文書番号 : S1602030077503 / 最終更新日 : 2020/12/14

スピーカー本体の電源が勝手に切れてしまう(SRS-XB**)

    接続している機器の音声入力レベルが小さい場合や、スピーカーの再生が停止されている状態のとき、約15分経過すると、自動的にスピーカーの電源がオフされるオートパワーオフ機能が搭載されています。
    このオートパワーオフ機能が働くと、スピーカーの電源が自動的にオフされます。

    スピーカーの電源をオフさせないで使用するには、接続している機器の音量を上げるか、スピーカーのオートパワーオフ機能をオフに切り替えてください。(SRS-XB01/XB10は変更できません)

     

    参考情報

    オートパワーオフ機能のオン/オフの設定は本体、または“Sony | Music Center”を使って切り替えることができます。

    操作手順

    • 本体で設定できる製品
      設定できる製品は以下の機種です。
      SRS-XB12/SRS-XB2/SRS-XB20/SRS-XB3/SRS-XB30/SRS-XB40

      1. スピーカーをACアダプター、またはUSB ACアダプターでコンセントにつなぎ、電源を切った状態にします。

      2. スピーカー上部にある[+]ボタンと[-]ボタンを同時に5秒以上押したままにします。
        オフに切り替わると、Bluetoothランプ(Bluetooth)ランプが白色(または青色)に3回点滅します。
        オンに切り替わると、Bluetoothランプ(Bluetooth)ランプが白色(または青色)に2回点滅します。

        +-ボタン

        ※上図は、SRS-XB2の画像です。

    • “Sony | Music Center”で設定できる製品
      詳しいインストール手順、操作手順はヘルプガイドをご確認ください。

      Music Centerヘルプガイドを見る