文書番号 : SH000161989 / 最終更新日 : 2019/03/19

現在のBSデジタル(BS右旋)放送が再編成されると聞きましたが、どのようなことですか?(BDレコーダー)

    現在のBSデジタル(BS右旋)放送が再編成されると聞きましたが、どのようなことですか?(BDレコーダー)

    2018年12月から始まる4K放送用に周波数を確保するための、BSデジタル放送の帯域再編(放送設備工事)のことです。詳しくは、「新4K8K衛星放送コールセンター」にお問合せください

    内容

    以下のQ&Aをご参照ください。

    Q&A


    Q.1
    現在のBSデジタル(BS右旋)放送を再編成すると聞きましたが、どのようなことですか?

    A.
    2018年12月から始まる4K放送用に周波数を確保するための、BSデジタル放送の帯域再編のことで、2018年1月初め~6月中旬頃までに段階的に実施されます。

    BS右旋イメージ

    ※ 出典:総務省ホームページより。下記リンク先の公開資料をもとに作成しました。
    http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin_questions06.html#q6-4

    「BSデジタル放送の帯域再編」について詳しくは、事業推進側の「放送サービス高度化推進協会(A-PAB)」(エーパブ)の、下記窓口にご相談ください。

    「新4K8K衛星放送コールセンター」:
     0570-048-001(有料ダイヤル)

    受付時間: 平日9時~17時
    ※ 土日祝日は休み。年末12/29~年始1/3の期間も休み。


    Q.2
    帯域再編のスケジュールについて知りたい

    A.
    現在、BSデジタル放送の各放送事業者の間で協議がなされています。

    この帯域再編のうち、「帯域削減」は2018年の1月初めから約1ヶ月間おこなわれ、「移動」は2018年4月半ばから6月半ばまでおこなわれる予定です。
    詳細は、A-PABのホームページ(放送設備工事に伴う放送休止による視聴への影響および予約録画失敗の可能性のあるBSチャンネルのお知らせ)をご覧ください。
    http://www.apab.or.jp/topics/2017/1803190001.html


    Q.3
    ケーブルテレビでの場合も同じスケジュールなのでしょうか?

    A.
    基本的にBSデジタル放送をケーブルテレビで再放送しているため、帯域再編のスケジュールは同じです。
    ただし、放送休止時間や放送休止チャンネルなどの詳細はケーブルテレビ局によって多少異なる場合があります。
    詳しくは、ご加入のケーブルテレビ局などにご確認ください。


    Q.4
    地デジの受信に影響はありますか?

    A.
    ありません。


    Q.5
    予約録画が失敗しないためにはどうしたらいいですか?

    A.
    一部のBSチャンネルは、放送設備工事にともない放送が休止されます。
    まず、該当のチャンネル、およびそのスケジュールを下記のA-PABのホームページにてご確認ください。
    http://www.apab.or.jp/topics/2017/1803190001.html
    該当チャンネルにおいて、放送休止前に休止後の番組の予約録画設定をおこなうと、当該の予約録画が失敗することがあります。
    録画失敗を避けるため、下記、手順AまたはBのいずれかをおこなってください。


    【手順A】※放送休止終了後から放送休止当日の予約録画開始前に、レコーダーの操作ができない場合。
    ① 放送休止前または放送休止中に、放送休止終了時刻前後のBS1(BS101)のいずれかの番組の予約録画を設定する。
       例:放送休止が午前6時に終了する場合、午前5時ころから午前6時ころの、BS1(BS101)のいずれかの番組の予約録画を設定する。
    ② ①をおこなったあと、レコーダーでBS1(BS101)を選局してからレコーダーの電源を切ってスタンバイ状態にする。
    ③ 目的の予約録画が終わったあと、①で録画された番組が不要な場合は削除する。
    ※目的の予約録画がスターチャンネルの場合、上記手順の中の「BS1(BS101)」のところを「BSプレミアム(BS103)」にしてください。

    【手順B】※放送休止終了後から放送休止当日の予約録画開始前に、レコーダーの操作ができる場合。
    ① 放送休止前または放送休止中に、レコーダーでBS1(BS101)を選局してからレコーダーの電源を切ってスタンバイ状態にする。
    ② 放送休止終了後、放送休止当日の予約録画が開始される前に、レコーダーの電源を入れて放送休止されたチャンネルを選局して番組が視聴できることを確認する。
    ※目的の予約録画がスターチャンネルの場合、上記手順の中の「BS1(BS101)」のところを「BSプレミアム(BS103)」にしてください。

    <解説>
    今回の放送設備工事にともない、それぞれのチャンネル情報が更新され、自動的にレコーダーの設定に反映される予定です。
    ただし、更新後のチャンネル情報の受信のタイミングにより、該当チャンネルの予約録画が失敗する可能性が想定されます。
    上記のいずれかの手順おこなうことで、チャンネル情報の受信のタイミングが調整され、予約録画の失敗を避けることができます。
    なお、放送波の受信においては、予期せぬ事象が発生する可能性がありますので、上記の手順をおこなっても、放送設備工事にともなう予約録画の失敗を確実に回避できるものではありません。この点はご了承ください。

     

    参考

    関連Q&A
    (テレビ ブラビア/"ベガ"のQ&A)
    現在のBSデジタル(BS右旋)放送が再編成されると聞きましたが、どのようなことですか?