文書番号 : S1505017013412 / 最終更新日 : 2016/09/27

使用時間が短く、すぐ電池が切れてしまいます。 電源の持ち時間を長くする方法を教えてください。

    Q

    使用時間が短く、すぐ電池が切れてしまいます。 電源の持ち時間を長くする方法を教えてください。



    A


    ●圏外の状態で長い時間放置されるようなことはありませんか。圏外時は通信可能な状態にできるよう電波を探すため、より多くの電力を消費しています。
    ●ハードウェアキーが押下された状態だとディスプレイのバックライトが点灯したままになります。電池の使用時間が短くなるため、カバンやポケットなどに入れる際に、ハードウェアキーが押されたままの状態にならないようご注意ください。
    ●内蔵電池の使用時間は、使用環境や劣化度により異なります。
    ●内蔵電池は消耗品です。充電を繰り返すごとに、1回の使用時間が次第に短くなっていきます。十分に充電しても購入時に比べて使用時間が極端に短くなった場合は、内蔵電池の交換時期です。内蔵電池の交換につきましては、ドコモの故障お問い合わせ先、または、ドコモ指定の故障取扱窓口までお問い合わせください。
    ●また、消費電流を減らすために、いくつかの方法があります。これらを実施すると電源の持ち時間を長くすることができます。   
    ・端末のスリープを無効にするアプリを起動させたままにしない。
    ・長時間使用しないときはアプリの同期を手動に切替える。
    ・長時間使用しないときはデータサービスをOFFにしておく。  
    ・アプリの同期周期を出来るだけ長めに設定する。  
    ・Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどを使用しないときはこまめにOFFにする。
    ・ブラウジングやビデオ、ワンセグを見るときに、画面の輝度を下げてお使いになる。 

    以下に具体的な設定方法を説明します。 
    <Eメールアプリに設定したアカウントの同期時間を変更するには>
    1)Eメールアプリを起動する。
    2)メニューキーを押し、[その他]⇒[アカウント設定]をタップする。
    3)[受信トレイの確認頻度]をタップする。
    4)[手動]、または、[1時間毎]などに変更する。 

    <Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどを利用しないときはこまめにOFFにする>
    1)メニューキーを押し、[本体設定]をタップする。
       ※ホームアプリがXperiaの場合は[設定]をタップします。
    2)[無線とネットワーク]⇒[Wi-Fi]と[Bluetooth]のチェックをはずす。  
      [現在地情報とセキュリティ]⇒[無線ネットワークを使用]と[GPS機能を使用]のチェックをはずす。
      [アカウントと同期]⇒[自動同期を有効にする]のチェックをはずす。

    <ブラウジングやビデオ、ワンセグを見るときに画面の輝度を下げる>
    1)メニューキーを押して[設定]をタップする。
    2)[画面設定]⇒[画面の明るさ]をタップする。
    3)明るさのバーを調整後、[OK]をタップする。

    <ecoモードアプリを利用して、Wi-Fi/Bluetoothの設定をOFFにしたり、画面の輝度を下げたり、アプリケーションの自動同期を停止する>
    1)ホーム画面でアプリケーションボタンをタップする。
    2)[ecoモード]をタップし、画面の指示に従ってインストールする。
    3)表示される項目の内容を確認しながら、任意の設定をし、「ecoモード状態設定」を[ON]または[オート(電池残量連動)]に設定する。
    ※あらかじめ、Googleアカウントを作成するか、ログインする必要があります。

    ※Androidアプリの多くは同期を取るようになっているため、アプリを起動すると通常の待受けに加え同期のために電流を消費します。液晶が消灯した(スリープ)状態でも、同期の際にはネットワーク接続の有無によらず液晶以外のシステムが起動します。 
    ※上記を実施した際に減らせる消費電流は、それぞれのアプリ、および通信環境によるため、電池持ちの向上を数値化することはできません。