文書番号 : S1412170068858 / 最終更新日 : 2016/09/27

別の人が加筆した手書きメモの削除制限はできますか?

対象製品カテゴリー・製品

Q

別の人が加筆した手書きメモの削除制限はできますか?

A

ユーザー名が設定された異なるデジタルペーパー間でのドキュメントおいては可能です。

削除制限する場合は、ホームメニューの「アプリケーションの設定」→「ドキュメントの設定」→「注釈制限」にて設定を行います。

具体的な使用シーンとしては、Aさん使用のDPT-S1(ユーザー名、削除制限設定済み)でドキュメントへメモを加筆した場合、そのドキュメントはBさん使用の別のDPT-S1(ユーザー名設定済み)上では、メモの削除をすることは出来ません。
(Ver1.3)