文書番号 : S1509290074347 / 最終更新日 : 2017/06/01

[Windows 10] ファイルを開く際に起動するアプリを変更する方法・関連付けを変更する方法

対象製品カテゴリー・製品

 
Q

[Windows 10]
ファイルを開く際に起動するアプリを変更する方法・関連付けを変更する方法

  • Windows 10で、ファイルをダブルクリック(タッチパネルの場合はダブルタップ)したときに起動するアプリを変更する方法を教えてください。
  • ファイルの種類に関連付けられているアプリを変更したいです。
 
A

[コントロール パネル]の[プログラム]から操作します

対象製品

Windows 10

説明

Windows 10では、ファイルをダブルクリック(タッチパネルの場合はダブルタップ)すると、そのファイルの拡張子に決められたアプリが起動します。
関連付けられたアプリとは別のアプリでファイルを開きたい場合は、ファイルを右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)表示されるメニューから、使用したいアプリを選択します。
その際に、関連付けの設定を変更することで、次回以降、同じ種類のファイルは同じアプリで起動するようになります。

新しいアプリのインストール後に、起動するアプリが変更されてしまった場合も、本Q&Aの操作で変更が可能です。

内容

操作方法

操作手順

  1. [スタート]ボタンを選択します。

  2. アプリの一覧が表示されるので、「W」欄から[Windows システムツール]を選択し、[コントロール パネル]を選択します。

  3. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[プログラム]を選択します。

    • 表示方法がアイコンの場合は[既定のプログラム]→[ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け]を選択し、手順4へ進みます。

    [コントロール パネル]の画面

  4. [プログラム]画面が表示されるので、[既定のプログラム]の[あるファイルの種類を特定のプログラムでオープン]を選択します。

    [プログラム]の画面

  5. [関連付けを設定する]画面が表示されるので、起動するアプリを変更したい拡張子を選択し、[プログラムの変更]ボタンを選択します。

    • ここでは例として、[.txt]を選択します。

    [関連付けを設定する]の画面

  6. [この (拡張子) ファイルを今後どうやって開きますか?]というメッセージが表示されるので、起動させたいアプリを選択して、[OK]ボタンを選択します。

    • ここでは例として、[ワードパッド]を選択します。

    [ワードパッド]を選択する画面

  7. [現在の既定プログラム]欄のアプリが変わったことを確認し、[閉じる]ボタンを選択します。

    [関連付けを設定する]の画面

以上で操作は完了です。

ファイルをダブルクリック(タッチパネルの場合はダブルタップ)し、変更後のアプリで起動することをご確認ください。

[ワードパッド]が起動することを確認