文書番号 : S1604190079138 / 最終更新日 : 2016/09/27

手回し充電ラジオをご利用時の電池の取り扱いについて(ICF-B*)

対象製品カテゴリー・製品

Q

手回し充電ラジオをご利用時の電池の取り扱いについて(ICF-B*)



A

1年に1度はおすすめの速さ(1秒間に2回転)で1分以上、手回し充電をしてください。


内容

対処方法

  • 1年に1度は充電を行ってください

    本機を長期間使わない場合は、内蔵充電池の劣化を防ぐため、単3形電池を取りはずし、電源切換スイッチを「単3形電池」に切り換えてください。
    また、1年に1度はおすすめの速さ(1秒間に2回転)で1分以上、手回し充電をしてください。

  • 持続時間が短いときは

    本機を初めて使うときや、長時間使用しなかったとき、電源を入れた状態で放置したときは、充電しても持続時間が短くなる場合があります。
    この場合は、充電(1分以上)、放電(ラジオやライトを使用する)を繰り返すと通常の状態に戻ります。

    お客様による内蔵充電池の交換はできません。
    電池が消耗してくると音が小さくなったり、ひずんだり、同調インジケーターが暗くなったりします。
    そのときはハンドルを回して内蔵充電池を充電するか、単3形電池を交換してください。

    充電してもラジオの使用時間が極端に短くなってきたら、ソニ-の相談窓口またはお買い上げ店、お近くのソニーサービス窓口にご相談ください。