文書番号 : S1404180062681 / 最終更新日 : 2019/09/20

特定の被写体にピントを合わせ続けるにはどうしたらいいですか?

    被写体を追尾してフォーカス枠を合わせ続けるトラッキング機能があります。
    トラッキングを開始する位置は、フォーカスエリアで指定する方法とタッチ操作で指定する方法があります。

    ご注意

    お使いの機種や本体ソフトウェアのバージョンによって搭載されている機能は異なります。詳しくは説明書を確認してください。

    [フォーカスエリア]のメニュー項目に[トラッキング]が表示される機種の場合

    • トラッキングの開始位置をフォーカスエリアで指定する([フォーカスエリア]の[トラッキング])
      シャッターボタンを半押しすることで、設定しているフォーカス枠を開始位置としてトラッキングを開始します。
      • 静止画撮影時に使用できます。
      • [フォーカスモード]が[コンティニュアスAF]([AF-C])のときのみ選択できます。

    撮影時のヒント:

    1. まず最初に被写体にピントを合わせるために適切な[フォーカスエリア]を選びます。
      • シンプルな背景で被写体の動きが激しいときは[トラッキング: ワイド]を選びます。
      • ある程度画面内での被写体の動く範囲が特定できる場合は[トラッキング: ゾーン]が有効です。
      • 背景のコントラストが高い場合や被写体の前に別の被写体があり、[トラッキング: ワイド]や[トラッキング: ゾーン]では意図しないところにピントが合う場合には、以下のいずれかを選択します。
        • [トラッキング: 中央]
        • [トラッキング: フレキシブルスポット]
        • [トラッキング: 拡張フレキシブルスポット]
    2. フォーカスエリアを被写体に合わせてシャッターボタンを半押しします。
    3. トラッキングを開始するとフォーカスエリアは自動的にワイドになりピントを合わせ続けますので、構図が決まったところでシャッターを切ります。

    • 一時的に[フォーカスエリア]を[トラッキング]に切り換える([静止画カスタムキー]の[押す間トラッキング])
      [フォーカスエリア]を[トラッキング]に設定していなくても、[押す間トラッキング]機能を割り当てたカスタムキーを押している間、一時的に[フォーカスエリア]の設定を[トラッキング]に切り換えることができます。
      • 静止画撮影時に使用できます。
      • あらかじめ、[静止画カスタムキー]で希望のキーに[押す間トラッキング]を割り当ててください。
      • [フォーカスモード]が[コンティニュアスAF]([AF-C])のときのみ使用できます。

    撮影時のヒント:
    被写体が遠くから近づいてくるシーンなど、ある程度被写体が大きくなったタイミングからトラッキングを開始させる場合などに使用します。望遠レンズを使用して、陸上競技などで離れた被写体がこちらへ向かってくるようなシーンにおすすめです。
    シャッターボタンを半押しながらピント合わせておき、[押す間トラッキング]を割り当てたカスタムキーを押してトラッキングを開始させます。


    • トラッキングの開始位置をタッチ操作で指定する([タッチ操作時の機能]の[タッチトラッキング])
      モニター上でトラッキングしたい被写体をタッチします。
      • 静止画撮影時/動画撮影時に使用できます。
      • [フォーカスモード]が[シングルAF] ([AF-S])、[AF制御自動切り換え] ([AF-A])、[コンティニュアスAF]([AF-C])、[DMF]のいずれかのとき使用できます。

    撮影時のヒント:
    被写体をモニター上でタッチすることで自動でフォーカスおよび追従します。あらかじめ[MENU]の[タッチ操作時の機能]を「タッチトラッキング」に設定しておくことで、直観的な被写体選択が可能になります。

    条件により、タッチトラッキング機能が使えない場合があります。詳しくは説明書を確認してください。

     

    [フォーカスエリア]のメニュー項目に[ロックオンAF]が表示される機種の場合

    • トラッキングの開始位置をフォーカスエリアで指定する([フォーカスエリア]の[ロックオンAF])
      シャッターボタンを半押しすることで、設定しているフォーカス枠を開始位置としてトラッキングを開始します。
      • 静止画撮影時に使用できます。
      • [フォーカスモード]が[コンティニュアスAF]([AF-C])のときのみ選択できます。

    撮影時のヒント:

    1. まず最初に被写体にピントを合わせるために適切な[フォーカスエリア]を選びます。
      • シンプルな背景で被写体の動きが激しいときは[ロックオンAF: ワイド]を選びます
      • ある程度画面内での被写体の動く範囲が特定できる場合は[ロックオンAF: ゾーン]が有効です。
      • 背景のコントラストが高い場合や被写体の前に別の被写体があり、[ロックオンAF: ワイド]や[ロックオンAF: ゾーン]では意図しないところにピントが合う場合には、以下のいずれかを選択します。
        • [ロックオンAF: 中央]
        • [ロックオンAF: フレキシブルスポット]
        • [ロックオンAF: 拡張フレキシブルスポット]
    2. フォーカスエリアを被写体に合わせてシャッターボタンを半押しします。
    3. トラッキングを開始するとフォーカスエリアは自動的にワイドになりピントを合わせ続けますので、構図が決まったところでシャッターを切ります。