文書番号 : S1510010074382 / 最終更新日 : 2016/09/27

[Windows 10] スクリーンセーバーを設定する方法

    Q

    [Windows 10]
    スクリーンセーバーを設定する方法


    Windows 10で、スクリーンセーバーを設定する方法を教えてください。


    A

    [スクリーン セーバーの設定]画面で設定します


    対象製品

    Windows 10

    説明

    スクリーンセーバーとは、指定した時間が経過しても操作が行われない場合、画面上に文字や模様などを表示して、ディスプレイを保護する機能です。
    スクリーンセーバーからの再開時にログオン画面に戻る設定することで、PCから離れているとき、第三者によるのぞき見を防止する効果もあります。

    内容

    操作方法

    操作手順

    1. [スタート]ボタンを選択し、[設定]を選択します。

    2. [設定]画面が表示されるので、[パーソナル設定]を選択します。

      [設定]画面

    3. [パーソナル設定]画面が表示されるので、左側の[ロック画面]を選択して、[スクリーン セーバー設定]を選択します。

      [パーソナル設定]画面

    4. [スクリーン セーバーの設定]画面が表示されるので、[スクリーン セーバー]から設定したいスクリーンセーバーを選択します。

      • ここでは例として、「バブル」を選択します。

      [スクリーン セーバーの設定]画面

    5. [待ち時間]に、スクリーンセーバーが起動するまでの待ち時間を入力して、[OK]ボタンを選択します。

      • ここでは例として、3分を選択します。

      [スクリーン セーバーの設定]画面

      参考
      • スクリーンセーバーの動作を確認するには、[プレビュー]を選択します。

      • スクリーンセーバーを解除したときログオン画面を表示するには、[再開時にログオン画面に戻る]にチェックをつけます。

        • ユーザーアカウントにパスワードを設定する必要があります。

    以上で操作は完了です。
    [待ち時間]で指定した時間にスクリーンセーバーが開始されることをご確認ください。