文書番号 : S1403260061810 / 最終更新日 : 2016/09/27

リセット操作を行う際の注意点はありますか?

対象製品カテゴリー・製品

Q

リセット操作を行う際の注意点はありますか?

A

リセット方法には、下記の4種類があり、それぞれ注意点が異なります。

  1. DPT-S1本体のリセットボタン使用によるリセット
    強制シャットダウンで内蔵メモリーに保存されているドキュメントや設定項目は削除されません。
  2. 設定メニューの「リセット」「すべての設定」によるリセット
    すべての設定を工場出荷時に戻します。内蔵メモリーに保存されているドキュメントは削除されません。
  3. 設定メニューの「リセット」「キーボード入力履歴」によるリセット
    キーボード入力履歴、変換学習結果を消去します。内蔵メモリーに保存されているドキュメントや設定情報は削除されません。
  4. 設定メニューの「リセット」「メモリーの初期化」によるリセット
    内蔵メモリーまたはmicroSDメモリーカードを初期化します。(メモリーに保存されているドキュメントは削除されます。)
    設定情報とキーボード入力履歴、変換学習結果は削除されません。