文書番号 : S1505017016377 / 最終更新日 : 2016/09/27

Android 4.4にOSバージョンアップすると、どのような点が変更になりますか?

    Q

    Android 4.4にOSバージョンアップすると、どのような点が変更になりますか?



    A


    主な変更点は次のようになります。

     

    分類

    機能名

    機能概要

    通信の

    有無

    カメラ

    カメラの改善

    カメラの改善を行っています。

    例:

    での対応

    のサムネイルを、フリックでも消せるように変更

    ・条件により使えなくなる設定を非表示ではなくグレーアウト表示に変更

    のデザイン変更

    なし

    カメラ

    カメラ撮影解像度の追加

    で高画質のフルスクリーンサイズの写真が撮影可能となりました。

    の解像度が選択可能です。

    なし

    カメラ

    カメラWidget

    ショートカットのカスタマイズ機能を追加しました。

    なし

    マルチメディア

    TV Launcher

    ・壁紙の変更

    ・デフォルトアプリレイアウトを変更

    なし

    機器連携

    ファイル転送の改善

    (ワンタッチ)によるファイルでが利用できるようになりました。ワンタッチファイル転送は本機能に対応している同士であれば、による情報の受け取りが可能となりました。

    使い勝手は変わらず、すべて端末内で処理されます。

    ・共有したいコンテンツを選択し別の端末とタッチします。

    両端末が対応していれば、を通してコンテンツを転送します。

    なし

    機器連携

    Windows Tethering

    から端末のテザリング設定を起動することが可能です。

     またはそれ以降)

    の接続メニューにテザリングが追加されます。

    ・事前にでペアリングしておくことでからを操作することなくテザリングを起動することが可能になります

    なし

    機器連携

    簡単セットアップ

    新しいウィザード機能追加により、(メディア転送プロトコル)を簡単セットアップすることができます

    なし

    機器連携

    スマートコネクト

    経験をカスタマイズイベントタブ

    スマートフォンを他の周辺機器に接続した際のイベントを作成することができます。たとえば、家にいる時にヘッドセットを接続したら、音楽プレーヤーが起動するなど、あらかじめ予定されているイベントをより豊かに設定することができます。

    周辺機器管理 デバイスタブ

    スマートウォッチ、スマートワイヤレスヘッドセットのようなアクセサリーを簡単に管理できます

    あり

    機器連携

    キーボード対応

    絵文字入力対応キ-ボード に対応します。

    また、ソニー製ハードウェアキーボードに対応します

    キーボード対応言語:日本語、英語(英)、英語(米)、フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語

    なし

    機器連携

    Remote Shares

    この機能を使うことで自宅などに設置したリモートサーバのファイルを内部にあるファイルと同等に扱うことができます。

    ・設定の「ストレージ」「リモートシェア」からアクセスします。

    ・静止画、動画のファイルはアプリから扱うことができます。

    あり

    のみ)

    機器連携

    機能

    かざすだけで複雑なペアリング設定や接続も全て自動で行うことができます。

    なし

    機器連携

    Accessory Battery

    機能

    接続されたアクセサリー類のバッテリーの状態を把握することが可能となりました。

    この機能に対応しているアクセサリーとの連携のみが可能です。

    あり

    のみ)

    電話・電話帳

    伝言メモ機能強化

    通話終了後に相手の連絡先を電話帳へ追加可能となりました。

    なし

    電話・電話帳

    電話帳連携強化

    通話終了時に追加)

    オリジナルメッセージを作成し、それを留守番電話の応答メッセージとして使用することが可能です。

    ・伝言メモを手動で開始することができます。

    ・伝言メモや留守番電話を聞く際にスピーカーを使用することが可能です。

    設定

    ステータスアイコンのカスタマイズ

    ステータスアイコンのカスタマイズが可能になりました。たとえば、時刻やバッテリー残量のアイコンを非表示にしたりできます。

    なし

    設定

    クイック設定の改善

    クイック設定と通知が別表示となりました

    なし

    設定

    ステータスバー

    通知アイコンの改善

    通知パネルを一度表示させると、ステータスバーの通知アイコンが消えます。これにより、ステータスバーが見やすくなりました。

    なし

    ホーム、テーマ、

    ロックスクリーン

    メニューへの

    追加

    検索オプションの1つとしてを追加しました。

    をインストールしたときにだけ表示されます。

    なし

    ホーム、テーマ、

    ロックスクリーン

    Xperia Themes

     テーマをコンテンツプロバイダーが作成、提供できるようになりましたそれを購入したり、インストールすることができます。

    あり

    ホーム、テーマ、

    ロックスクリーン

    ロックスクリーン画面・仕様変更

    ロックスクリーンの背景をのイメージに統一しています。

    また、一部仕様の変更を行っております

    なし

    その他

    スモールアプリ改善

    通常のアプリの上に小さなウィンドウのアプリ「スモールアプリ」を起動して複数のアプリをマルチタスクで同時に使うことができます。

    プリインストールのスモールアプリに加えて、ウィジェットのスモールアプリ化ストアからのアプリ追加により自由に機能を追加することができます。

    なし

    その他

    スクリーンショットの変更

    電源ボタン長押しでスクリーンショットを撮ることが可能になりました。

    電源ボタンと音量(小)ボタンを同時に押しても同じ操作が可能です。

    なし

    その他

    全アプリ終了ボタン配置の変更

    全アプリ終了ボタンの配置が変更となりました。

    なし

    その他

    セットアップガイドでの機能

    セットアップガイドでページでは、インストラクション抜きで簡単にログインサインアップできるようになりました。

    ログインしていれば以後などのソニークラウドサービスへの接続も容易になります。

    あり

    その他

    モード改善

    アプリを使う事で、電池持ちを改善することができます

    液晶時のアプリの通信を制限することで、電池持ちを改善します。

    あり