文書番号 : S1603140078454 / 最終更新日 : 2019/09/20

S-Log(S-Log2、S-Log3)とは何ですか(α:アルファ)

    Q

    S-Log(S-Log2、S-Log3)とは何ですか(α:アルファ)

     
    A

    撮影後にグレーディング(画像加工処理)を行うことを前提とした、ダイナミックレンジの広いガンマカーブです

    説明

    S-Logとは、撮影後にグレーディング(画像加工処理)を行うことを前提とした、ダイナミックレンジの広いガンマカーブです。
    S-Log3は、S-Log2よりもシャドウからミッドトーンにかけての階調特性を重視し、撮影用のフィルムをスキャンした特性に近づけています。
    基本的にはS-Log3のご使用をおすすめします。S-Log3で中~高輝度の諧調不足が気になる場合はS-Log2をお試しください。
    S-Logを使って撮影する場合は、事前にテスト撮影をおこないグレーディングを含め画質を確認することをおすすめします。
    S-Logで撮影した映像のグレーディングをおこなうときは、専門的な知識が必要となります。

    詳細は、以下のページをご覧ください。