文書番号 : SH000159063 / 最終更新日 : 2018/05/31

DPT-S1では、定規などを使って斜めに線を引けたが、DPT-RP1、DPT-CP1では、定規などを使って斜めに線を引くと線が波打ってしまう。

    Q

    DPT-S1では、定規などを使って斜めに線を引けたが、
    DPT-RP1、DPT-CP1では、定規などを使って斜めに線を引くと線が波打ってしまう。

    A
     

    DPT-S1は、ペン入力に電磁誘導方式というものを採用しておりました。
    DPT-RP1、DPT-CP1は、静電容量方式を採用しております。
    静電容量方式を採用したことにより、フラットパネルを実現し、
    画面の隅までブレなく記入することができるようになりましたが、
    画面の上に定規などの誘電体を置くとご指摘のように
    斜線を描くと波打って表示されてしまいます。
    (縦横の直線はまっすぐ書けます)
    これは静電容量方式のペンとパネルの特性となります。
    この症状はDPT-RP1、DPT-CP1の仕様となります。