文書番号 : 00266546 / 最終更新日 : 2021/08/05

電源が入らない

    このページでは、WF-1000XM4で電源が入らない場合のトラブル対処方法をご案内します。

    [1]から順番にお試しいただき、改善があるかご確認ください。

    対処方法

    1. 電源が入らないヘッドホンは、片側だけ、または左右両側ですか

      片側だけ

      手順[2]に進んでください。
      左右両側とも

      手順[4]に進んでください。
    2. ヘッドホンのタッチセンサーに「Google アシスタント」、または「Amazon Alexa」を設定していますか

      声でスマートフォンの操作が可能な音声アシスト機能を設定されているかを、ご確認ください。

      設定している
      手順[3]に進んでください。
      設定していない/わからない
      手順[4]に進んでください。
    3. 音声アシスタントの設定を変更して解決できるか確認する

      音声アシスタント機能をヘッドホンで利用している場合は、再生コントロールが割り当てされたヘッドホンのみしか使用できません。
      Headphones Connectで再生コントロール機能の割り当て設定を変更するか、スマートフォンの音声アシスタント機能を利用してください。
      設定方法は以下をご確認ください。

      • どちらか片側のヘッドホンを使用したい場合

        1.Headphones Connectを起動し、[システム]タブを選択する

        2.「タッチセンサーの機能を変更」の (設定)をタッチする

        3.再生に使用したい左右どちらかのヘッドホンを選び、タッチセンサー機能に「再生コントロール」を割り当てる

      • 左右どちらも片側のみで使用したい場合

        1.Headphones Connectを起動し、[システム]タブを選択する

        2.「タッチセンサーの機能を変更」の (設定)をタッチする

        3.音声アシスタントの「モバイル機器の音声アシスタント機能」を開く

        4.音声アシスタントの設定を「モバイル機器の音声アシスタント機能」に変更する

      解決した
      音声アシスタントの設定が原因です。
      解決しない
      手順[4]に進んでください。
    4. 充電端子を掃除して、充電ケースのランプの状態を確認する

      ヘッドホンと充電ケースの充電端子を掃除してからヘッドホンを充電ケースに入れて、充電ケースのランプの状態を確認してください。
      充電端子のお手入れの際は、必ず乾いた柔らかい布や綿棒で端子部分を優しくクリーニングしてください。

      ●お手入れが必要な充電端子

      • ・充電ケース
      • ・ヘッドホン

      A:充電端子

      ●実際のお手入れ方法



      ご注意

      ホコリ等を取り除く際に、エアスプレーなどの使用は控えてください。
      マイク穴や音の出口にホコリ等が入り、機能不良につながる可能性があります。

      充電ケースを開けたままで緑色3秒点灯/充電ケースを閉めて緑色6秒点灯

      • 充電ケースにヘッドホンを入れたとき、
        約3秒ほど緑色に点灯

      • 充電ケースにヘッドホンが収納された状態で
        ふたを開閉したとき、約6秒ほど緑色に点灯

      手順[5]に進んでください。

      充電ケースを開けたままでオレンジ色3秒点灯/充電ケースを閉めてオレンジ色6秒点灯

      • 充電ケースにヘッドホンを入れたとき、
        約3秒ほどオレンジ色に点灯

      • 充電ケースにヘッドホンが収納された状態で
        ふたを開閉したとき、約6秒ほどオレンジ色に点灯

      付属のUSBケーブルを使ってヘッドホンの充電を30分ほど行い、手順[5]に進んでください。

      ランプが点灯しない、または赤点滅

      • 充電ケースにヘッドホンを入れたとき、
        ランプが点灯しない

      • 充電ケースにヘッドホンが収納された状態で
        ふたを開閉したとき、赤点滅

      付属のUSBケーブルを使って、ヘッドホンの充電を30分ほど行ってください。
      充電後もランプが点灯しない場合は手順[9]に進んでください。

      ランプが2回ずつ赤点滅を繰り返す/ランプが3回ずつ赤点滅を繰り返す

      • 充電ケースにヘッドホンを入れたときランプが
        2回ずつ赤点滅を繰り返す

      • 充電ケースにヘッドホンが収納された状態で
        ふたを開閉したとき、ランプが3回ずつ赤点滅を繰り返す

      周囲の温度が15 ℃〜35 ℃の範囲を超えると、効率のよい充電ができないことがあります。
      充電場所を移動して再度、充電を行ってみてください。

      改善がみられない場合は、手順[9]に進んでください。

    5. ヘッドホンを耳に装着して、バッテリー残量などの音声ガイダンスを確認する

      充電ケースからヘッドホンを取り出して耳に装着した際に、バッテリー残量などの音声ガイダンスが聞こえるかを確認してください。

      聞こえる
      手順[6]に進んでください。
      聞こえない
      手順[7]に進んでください。
    6. スマートフォンなどで音楽を再生して音が聞こえるか確認する

      ヘッドホンとスマートフォンなどのBluetooth機器をペアリングして音楽を再生して音が聞こえるか確認してください。

      聞こえる
      充電や設定変更で解決した可能性があります。
      聞こえない
      スマートフォンなどのBluetooth機器とペアリングが完了していない可能性があります。
      ヘッドホンのペアリング方法は、以下をご確認ください。

      WF-1000XM4ペアリング手順

    7. 音声ガイダンスの設定を確認する

      Headphones Connectで音声ガイダンスの設定をご確認ください。

      1. Headphones Connectを起動し、[システム]タブを選択する
      2. 「通知音と音声ガイダンス」の設定を確認する
      オフにしている
      オンにしてから再度、手順[5]からご確認ください。
      オフにしていない
      手順[8]に進んでください。
    8. ヘッドホンのリセットをして改善するか確認する

      ヘッドホンの一時的な誤作動により、調子が悪くなっている場合は、リセットを行うと解決できます。
      ヘッドホンのリセットをしても、機器登録(ペアリング)情報、その他の設定は保持されます。
      リセットの方法は、以下をご確認ください。

      ヘッドホンをリセットする方法(WF-1000XM4)

      解決した
      ヘッドホンの一時的な誤作動がリセットで改善した可能性があります。
      解決しない
      手順[9]に進んでください。
    9. ヘッドホンの初期化をして改善するか確認する

      ヘッドホンの一時的な誤作動により、調子が悪くなっている場合は、初期化を行うと解決できます。
      ヘッドホンの初期化をすると、工場出荷時の設定に戻り、すべての機器登録(ペアリング)情報が削除されます。
      初期化の方法は、以下をご確認ください。

      ヘッドホンを初期化する方法(WF-1000XM4)

      解決した
      ヘッドホンの初期化で改善した可能性があります。
      解決しない
      ヘッドホンに不具合が発生している可能性があります。お手数ですが修理窓口までご相談ください。

      修理のご相談