲の転送

        クリエ付属の「SonicStage」や「OpenMG Jukebox」から ATRAC3 形式で曲転送を行う場合は、マジックゲート機能に対応したメモリースティックが必要です。
        クリエはメモリースティック PRO のマジックゲート機能には対応しておりません。
        メモリースティック PRO 以外のマジックゲート対応メモリースティックをご利用ください。


        ▼関連項目:
        [クリエ全般] ATRAC3 ファイルをメモリースティック PRO に転送できない


      • ファイルやフォルダの移動

        著作権保護されたファイルやフォルダの操作を行わないでください。
        操作を行うとデータの整合性が取れなくなり、使用できなくなる可能性があります。
        著作権保護されていないファイルやフォルダは、通常のメモリースティックと同様に移動・コピーなどの操作が可能です。






      形状について

        • メモリースティック

          そのままクリエに挿してご利用いただけます。


        • メモリースティックデュオ

          専用のメモリースティックデュオアダプタに装着することでご利用いただけます。
          メモリースティックデュオ単体、またはアダプタ単体でクリエのメモリースティック スロットへ挿入すると、本体故障の原因となります。


          以下の Web ページにて、情報が公開されています。

          [クリエのメモリースティック デュオ対応について]
          http://www.nccl.sony.co.jp/products/common/info9.html







        High speed・高速データ転送について

        クリエは High speed、およびパラレルインターフェースによる高速データ転送には対応しておりません。






        メモリースティック全般における注意事項

        • メモリースティックご利用の前に、以下の Web ページからアップデートプログラムの有無をご確認ください。

          [ダウンロード情報一覧]
          http://www.nccl.sony.co.jp/download/index.html


        • USB ケーブルは、PC の USB ポートに直接接続してください。
          クリエにメモリースティックを挿入し、USB ハブなどを経由して PC と接続した場合、正常に認識しないことがあります。


        • メモリースティックのフォーマットは、クリエに付属の「CLIE Files」、「MS Gate」で行ってください。
          詳細は、以下の関連項目を参照してください。

          ▼関連項目:
          [クリエ全般] メモリースティックをフォーマットする時の注意点


        • メモリースティックに書き込みを行う場合は、裏面の誤消去防止スイッチが「LOCK (書き込み禁止)」の位置になっていないことを確認してください。


        • メモリースティックにアクセス中は、絶対にメモリースティックを抜かないでください。
          クリエ本体やメモリースティック内のデータが破損し、正常に動作しなくなる場合があります。
          メモリースティック アクセスランプが消灯していることを確認してから、メモリースティックを抜いてください。


        • バッテリの充電状態が十分でないと、メモリースティックを読み込めない場合があります。
          バッテリの残量が少ない場合は、再度充電を行い、メモリースティックをスロットに挿入しなおしてください。

          ▼関連項目:
          [クリエ全般] クリエでメモリースティックが認識しない場合の確認事項


        • メモリースティックに粉が付着する場合がありますが、これはメモリースティックの抜き差しをスムーズにするための潤滑剤です。
          性能上の問題はありませんので、そのままお使いください。


        • メモリースティックを挿入したままクリエを使用しても、特に問題はありません。
          また、メモリースティックのデータを操作しなければ、バッテリの消耗はほとんどありません。
          メモリースティックを挿入した場合や、ソフトウェアからメモリースティックにアクセスする際に、初めてメモリースティックの回路に電気が流れます。