文書番号 : 00227966 / 最終更新日 : 2019/05/20

【4Kチューナー内蔵モデル】4K放送全般に関するQ&A(A9G/X9500G/X8550G/X8500G シリーズ)

    Q1. 4K HDR放送を見た時に画面が暗い(そのほかの放送、番組と比較したときに、暗く感じる)
    A1. 4K放送の映像を忠実に再現している状態であり、不具合ではありません。
    例えば、従来の放送では黒くつぶれて(ハッキリと)視聴できなかった暗いシーンなども、人間の目で見た明暗により近い、自然な映像表現がなされています。
    全体的にもっと明るくして視聴したい場合、画質設定でより明るい画質モードを選んだり、コントラストを調整して、お好みの輝度にしていただくことをおすすめします。

    画質設定を調整する方法
    暗いと感じる放送を見ているときに、リモコンの「ホーム」ボタンを押し、[設定] - [画面と音声] - [画質] を開き、以下をお好みで調整します。

    • [画質モード] :[ダイナミック] など、現在のモードより明るく感じるモードに変更します。
    • [明るさ] : 現在より明るくなるよう、リモコンの左右ボタンで変更します。
    • [詳細設定] - [コントラスト]:現在より明るくなるよう、リモコンの左右ボタンで変更します。

    技術説明
    4K放送で採用されているHDR映像信号は、表現できる明暗の範囲を大幅に拡大し、現実に近い高コントラストな映像を再現することを目指しています。
    ただし、HDR信号は明暗の階調の情報も多く、従来の映像信号(SDR)だと明るく白飛びしていた部分にも正確な色情報が含まれているため、映像の内容によっては、画面の明るさがSDR(スタンダード・ダイナミック・レンジ)映像と比べて、むしろ抑えられた暗い映像に見えてしまう場合があります。
    特に、4K放送の開始からしばらくの期間は、SDRで制作された映像をHDR変換した映像の番組も少なくなく、この傾向が強い番組もあります。
    そのため、上記のような設定を行うことをお奨めします。


    Q2. B-CASカードが見当たらない
    A2. 本機には、B-CASカードのスロットはありません。
    これまでの「カード形態」ではなく、BS・110度CSの4K放送に対応した「ACASチップ」を、部品の1つとして受信機(テレビ本体)に直接組み込む形態をとっていますので、「B-CASカードを挿す」といった作業は必要なく、受信できます。ACASチップには、これまでのB-CASカードの機能も含まれています。詳しくは、以下のリンク先ページを参照ください。

    関連ページ
    一般社団法人新CAS協議会


    Q3. 新CASとは何ですか?
    A3. BS4K・110度CS4K放送に対応するためのCAS(キャス=Conditional Access Systemsの略。テレビが、デジタル放送を受信できるようにするための仕組み)のことです。
    新CASは、BS/110度CSによる4K放送に利用されるほか、地上、BS/110度CSデジタル放送にも対応しています。詳しくは、以下のリンク先ページをご参照ください。

    関連ページ
    一般社団法人新CAS協議会

    CASとは何ですか? / ACAS番号の確認方法は?


    Q4. 番組表内の「左旋」チャンネルの空欄表示を消したい(BS「右旋」チャンネルのみ対応のアンテナ環境下で使用している場合)
    A4. 以下をご覧ください。

    BS4K放送の番組表から特定チャンネルを非表示にする方法
    リモコンの「ホーム」ボタンを押し、[設定] - [視聴設定] - [放送受信設定] - [チャンネル設定] - [チャンネル登録] - [BS4K] を開きます。
    番組表から非表示にしたい「左旋」チャンネル(テレビ203「ザ・シネマ4K」、 テレビ211「ショップチャンネル」、テレビ221「4K QVC」など)の行にて、「番組表表示」を、[しない] に変更します。

    参考
    合わせて下記の設定をすることで、リモコンモードのチャンネル「+」「-」ボタンで選局するときに、スキップできます。
    リモコンの「ホーム」ボタンを押し、[設定] - [視聴設定] - [放送受信設定] - [チャンネル設定] - [チャンネル登録] - [BS4K] を開きます。
    チャンネル「+」「-」ボタンでスキップしたいチャンネルの行にて、[+/-選局] のチェック(「レ」のマーク)を外します。

    関連ページ
    右旋」BS4放送ダウンロードチャンネル、「左旋」」BS4K、110CS4K放送の一覧はこちら


    Q5. 4K放送のデータサービスが出ないときがある
    A5. チャンネル切り換えなどの後、4K放送のデータサービスの情報取得に時間がかかる場合があります。 また、チャンネルによっては、放送事業者側でデータサービスの運用がない場合があります。


    Q6. スカパー!4K放送(124/128度CS放送)に対応していますか?
    A6. 対応していません。


    Q7.  BS4K・110度CS4K放送の録画は、なぜUSB3.0準拠のUSBハードディスクを推奨しているのか?
    A7. 現状、USB3.0準拠のUSBハードディスクが市場の主流であるため、放送録画の接続検証をUSB3.0準拠のモデルでおこないました。
    そのため、USB3.0準拠のモデルを推奨しています。

    USB3.0準拠でないUSBハードディスクでも録画が可能な場合もありますが、動作保証はしておりません。

    関連ページ
    Android TV™ 外付けUSBハードディスク録画方法

    BS4K・110度CS4K放送は、なぜUSB3.0準拠でないUSBハードディスクには録画できないのか?(地上・BS4K・110度CS4Kチューナ DST-SHV1)

     

    * Google、Android TV は Google LLC の商標です。