文書番号 : S1505017012734 / 最終更新日 : 2016/09/27

外部メモリ転送モード中の注意点は?

    Q

    外部メモリ転送モード中の注意点は?



    A


    ◎ 他に起動している機能がある場合は、他の機能を終了してから転送を行ってください。
    ◎ 外部メモリ転送モード中は電波OFFモードになります。また、キー操作を行うことはできません。
    ◎ 次のOS以外での動作は、保証していません。
    ・Windows XP 日本語版(64ビット版は除く)
    ・Windows Vista 日本語版
    ・Windows 7 日本語版
    ◎ パソコンとデータの読み書きをしている間にUSBケーブル(別売)を取り外すと、データを破損するおそれがあります。取り外さないでください。
    ◎ 通信中に電池パックを取り外さないでください。
    ◎ 外部メモリ転送モード中は、パソコンの電源を切ったり、休止状態にしないでください。再度パソコンを起動しても、通信できない場合があります。
    ◎ 電池レベルが1以下の場合は外部メモリ転送モードを利用できません。電池残量には十分ご注意ください。電池残量が少なくなると、パソコンのエラーやデータの破損などの原因となります。USB充電ケーブル01(別売)を使用すると、充電しながら接続できます。
    ◎ 外部メモリ転送モード中にアラームの時刻になった場合は、外部メモリ転送モードを終了すると、アラームが鳴ります。
    ◎パソコン上で「PCフォルダ」以外のフォルダには変更を加えないでください。外部メモリのデータが失われたり、URBANO AFFAREで正しく表示できなくなることがあります。