文書番号 : S1408180065764 / 最終更新日 : 2019/03/19

[Windows 8,Windows 7] 2014年8月13日に公開されたWindows Updateを実行後、自動修復画面が表示されWindowsが正常に起動できない

対象製品カテゴリー・製品

Q

[Windows 8,Windows 7]
2014年8月13日に公開されたWindows Updateを実行後、自動修復画面が表示されWindowsが正常に起動できない


  • 2014年8月13日に公開されたWindows Updateを実行後、正常に起動できません。
  • 青い画面が表示されてWindowsが正常に起動しません。
  • [自動修復]画面が表示され、[再起動]ボタンを選択しても、同じ状態になります。
  • [スタートアップ修復]画面が表示され、再起動しても同じ状態になります。
詳細を見る

[自動修復]画面

  • 上記の画像は、Windows 8.1、またはWindows 8の場合に表示される画面の一例です。

[スタートアップ修復]画面

  • 上記の画像は、Windows 7の場合に表示される画面の一例です。

A

インストールされているOSのバージョンによって操作が異なります


対象製品

Windows 8.1
Windows 8
Windows 7

  • いずれも64ビット版が対象です。

説明

マイクロソフト社にて、2014年8月13日に公開されたWindows Updateを実行し、以下のいずれかの更新プログラムがインストールされると、STOPエラー(0x50)が発生して、PCが異常終了する場合があるとの情報が発表されています。
これらの更新プログラムは、2014年9月2日に公開されたWindows Updateで、現象が発生しないように対策されました。

  • 一部の更新プログラムは、現象が発生する更新プログラムと同じKB番号で公開されましたが、対策されているため、インストールしても問題ありません。
  • 2982791 [MS14-045]カーネルモードドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014年8月12日)
  • 2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
  • 2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
  • 2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

マイクロソフト社のWebページに詳細な情報が掲載されています。

マイクロソフト社サポート技術情報
[文章番号]
2975719
[最終更新日]
2014/09/10
[タイトル]
Windows RT 8.1、8.1 の Windows、および Windows Server 2012 の R2 用の更新プログラムのロールアップ 2014年 8 月

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある:
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/08/16/2982791-knownissue3.aspx

内容

事前確認

インストールされているOSのバージョンによって操作が異なります。

目次に戻る

対処方法

Windows 8.1、またはWindows 8の場合
スタートアップ修復を実行します
[自動修復]画面が表示されている場合

操作手順

  1. [自動修復]画面の[詳細オプション]ボタンを選択します。

    [自動修復]画面

  2. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

    [オプションの選択]画面

  3. [トラブルシューティング]画面が表示されるので、[詳細オプション]を選択します。

    [トラブルシューティング]画面

  4. [詳細オプション]画面が表示されるので、[スタートアップ修復]、または[自動修復]を選択します。

    [詳細オプション]画面

  5. [スタートアップ修復]画面が表示された場合は、管理者権限を持つアカウントを選択して、パスワードを入力し、[続行]ボタンを選択します。
    [自動修復]画面が表示された場合は、[Windows 8.1]、または[Windows 8]を選択します。

  6. 修復作業が開始されるので、終了するまで待ちます。

    • 作業が終了するまでに1時間ほど時間がかかることがありますが、そのままお待ちください。
  7. 修復作業が終了すると、[スタートアップ修復]画面が表示されるので、[復元]を選択します。

    • 「Windowsが正しく読み込まれませんでした」と表示された場合も、[復元]を選択してください。
  8. Windowsを再起動します。

正常に起動できるかを確認します。
上記操作を行っても改善しない場合は、[2]システムの復元を実行しますに進んでください。

目次に戻る

[自動修復]画面が表示されていない場合

操作手順

  1. PCの電源が入っている場合は、シャットダウンします(電源を切ります)。

  2. 電源が切れている状態で、[ASSIST]ボタンを押します。

  3. [VAIO Care レスキューモード]画面が表示されるので、[トラブルシューティング(リカバリー)を開始]、または[リカバリーやメンテナンスを開始]を選択します。

