文書番号 : S1304190049282 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] WiMAXで接続できない場合の確認事項

対象製品カテゴリー・製品

Q

[Windows 8]
WiMAXで接続できない場合の確認事項


  • WiMAXで接続できません。設定方法を教えてください。
  • 修理から返却後、WiMAXで接続できません。問題を確認する方法を教えてください。

A

回線契約やアプリ・ドライバーの状態など、STEPの順番にご確認ください


対象製品

Windows 8.1
Windows 8

  • WiMAX搭載モデルのみ対象です。

説明

WiMAXは、広い範囲で利用できる高速の無線通信です。
WiMAXの詳細については、下記のWebページをご参照ください。

高速モバイルインターネットWiMAXとは?:
https://www.sony.jp/vaio/solution/wimax/

内容

対処方法

回線契約をしているか確認します

WiMAXサービスを使用するには事業者と回線契約が必要です。
未契約の場合はオンラインマニュアルに記載されている手順に沿ってお申し込みを行ってください。

ご注意

オンラインで回線契約をするには、WiMAXエリア内から接続する必要があります。
有線LANケーブルを接続している場合は、はずしてください。
有線LANケーブルを接続していると下記のメッセージが表示され[WiMAX統合ポータル スタートページ]画面が表示されません。

メッセージ内容:
「コンピューターで WiMAX のアクティベーションを正常に完了するのを妨げる可能性のある別のアクティブなネットワーク接続 (たとえばイーサネット) が現在存在しています。
以下で[はい]をクリックする前にこれらのネットワーク接続を切断してください。」

メッセージ画面

参考

契約しているプロバイダーにより、接続時にグローバルIPアドレスが割り当てられる場合と、プライベートIPアドレスが割り当てられる場合があります。
IPアドレスの種類によっては、一部の機能やアプリが使用できない、または設定変更が必要な可能性があります。
一部の機能やアプリのみで接続できない場合は、プロバイダーへのIPアドレスの確認や、設定変更を行ってください。

目次に戻る

ワイヤレススイッチが「ON」になっているかを確認します(Windows 8へアップグレードしたモデルのみ)

ワイヤレススイッチが搭載されているモデルの場合は、ワイヤレススイッチが「ON」になっていて、ワイヤレスランプが緑色に点灯しているかをご確認ください。
ワイヤレススイッチ、およびワイヤレスランプの位置については、付属の取扱説明書やオンラインマニュアルをご参照ください。

ワイヤレススイッチの位置

  • 上記の画像は一例です。

目次に戻る

WiMAXの機能が[オン]になっているかを確認します
Windows 8.1の場合

操作手順

  1. 画面の右上隅にマウスポインターを合わせて(タッチパネルの場合は画面の右端からスワイプして)、表示されたチャームから[検索]を選択します。

  2. [検索]チャームが表示されるので、検索ボックスに「機内モード」と入力します。

  3. 検索結果の一覧から[機内モード]を選択します。

  4. [機内モード]画面が表示されるので、[Intel WiMAX]が[オン]になっているかを確認します。

目次に戻る

Windows 8の場合

操作手順

  1. 画面の右上隅にマウスポインターを合わせて(タッチパネルの場合は画面の右端からスワイプして)、表示されたチャームから[設定]を選択します。

  2. [設定]チャームが表示されるので、[PC 設定の変更]を選択します。

  3. [PC 設定]画面が表示されるので、画面の左側の[ワイヤレス]を選択し、[Intel WiMAX]が[オン]になっているかを確認します。

目次に戻る

アプリ、およびWiMAXドライバーの状態を確認します

アプリ、およびWiMAXドライバーが正常に動作していない可能性があります。
下記を参照し、アプリ、およびWiMAXドライバーをご確認ください。

アプリがインストールされているかを確認する方法

操作手順

  1. [プログラムと機能]画面を表示します。

  2. [プログラムと機能]画面が表示されるので、[インテル(R) PROSet/Wireless WiMAX ソフトウェア]が表示されているかを確認します。

    [プログラムと機能]画面

続いて、WiMAXドライバーが正常に動作しているかをご確認ください。

目次に戻る

WiMAXドライバーが正常に動作しているかを確認する方法

操作手順

  1. [デバイス マネージャー]画面を表示します。

  2. [デバイス マネージャー]画面が表示されるので、[Intel(R) Centrino(R) WiMAX アダプター]を選択し、[Intel(R) Centrino(R) WiMAX 6150 機能ドライバー]が表示されているかを確認します。

    [デバイス マネージャー]画面

  3. [ネットワーク アダプター]を選択し、[Intel(R) Centrino(R) WiMAX 6150]が表示されているかを確認します。

    [デバイス マネージャー]画面

目次に戻る

以下に該当する場合は、WiMAXドライバーの再インストールを行います。

  • アプリがインストールされていない場合
  • WiMAXドライバーが表示されていない場合
  • ドライバーが正しく表示されず、エクスクラメーションマーク(!)が表示されている場合

