文書番号 : S1511090075753 / 最終更新日 : 2018/02/28

Media Goからウォークマンに楽曲を転送すると、一部の楽曲でアーティスト名やアルバム名が「不明」になる。

    Q

    Media Goからウォークマンに楽曲を転送すると、一部の楽曲でアーティスト名やアルバム名が「不明」になる。


    Media Go上では正しく表示されている楽曲の情報が、ウォークマンに転送すると「不明」になる。
    「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」「リリース年」などでウォークマンで検索できない。


    A

    Media Go上では正常に表示されている場合と、Media Go上でも「不明」となる場合で対応方法が異なります。詳しくは以下をご覧ください。


    説明

    Media Go Ver.3.0をご利用で、ATRAC形式のファイルを転送すると症状が発生することを確認しています。

    Media Go ver.3.0aで改善されているため、3.0をご利用の場合には最新版の3.0a以降へアップデートしてご利用ください。
    アップデートが困難な場合には、該当のファイルをMedia Goを使用せずにドラッグ&ドロップで転送するか、他のファイルフォーマットに変換してから転送してください。

    内容

    事前確認

    Media Go上で正常に楽曲情報が表示されているか確認してください。

    該当の楽曲をクリックして選択し、右クリックして「プロパティ」を表示します。
    プロパティ画面の赤枠部分に情報が表示されているかを確認します。

    参考

    「プロパティ」の「ミュージック」画面のなかでウォークマン本体で表示・確認ができるのは、以下の 項目です。これ以外の項目はMedia Go上で表示されていてもウォークマン本体では表示できません。

    • タイトル(曲名)
    • アーティスト
    • ジャンル
    • アルバム(アルバム名)
    • トラック(トラック番号)
     

    目次に戻る

    操作方法

    Media Go上で正常に楽曲情報が表示されている場合は、他のファイルフォーマットへ変換して正常にウォークマン上で表示できるか確認します

    WAVE形式(.wav)やAIFF形式(.aiff)のファイルはもともと楽曲情報を保持することができません。
    そのため、FLACファイルへの変換をおこなうことをおすすめします。

    また、他のプログラムで作成した楽曲ファイルの一部では、Media Go上で楽曲情報を付与していないため、転送時に「不明」となってしまうことがあります。
    Media Goで変換をおこなって新しいファイルを作ると問題が解決することがあります。
    他のファイルフォーマットへ変換して転送する方法は以下の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    Media Goを使って、楽曲のファイル形式やビットレートを変換してウォークマンへ転送したい。

    また、他のソフトウェアを使って取り込み時に楽曲情報をつけた、タグ編集ソフトウェアで楽曲情報をつけた、など、楽曲そのものに楽曲情報が間違いなくついている場合には、Media Goを使わずにドラッグアンドドロップでウォークマンの「MUSIC」フォルダへ直接ファイルをコピーすると改善することがあります。

    • この場合、Media Goからの転送をおこなっていないため、Media Goで作成したプレイリストの利用などはできません。ウォークマン本体のブックマーク機能などをご活用ください。
      また、バンドルソフトウェア以外で付与された楽曲情報については、ウォークマンで正常に表示ができないことがあります。

    ドラッグアンドドロップでも症状が改善しない場合には、ウォークマン本体で読み取りできる方法で楽曲情報が付与されていない可能性があります。
    この場合はMedia Go上で再度楽曲情報の付け直しをおこなって転送をお試しください。

    目次に戻る

    Media Go上でも正常に楽曲表示されていない場合には、楽曲情報を付与する必要があります

    Media Go上で楽曲情報が「不明」となっている場合は、楽曲情報を付与することでウォークマンに転送したあと「アルバム」や「アーティスト」から楽曲を探しやすくなります。
    Media Goで楽曲情報を付与する方法は、以下のページをご参照ください。

    Media Goを利用しているパソコンがインターネットに接続している場合には、オーディオCDなどからパソコンに楽曲を取り込むときに、楽曲情報やアートワークを自動で付与することができます。

    • ただし、Gracenoteに楽曲の情報がない場合には反映されません。

    上記の操作をおこなっても改善しない場合は、楽曲情報をいったん削除してください。
    楽曲情報を付け直しして反映されるかご確認ください。

    参考

    Media Goでは、他のソフトウェアなどで楽曲情報が付与されている場合には、「不明なプロパティの取得」をおこなっても、すでに情報が入っている箇所には情報の修正をおこないません。
    そのため、アルバム名などを削除し楽曲情報を「不明」の状態にしてから、改めて手動での楽曲情報の入力をおこなうか、「不明なプロパティの取得」をおこなってください。

    また、楽曲情報の付け直しをおこなってもうまくいかない場合には、ウォークマン内の該当曲を削除し、PCからウォークマンを取り外してMedia Goを再度起動してから、改めて楽曲の転送をお試しください。

    目次に戻る

     

    目次に戻る