文書番号 : S1609070081981 / 最終更新日 : 2018/10/23

Bluetoothヘッドホンの音が途切れる、ノイズが発生する

    Q

    Bluetoothヘッドホンの音が途切れる、ノイズが発生する

     
    A

    音途切れやノイズの原因にあった方法で症状を最小限に抑えることができます。

    説明

    イメージ

    Bluetoothヘッドホンやヘッドセットの音が途切れたりノイズが発生する場合、ヘッドホン側(受信側)のトラブルだけではなく、Bluetooth通信の電波状況や送信側機器の状態など、さまざまな原因が考えられます。
    トラブルの原因を知り上手に使うことで、音の途切れやノイズを最小限に抑えられます。

    内容

    対処方法

    Bluetooth機器の電源を入れ直す/再ペアリングをする

    接続するBluetooth機器の状態によって動作が不安定になる場合があります。
    以下の対処方法をお試しください。

    • 接続するBluetooth機器の電源を入れ直す

      接続イメージ

    • ヘッドホンと接続するBluetooth機器を再度ペアリングし直す

      接続イメージ

    目次に戻る

    接続するBluetooth機器の位置を変更する

    接続するBluetooth機器を胸やズボンのポケット、カバンなどに入れて使用した場合、ヘッドホンと接続する機器の間に挟まれた人体が遮蔽物となり、ヘッドホンとのBluetooth通信の妨げになる場合があります。
    以下の対処方法をお試しください。

    • 接続するBluetooth機器を影響が少ない他のポケットに入れ直す
    • カバンの中の位置を変更し、影響が少ない位置に調整する

      接続イメージ

    • 遮蔽物がない状態にし、接続するBluetooth機器との距離を近づける

      接続イメージ

    目次に戻る

    他の無線LANや電子レンジなどから距離を遠ざける

    ワイヤレス機器や電子レンジ、コードレス電話など2.4GHz帯の機器が近くにある環境で使用すると、Bluetooth通信の妨げになる場合があります。

    以下の対処方法をお試しください。

    • Bluetooth通信を妨げる可能性がある機器(*)の電源をオフにするか遠ざける 

         * Bluetooth通信を妨げる可能性がある機器

      • 電子レンジ
      • ワイヤレス機器(コードレス電話機、カメラ、ワイヤレススピーカーなど)
      • 公共のWi-Fiスポット、駅の自動改札機など特定の設備

      接続イメージ

    • 接続するBluetooth機器の電源を入れ直してから、ヘッドホンと再度ペアリングする

      接続イメージ

    目次に戻る

    使っていない機器のBluetooth機能をオフにする

    マウスやキーボードなど複数のBluetooth機器をつなげて使用すると、Bluetoth通信の電波が干渉してしまう場合があります。

    以下の対処方法をお試しください。

    • 使用していない他の機器のBluetooth機能をオフにする

      イメージ

    目次に戻る

    音楽再生アプリ以外のアプリを終了する

    スマートフォンやタブレットからの視聴時に、同時にたくさんのアプリを起動していると、スマートフォンの動作に負荷がかかり、Bluetoothによる音声の伝送に支障がでる場合があります。

    以下の対処方法をお試しください。

    • 使用していないアプリを終了する

      イメージ

    • スマートフォンの電源を入れ直す

      イメージ

    目次に戻る

    音質設定を変更する

    「LDAC」などの高音質なBluetoothコーデックで再生する場合は、転送するデータ量が多くなるためBluetoothによる音声の伝送に影響を受けやすくなります。

    以下の対処方法をお試しください。

    • 音質設定を「高音質」から「標準」や「通信優先」へ変更する
    • 接続するBluetooth機器の位置を変えたり、ヘッドホンとの距離を近づける

      接続イメージ

    関連Q&A:
    右側の音が途切れる、右側の音が出ない(WF-1000X、WF-SP700N)

    目次に戻る