WiMAXドライバーの再インストール後は、Windowsを再起動してから現象が改善するかをご確認ください。

  • WiMAXドライバーを再インストールすることにより、アプリも再インストールされます。

▼関連Q&A:
[SVD1321*,SVD112**,SVS13***] Wi-Fiドライバー、およびWiMAXドライバーを再インストールする方法

目次に戻る

「WiMAX接続ユーティリティー」上で表示されるメッセージを確認します

操作手順

  1. 通知領域にある「WiMAX接続ユーティリティー」のアイコンをダブルクリック(タッチパネルの場合はダブルタップ)します。

    参考

    通知領域に[WiMAX 接続ユーティリティー]アイコンが表示されていない場合は、アプリ一覧から「WiMAX接続ユーティリティー」を起動してください。

  2. [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面が表示されるので、[WiMAX:]の[オフ]にチェックがついている場合は、[オン]にチェックをつけます。

    [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面

  3. 表示されたメッセージを確認します。

    [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面

    • 上記の画像は一例です。

    表示されたメッセージにより対処方法が異なります。
    下記からメッセージを選択し、対処方法をご確認ください。

「接続に使用できるWiMAXネットワークはありません。」と表示された場合

「接続に使用できるWiMAXネットワークはありません。」というメッセージが表示されてネットワークが見つからない場合は、下記のWebページで、WiMAXサービスの圏内かをご確認ください。

UQ WiMAX サービスエリア:
http://www.uqwimax.jp/service/area/

圏外の場合は圏内に移動してください。
圏内の場合は、[ネットワークの検索]ボタンを選択して、再度ネットワークを検索してください。

現象が改善しない場合は、STEP6に進みます。

目次に戻る

「UQ WiMAXは接続可能です。」と表示された場合

「UQ WiMAXは接続可能です。」というメッセージが表示された場合は、[接続]ボタンを選択します。
「Internet Explorer」を起動し、Webページが正常に表示できるかをご確認ください。
[WiMAXサービスにお申し込みいただきありがとうございます。]画面、または[WiMAX統合ポータル スタートページ]画面が表示された場合は、表示された画面の操作に沿ってご確認ください。

[UQ WiMAXは接続可能です。]画面


[WiMAXサービスにお申し込みいただきありがとうございます。]画面が表示された場合

サービス事業者に契約済みで、リカバリー直後や「WiMAX 接続ユーティリティー」の単体インストール後にハードディスク内に接続情報がない場合、データを書き込むことを知らせる下記の画面が表示されます。

[WiMAXサービスにお申し込みいただきありがとうございます。]画面

ハードディスクへ必要な情報の書き込みが完了すると、自動的にお客様が契約済みのサービス事業者のネットワークへ再接続します。
自動的に接続しない場合は、[インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面の[接続]ボタンを選択し、Webページが表示されるかをご確認ください。

ご注意

情報の書き込み途中で圏外になったり、スリープ、休止状態(ハイバネーション)、再起動、またはシャットダウンすると、正しく情報が書き込まれません。
何らかの理由により正しく情報が書き込まれなかった場合は、再び書き込みが行われます。
WiMAX圏内で電波状態が安定している状態でも再接続ができない場合は、サービス事業者へお問い合わせください。

現象が改善しない場合は、STEP6に進みます。

目次に戻る

[WiMAX統合ポータル スタートページ]画面が表示された場合

サービス事業者と契約をしていない場合は、「WiMAXポータルサイト」に表示されたサービス事業者から1つを選択して契約してください。
契約が完了すると、接続が可能になります。

  • 契約内容の詳細については、各サービス事業者の内容をご確認の上、契約してください。

[WiMAX統合ポータル スタートページ]画面

ご注意

サービス事業者と契約済みの状態で[WiMAX統合ポータル スタートページ]画面が表示される場合は、ワイヤレスモジュールの交換修理を行っていないかをご確認ください。
契約しているサービス事業者には修理前のワイヤレスモジュールのMACアドレスが登録されているため、修理後の新しいワイヤレスモジュールのMACアドレスからは通信できません。
修理後の新しいMACアドレスを追加し、以前のMACアドレスを削除する必要があります。
以前のMACアドレスの削除、および新しいMACアドレスの追加については、各サービス事業者にお問い合わせください。

目次に戻る

「ファイアウォールの設定を見直してください。」と表示された場合

「ファイアウォールの設定を見直してください。」というメッセージが表示された場合は、Windowsファイアウォールの設定を確認します。
操作手順については、下記をご参照ください。

操作手順

  1. [コントロール パネル]画面を表示します。

  2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]を選択します。

    [コントロール パネル]画面

  3. [システムとセキュリティ]画面が表示されるので、[Windows ファイアウォール]を選択します。

    [システムとセキュリティ]画面

  4. [Windows ファイアウォール]画面が表示されるので、画面左側の[Windows ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可]を選択します。