    [VAIO Care レスキューモード]画面

    [VAIO Care レスキューモード]画面

  4. [キーボード レイアウトの選択]画面が表示されるので、[Microsoft IME]を選択します。

    [キーボード レイアウトの選択]画面

  5. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

    [オプションの選択]画面

  6. [トラブルシューティング]画面が表示されるので、[詳細オプション]を選択します。

    [トラブルシューティング]画面

  7. [詳細オプション]画面が表示されるので、[スタートアップ修復]、または[自動修復]を選択します。

    [詳細オプション]画面

  8. [スタートアップ修復]画面が表示された場合は、管理者権限を持つアカウントを選択して、パスワードを入力し、[続行]ボタンを選択します。
    [自動修復]画面が表示された場合は、[Windows 8.1]、または[Windows 8]を選択します。

  9. 修復作業が開始されるので、終了するまで待ちます。

    • 作業が終了するまでに1時間ほど時間がかかることがありますが、そのままお待ちください。
  10. 修復作業が終了すると、[スタートアップ修復]画面が表示されるので、[復元]を選択します。

    • 「Windowsが正しく読み込まれませんでした」と表示された場合も、[復元]を選択してください。
  11. Windowsを再起動します。

正常に起動できるかを確認します。
上記操作を行っても改善しない場合は、[2]システムの復元を実行しますに進んでください。

目次に戻る

システムの復元を実行します

操作手順

  1. [自動修復]画面の[詳細オプション]ボタンを選択します。

    [自動修復]画面

    参考
  2. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

    [オプションの選択]画面

  3. [トラブルシューティング]画面が表示されるので、[詳細オプション]を選択します。

    [トラブルシューティング]画面

  4. [詳細オプション]画面が表示されるので、[システムの復元]を選択します。

    [詳細オプション]画面

  5. 下記のWebページを参照し、システムの復元を実行します。

    • ■システムの復元を行う方法 - ・Windowsが起動できない場合(Windows 8.1、またはWindows 8)手順8以降をご参照ください。

正常に起動できるかを確認します。
上記操作を行っても改善しない場合は、次の手順に進んでください。

目次に戻る

セーフモード(Safeモード)で起動し、特定のファイルを削除します

操作手順

  1. PCの電源が入っている場合は、電源ボタンを長押ししてシャットダウンします(電源を切ります)。

    参考

    [自動修復]画面が表示されている場合は、[詳細オプション]ボタンを選択し、手順8に進んでください。

  2. 電源を入れます。

  3. VAIOロゴが表示されたら、電源ボタンを長押ししてシャットダウンします。

  4. 手順2~手順3の操作を3回繰り返します。

  5. 電源を入れます。

  6. [自動修復を準備しています]というメッセージ、および[PCを診断中]というメッセージが表示されるので、しばらく待ちます。

  7. [自動修復]画面が表示されるので、[詳細オプション]ボタンを選択します。

    [自動修復]画面

  8. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

    [オプションの選択]画面

  9. [トラブルシューティング]画面が表示されるので、[詳細オプション]を選択します。

    [トラブルシューティング]画面

  10. [詳細オプション]画面が表示されるので、[スタートアップ設定]を選択します。

    [詳細オプション]画面

  11. [スタートアップ設定]画面が表示されるので、[再起動]ボタンを選択します。

    [スタートアップ設定]画面

  12. 再起動し、オプションを選択する画面が表示されるので、キーボードの[4]キー、または[F4]キーを押して[セーフモードを有効にする]を選択します。

    [スタートアップ設定]画面

  13. ユーザーアカウントにパスワードを設定している場合は、サインイン画面が表示されるので、パスワードを入力します。
    パスワードを設定していない場合は、次の手順に進みます。

  14. セーフモードで起動するので、画面の右上隅にマウスポインターを合わせて(タッチパネルの場合は画面の右端からスワイプして)、表示されたチャームから[検索]を選択します。

