文書番号 : S1506220072393 / 最終更新日 : 2016/09/27

[Windows 10] システムの復元を有効/無効にする方法

    Q

    [Windows 10]
    システムの復元を有効/無効にする方法


    システムの復元(システムの保護)を有効、または無効にする方法について。


    A

    [システムのプロパティ]画面から設定します


    対象製品

    Windows 10

    説明

    システムの保護を有効にすることで、選択したハードディスクに自動でシステムの復元を実行できます。
    重要なファイルが保存されているハードディスクは、すべてシステムの保護を有効にしておくことをおすすめします。

    ご注意

    システムの復元を無効にすると、すべての復元ポイントが削除されます。
    再びシステムの復元を有効にして復元ポイントが作成されるまでシステムの復元ができなくなります。
    また、システムの復元ポイントをいったん削除すると、元に戻すことはできませんのでご注意ください。

    内容

    操作方法

    操作手順

    1. [スタート]ボタンを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、[システム]を選択します。

    2. [システム]画面が表示されるので、[システムの保護]を選択します。

      [システム]画面

    3. [システムの保護]タブが選択された[システムのプロパティ]画面が表示されるので、[保護設定]欄からシステムの復元を有効にしたいドライブを選択して、[構成]ボタンを選択します。

      [システムのプロパティ]画面

    4. [システム保護対象]画面が表示されるので、[システムの保護を有効にする]、または[システムの保護を無効にする]にチェックをつけて、[OK]ボタンを選択します。

      [システム保護対象]画面

      参考

      [システムの保護を無効にする]にチェックをつけた場合は、「このドライブに対するシステムの保護を無効にしますか?」と表示されるので、[はい]ボタンを選択します。

      メッセージ内容:
      「ドライブ上の既存の復元ポイントは削除され、新しい復元ポイントは作成されなくなります。
      すべてのディスクに対して、システムの復元を使ってシステムの不要な変更を元に戻すことはできなくなります。」

    5. [システムのプロパティ]画面に戻るので、[OK]ボタンを選択します。

    以上で操作は完了です。