文書番号 : S1309240054833 / 最終更新日 : 2019/03/19

ネットワークカメラ、レコーダー(NSR-500,RealShot Manager Advance/Lite)を設置する際の作業手順はどのようにすればよいですか?

    Q

    ネットワークカメラ、レコーダー(NSR-500,RealShot Manager Advance/Lite)を設置する際の作業手順はどのようにすればよいですか?

    A

    ネットワークカメラ、レコーダー(NSR-500, RealShot Manager Advanced/Lite)を設置する際の一般的な作業手順は以下のとおりです。

    1. ネットワークを敷設します。
    2. カメラを設定します。
      • PCで "SNC toolbox" をご使用いただき、カメラにIPアドレスを割り当てます。
      • カメラ個別の設定があればWebブラウザで行います。
          (スローシャッターモードやNightモードなど)
    3. カメラを設置します。
      設置後、フォーカス、画角調整を行います。
      ※調整には、PCまたはビデオモニターが必要となります。
    4. 通信を確認します。
      • PCのWebブラウザを用いまして、カメラと通信できることを確認します。
        PCをレコーダーの代わりにネットワークに接続してください。
    5. NSR初期設定もしくはRealShot Manager Advanced/Liteのインストールを行います。
    6. NSRもしくはRealShot Manager Advanced/Liteの設定作業を行います。
      以下の項目があります。
      • カメラの登録
      • 記録/モニタリングのコーデック、画像サイズ、ビットレート、フレームレートの設定
      • ストレージの上書き/削除設定、ストレージの記録割り当て設定
      • スケジュール記録/アラーム記録、アクションの設定
      • モニタリング用レイアウトの設定
    7. RealShot Manager Advancedクライアントの設置/設定を行います。
      • モニタリング用レイアウトの設定を行います。

    設定手順の詳細につきましては、各々のユーザーガイド、設置説明書をご覧ください。