  15. [検索]チャームが表示されるので、検索ボックスに「コマンドプロンプト」と入力します。

    • Windows 8の場合は、検索範囲に[アプリ]が選択されている状態で「コマンドプロンプト」と入力します。
  16. 表示された検索結果から、[コマンド プロンプト]を右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[管理者として実行]を選択します。

  17. [管理者:コマンド プロンプト]画面が表示されるので、以下のコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。

    cd\
  18. 以下のコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。

    del□%windir%\system32\fntcache.dat
    • 上記の□は半角スペースです。
  19. コマンドプロンプト上にエラーメッセージが表示されなければ削除は成功しています。
    [×](閉じる)ボタンを選択して、[コマンドプロンプト]画面を閉じます。

  20. Windowsを再起動します。

正常に起動した場合は、続いてレジストリーの操作を行います。
次の手順に進んでください。

正常に起動しない場合は、再度セーフモードで起動し、バックアップを取ってリカバリー(再セットアップ・初期化)を実行してください。

目次に戻る

レジストリーの操作を行います
ご注意

以下のマイクロソフト社のWebページでは、レジストリーの操作を案内しています。
レジストリーの編集を誤ると、Windowsが起動しなくなるなど、リカバリーを余儀なくされるような事態が発生する恐れがあります。
操作を行う前に、レジストリーを編集する際の注意事項ご確認ください。

以下のマイクロソフト社のWebページをご参照ください。
手順4以降の手順を参照し、レジストリーの操作を行ってください。

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある:
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/08/16/2982791-knownissue3.aspx

参考

以降の手順は、上記のマイクロソフト社のWebページ内にも記載されています。

目次に戻る

ファイル、および更新プログラムを削除します

操作手順

  1. 画面の右上隅にマウスポインターを合わせて(タッチパネルの場合は画面の右端からスワイプして)、表示されたチャームから[検索]を選択します。

  2. [検索]チャームが表示されるので、検索ボックスに「コマンドプロンプト」と入力します。

    • Windows 8の場合は、検索範囲に[アプリ]が選択されている状態で「コマンドプロンプト」と入力します。
  3. 表示された検索結果から、[コマンド プロンプト]を右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[管理者として実行]を選択します。

  4. [管理者:コマンド プロンプト]画面が表示されるので、以下のコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。

    del□%windir%\system32\fntcache.dat
    • 上記の□は半角スペースです。
  5. コマンドプロンプト上にエラーメッセージが表示されなければ削除は成功しています。
    [×](閉じる)ボタンを選択して、[コマンドプロンプト]画面を閉じます。

  6. [プログラムと機能]画面を表示します。

  7. [インストールされた更新プログラム]を選択します。

  8. 次の4個の更新プログラムをアンインストールします。

    • KB2982791
    • KB2970228
    • KB2975719
    • KB2975331
    参考

    上記の4個がすべて存在しているとは限りません。

  9. Windowsを再起動します。

  10. レジストリー操作でエクスポートしたレジストリーファイルを右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)表示されたメニューから、[結合]を選択します。

  11. 「情報を追加すると、値が変更または削除されてしまい、コンポーネントが正常に動作しなくなることがあります。」というメッセージが表示されるので、[はい]ボタンを選択します。

  12. 「(レジストリーファイルの保存場所)に含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。」というメッセージが表示されるので、[OK]ボタンを選択します。

