文書番号 : SH000162994 / 最終更新日 : 2018/08/15

テレビの音量を変更するとき、設定していた音量ボリュームではない数値が表示される(HT-XT2/NT5/CT790/CT380/ST5000/MT500/S200F/S100F/X9000F/Z9F)

    テレビの音量を変更するとき、設定していた音量ボリュームではない数値が表示される(HT-XT2/NT5/CT790/ST5000/MT500/S200F/S100F/X9000F/Z9F)

    テレビの[スピーカー出力]先をテレビ、もしくはサウンドバーに切り替えて使っている場合、 それぞれの機器がもつ音量ボリュームが反映されるため、異なる数値が表示されます

    対象製品

    HT-XT2,HT-NT5,HT-CT790,HT-ST5000,HT-MT500,HT-S200F,HT-S100F,HT-X9000F,HT-Z9F

    説明

    テレビとサウンドバーを組み合わせてご使用されている場合、テレビのスピーカー出力先をテレビ、またはサウンドバーに切り替えると、それぞれの機器がもつ音量のボリュームが反映されるため、異なった音量の数値が表示されます。
    本現象は、故障ではありません。

    例えば、テレビの内蔵スピーカーの音量が40dbのとき、スピーカー出力をサウンドバーに切り替えると、サウンドバー(音量20db)の音量ボリュームの表示に切り替わるというような仕様です。

    参考

    ソニー製BRAVIAとサウンドバーを接続してご使用されている場合、以下のような設定を行った際に現象が確認できます。

    • ブラビアリンク機器制御(HDMI機器制御)をOFF/ON へ切り替えた場合
    • テレビの[スピーカー出力]を[テレビスピーカー]/[オーディオシステム]へ切り替えた場合