文書番号 : SH000163504 / 最終更新日 : 2018/10/31

音楽CDが読み込めない、再生できてもノイズが入ったり音とびしてしまう(CFD-S70、CFD-S401)

    音楽CDが読み込めない、再生できてもノイズが入ったり音とびしてしまう(CFD-S70、CFD-S401)

    音楽CDに汚れや傷がついていることが原因の可能性があります。 以下をご確認ください。

    内容

    対処方法

    音楽CDに汚れや傷がついていないかご確認ください。

    • 音楽CDが指紋やほこりで汚れている場合は、機器が信号を読み取ることができなかったり、再生できなかったりします。
    • CDにシールを貼ると、信号面でなくても伸縮でCDがそって再生できないことがあります。
    • CDの信号面に傷がなくてもラベル面に傷がある場合、信号読み取りのためのレーザー光が乱れ、再生できない場合があります。

      信号面の傷や汚れシールは貼らない

    音楽CDの汚れをふき取ってください。
    音楽CDに傷がついている場合は、故障の原因になりますのでご使用は控えてください。
     

    参考
    • 音楽CDの汚れをふき取るお手入れのしかた
      音楽CDの汚れをふき取るときは、傷がつかないやわらかい布や市販のクリーニングクロスで信号面を外周に向かって軽くふいてください。
      汚れがひどいときは、水で少し湿らせた布でふいた後、さらに乾いた布で水気をふき取ると効果的です。

      CDのお手入れのしかた

    • 音楽CDの取り扱いについて
      音楽CDを重ねた状態で放置せず、1枚ごとにケースに入れて保管してください。

      音楽CDの取り扱いについて

    • 「CDが再生できない」 「液晶画面に"no CD"と表示される」 「CD再生時、頻繁に音飛びが発生する」
      CDラジオカセットレコーダー「CFD-S70」、「CFD-S401」の一部の製品において、光学ピックアップ部品が原因で、CDが再生できないなどの症状が発生する場合があることが判明しました。
      詳細は、以下のページをご参照ください。

      CDラジオカセットレコーダー「CFD-S70/CFD-S401」ご愛用のお客様へ無償修理のお知らせ(対象範囲変更及び機種追加):
      https://www.sony.jp/radio/info/20170928.html