  13. Windowsを再起動します。

目次に戻る

Windows 7の場合
セーフモード(Safeモード)で起動し、更新プログラムを削除します

操作手順

  1. PCの電源が入っている場合は、電源ボタンを長押ししてシャットダウンします(電源を切ります)。

  2. セーフモード(Safeモード)で起動します。

  3. 以下の更新プログラムを削除します。

    • KB2982791
    • KB2970228

    ▼関連Q&A:
    [Windows 7] Windows Updateで更新・追加したファイルを削除する方法

  4. Windowsを再起動します。

正常に起動できるかを確認します。
上記操作を行っても改善しない場合は、次の手順に進んでください。

目次に戻る

システムの復元を実行します

操作手順

  1. PCの電源が入っている場合は、電源ボタンを長押ししてシャットダウンします(電源を切ります)。

  2. 下記のWebページを参照し、システムの復元を実行します。

    • ■システムの復元を行う方法 - ・Windowsが起動できない場合(Windows 7、またはWindows Vista)をご参照ください。

正常に起動できるかを確認します。
上記操作を行っても改善しない場合は、次の手順に進んでください。

目次に戻る

セーフモードとコマンドプロンプトで起動し、特定のファイルを削除します

操作手順

  1. PCの電源が入っている場合は、電源ボタンを長押ししてシャットダウンします(電源を切ります)。

  2. PCの電源を入れたら、すぐにキーボードの[F8]キーを何度も押します。

    参考

    [F8]キーを押しても[詳細ブート オプション]画面を起動できない場合は、以下の操作をお試しください。

    操作手順

    1. PCの電源を入れたら、すぐにキーボードの[F5]キーを何度も押します。

    2. [Windows ブート マネージャー]画面が表示されるので、[F8]キーを押します。

  3. [詳細ブート オプション]画面が表示されるので、[セーフ モードとコマンド プロンプト]を選択し、[Enter]キーを押します。

  4. [管理者:cmd.exe]画面が表示されるので、以下のコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。

    del□%windir%\system32\fntcache.dat
    • 上記の□は半角スペースです。
  5. コマンドプロンプト上にエラーメッセージが表示されなければ削除は成功しています。
    [Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーを同時に押し、画面右下に表示された電源ボタンの[▲]を選択して、[再起動]を選択します。

正常に起動した場合は、続いてレジストリーの操作を行います。
次の手順に進んでください。

正常に起動しない場合は、セーフモードで起動し、バックアップを取ってリカバリー(再セットアップ・初期化)を実行してください。

目次に戻る

レジストリーの操作を行います
ご注意

以下のマイクロソフト社のWebページでは、レジストリーの操作を案内しています。
レジストリーの編集を誤ると、Windowsが起動しなくなるなど、リカバリーを余儀なくされるような事態が発生する恐れがあります。
操作を行う前に、レジストリーを編集する際の注意事項ご確認ください。

以下のマイクロソフト社のWebページをご参照ください。
手順4以降の手順を参照し、レジストリーの操作を行ってください。

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある:
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/08/16/2982791-knownissue3.aspx

参考

以降の手順は、上記のマイクロソフト社のWebページ内にも記載されています。

目次に戻る

ファイル、および更新プログラムを削除します

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[コマンド プロンプト]を右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

  2. [ユーザー アカウント制御]画面が表示された場合は、[はい]ボタンを選択します。
    パスワードの入力画面が表示された場合は、管理者権限を持つアカウントのパスワードを入力し、[はい]ボタンを選択します。

  3. [管理者:コマンド プロンプト]画面が表示されるので、以下のコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。

    del□%windir%\system32\fntcache.dat
    • 上記の□は半角スペースです。
  4. コマンドプロンプト上にエラーメッセージが表示されなければ削除は成功しています。
    [×](閉じる)ボタンを選択して、[コマンドプロンプト]画面を閉じます。

  5. [プログラムと機能]画面を表示します。

  6. [インストールされた更新プログラム]を選択します。

  7. 次の4個の更新プログラムをアンインストールします。

    • KB2982791
    • KB2970228
    • KB2975719
    • KB2975331
    参考

    上記の4個がすべて存在しているとは限りません。

  8. Windowsを再起動します。

  9. レジストリー操作でエクスポートしたレジストリーファイルを右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)表示されたメニューから、[結合]を選択します。

  10. 「情報を追加すると、値が変更または削除されてしまい、コンポーネントが正常に動作しなくなることがあります。」というメッセージが表示されるので、[はい]ボタンを選択します。

  11. 「(レジストリーファイルの保存場所)に含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。」というメッセージが表示されるので、[OK]ボタンを選択します。

  12. Windowsを再起動します。

目次に戻る