    [Windows ファイアウォール]画面

  5. [許可されたアプリ]画面が表示されるので、画面右上の[設定の変更]ボタンを選択します。

    [許可されたアプリ]画面

  6. [Intel(R) PROSet/Wireless WiMAX]で始まる2つの項目の、[プライベート]、および[パブリック]それぞれにチェックがついているかを確認します。

    • チェックがついていない場合:
      チェックをつけて、[OK]ボタンを選択します。

    • チェックがついている場合:
      いったんチェックをはずし、再度チェックをつけて[OK]ボタンを選択します。

    [許可されたアプリ]画面

上記の操作を行っても現象が改善しない場合は、インストールされているセキュリティーアプリでファイアウォールが設定されている可能性があります。
セキュリティーアプリのファイアウォールの設定を確認する方法については、セキュリティーアプリのメーカ―へご確認ください。

目次に戻る

WiMAXアダプターのリセットを行います

操作手順

  1. [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面の[オプション]を選択し、表示されたメニューから[詳細設定]を選択します。

    [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面

  2. [詳細設定]画面が表示されるので、[アダプター]タブにある、[WiMAX アダプターのリセット]ボタンを選択します。

    [詳細設定]画面

  3. 「WiMAXアダプターは正常にリセットされました。」というメッセージが表示されるので[OK]ボタンを選択します。

    メッセージ画面

  4. [閉じる]ボタンを選択して、[詳細設定]画面を閉じます。

  5. Windowsを再起動します。

  6. 通知領域にある「WiMAX接続ユーティリティー」のアイコンをダブルクリック(タッチパネルの場合はダブルタップ)します。

    参考

    通知領域に[WiMAX 接続ユーティリティー]アイコンが表示されていない場合は、アプリ一覧から「WiMAX接続ユーティリティー」を起動してください。

  7. [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面が表示されるので、[WiMAX:]の[オン]にチェックをつけます。

    [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面

上記の操作後、ネットワークが見つからない場合は電波が微弱、またはぎりぎり圏内に入っている可能性があります。
窓際や室外など、ほかの場所に移動して再度お試しください。
場所を移動しても現象が改善しない場合は、次のSTEPに進みます。

目次に戻る

WiMAXのネットワークに障害が発生していないかを確認します

下記のWebページで、WiMAXのネットワークに障害が発生していないかをご確認ください。
障害が発生している場合は日を改めてお試しください。

WiMAXサービスの障害発生状況に関するお知らせ:
http://www.uqwimax.jp/service/information/maintenance/

目次に戻る

「WiMAX 接続ユーティリティー」を再インストールします

下記の関連Q&Aを参照し、WiMAXドライバーの再インストールを行ってください。
WiMAXドライバーを再インストールすることにより、「WiMAX 接続ユーティリティー」が再インストールされます。

▼関連Q&A:
[SVD1321*,SVD112**,SVS13***] Wi-Fiドライバー、およびWiMAXドライバーを再インストールする方法

再インストール後は、Windowsを再起動してから現象が改善するかをご確認ください。
現象が改善しない場合、またはSTEP4ですでにWiMAXドライバーの再インストールを行っている場合は、次のSTEPに進みます。

目次に戻る

リカバリー(再セットアップ・初期化)を行います

リカバリー(再セットアップ・初期化)を行い、現象が改善するかをご確認ください。

リカバリーを行っても改善しない場合は、VAIOのハードウェアに問題が発生している可能性があります。
VAIOカスタマーリンク修理窓口までお問い合わせください。

目次に戻る

参考情報

  • 通知領域に「WiMAX 接続ユーティリティー」が表示されていない場合は、下記の手順で表示させることができます。

    操作手順

    1. 「WiMAX 接続ユーティリティー」を起動します。

    2. [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面が表示されるので、[オプション]を選択し、表示されたメニューから[設定]を選択します。

      [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面

    3. [設定]画面が表示されるので、[タスクバー]タブを選択し、[タスクバーにアプリケーション・アイコンを表示する]にチェックをつけます。

      [設定]画面

    4. [保存]ボタンを選択します。

  • Wi-Fi(無線LAN)とWiMAXを同時に使用することはできません。
    「WiMAX接続ユーティリティー」でWiMAXをオンにした際に下記のメッセージが表示され、[はい]ボタンを選択するとWi-Fi接続が切断されます。

    メッセージ内容:
    「WiFi と WiMAX を同時に操作することはできません。WiMAX をオンにすると、WiFi が切断されオフになります。
    このアプリケーションの [WiFi] メニューからいつでも、WiFiを再度オンにできます。」

    [WiFi と WiMAX を同時に操作することはできません]画面

  • [インテル PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー]画面の[WiMAX:]の[オン]、または[オフ]にチェックをつけると、[PC 設定]画面の[Intel WiMAX]も連動して[オン]、または[オフ]になります。

目次に戻る